初夏の日差しに映えるオリエンタルポピ-



今日は久しぶりの雨になるはずが、パラパラと来ただけで終わってしまいました。
イギリスにしては珍しく安定したいいお天気が続いていましたので、
ブログの更新をしない間に、庭の花もどんどん咲き進んでしまいました。

すでに朱赤のオリエンタルポピーは芥子坊主になってしまいましたが、
まだチラホラと咲き続けているポピーもあります。

数年前の厳冬に半分枯れこんでしまっていた大きなシュラブを切ってもらったので、
今までひっそりと陰で咲いていたポピーたちが復活し始めています。

そして、すっかり消えてしまったと思っていた大好きだったポピーも
ひょっこり顔を出してくれました。




a0208116_18071303.jpg




これはかなり前にどこかの庭園で咲き乱れていたのがとても印象的で、
Plant Finderでナーサリーを探して苗を手に入れたものです。
毎年たくさん花を付けてくれていたのですが、
うしろのシュラブが大きくなり、他の背の高い宿根草が覆いかぶさって、
ここ2年ほどは葉っぱだけになっていたのですが・・・
お日様が当たるようになると、再び花を咲かせてくれました。

花びらのギザギザがなんとも言えず陽気で可愛いポピーです。
Papaver orientale 'Forncett Summer'



a0208116_18074967.jpg

(すぐ上の画像は今年のものではなく、たくさん咲いていた頃のものです。)






a0208116_18094838.jpg



ポピーは何種類も植えた覚えがありますので、そのうちのどれかだと思いますが、
きれいなパステルピンクのオリエンタルポピーもそのひとつです。
たぶんこれは、Papaver orientale 'Helen Elizabeth'。

どこかに白いポピー、'Royal Wedding'があるはずなのですが、・・・
今年は顔を見せてくれないようです。
このポピーはうちの庭とは相性がよくないのか、植えては消え植えては消えを
繰り返して3回目でやっと定着した経緯があります。






オリエンタルポピーを見事に咲かせるには、
やはり日当たりのよい広い庭が必要で、
狭くて日当たりの悪い拙庭ではちょっと無理がありますねぇ。


[PR]

by lapisland2 | 2014-06-27 18:21 | Perennial | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/19942179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by するめ at 2014-06-29 22:31 x
強烈な印象の赤のオニゲシもあればこんな優しい色のものもあるのですね。
やはり花後は「頭を丸めたケシボウズ」になるのかしら?
Lapisさんが愛してやまないオリエンタルポピー
写真と文から伝わってきますね~。
Commented by lapis at 2014-06-30 17:50 x
するめさん、ピンクはむずかしい色ですが、たまにはいいでしょう。
ギザギザ花びらのポピー、オニゲシの仲間でそれなりに大きさもあるのに
とても軽やかな感じなんですよ♪
ケシ坊主もそれほど大きくはないです。

ポピーはコテージの名前なので、いつも何かが咲いているようにと思っていますが、
本当は1・2年草のポピーの方が好きなんですよ。
以前はこまめに種まきをしていましたが、ここ数年はいつも時期をはずしてしまって・・・
でも、畑の隅っこには麦畑につきものの赤いコーンポピーや、
日本では禁止のオピウムポピーを植えていますよ。ムフフ。
こちらでは道端にでも咲いています
名前
URL
画像認証
削除用パスワード