散歩道の植物 2.     (日本から)



a0208116_1159793.jpg




散歩道にある公園の片隅で、
フェンスに絡まっているアケビに出会いました。

大好きなアケビに思いがけない所で出会えて、
ちょっぴりうれしい一日になりました。

葉っぱに隠れて可愛い花をたくさんつけています。



アケビの自生地は、日本を含め中国や韓国など東アジアの国ですが、
イギリスでは食用としてではなく、園芸植物として栽培されています。
と言っても、マイナーな植物ではありますけれどね。

でも、ここ十年ほどはガーデニング好きの人たちの間では、
密かに人気の高まっている植物なんですよ。
葉っぱがきれいなことや、花にチョコレートの香りがあることが
その理由だろうと思いますが、
耐寒性や病害虫に強いことも理由のうちに入るかもしれません。
でもね、ぐんぐん伸びて10mを越して、
手に負えなくなっている人がいることも事実です。
確か、ニュージーランドでは侵略植物に指定されていたような。。。


a0208116_1212944.jpg




不思議なのは、
五つ葉のアケビは日本ではこんな少しピンクっぽい淡い色の花なのに、
イギリスでは濃い赤紫色の花が咲くこと。
三つ葉アケビではなく、五つ葉なのに、あれはどういうことなのでしょうね。
アケビはよく交雑するらしいので、
交雑したものがイギリスに渡ったと言うことなのでしょうか。

チョコレートの香りのするチョコレート色のアケビも、
渋い感じでまたいいものです。

来年の春には、その写真を貼ることにしましょう。





学名: Akebia quinata
英名: Chocolate vine
和名: アケビ(木通、通草)


[PR]

by lapisland2 | 2013-05-05 12:10 | Trackback | Comments(0)