5月の水仙   Poet's Narcissus







a0208116_03194252.jpg



イギリスで一番最後に咲く水仙、'Pheasant's Eye' が、庭の日陰でひっそりと咲いています。
えっ、今頃?と思われるでしょうが、
例年だと5月に入ってからも寒い日が続きますので、
この花が咲き始めると、春も終わりに近づいて、少しずつ初夏の気配を感じる頃になります。
今年は例外的に暖かい春ですが、この水仙だけは例年通りのスケジュールで咲いているようです。

オールドファッションな水仙ですが、
遅い花を待つ甲斐が十分にあるほどすてきな香りを漂わせます。
派手な花ではありませんが、とても好きな水仙の一つです。
かの有名なギリシャ神話のナルシッサスは、
この花ではないかと言われるくらいに古い歴史を持つ水仙です。




学名: Narcissus poeticus var. recurvus                       AGM
英名: (Old) pheasant's eye







a0208116_03204328.jpg


遅咲きの水仙は他にもあって、人気のある品種はこの 'Actaea' ですが、
'Pheasant's Eye' がなかなか増えてくれないのに対して、
この品種は割りと早く大株になるのがその理由かもしれません。
背丈が45cmもあるので、風の強い拙庭にはちょっと向かない水仙ですが、
随分昔に植えたのがまだ残っています。
これもオールドファッションな水仙になります。



a0208116_03212555.jpg



学名: Narcissus 'Actaea' / Narcissus poeticus 'Actaea'    AGM
英名: Daffodil 'Actaea'
 



'Pheasant's Eye' や 'Actaea' は、RHSの水仙の分類(13に分類されています)の中では、
Poeticus  という部類に入ります。
いずれも、とてもいい香りがする水仙です。


[PR]

by lapisland2 | 2014-05-20 03:28 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/19813736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード