人気ブログランキング |

夏の終わりのタイガーリリー




9月に入ってからの思いがけない真夏日もあっけなく過ぎ去り、
初秋の雰囲気が濃くなって来ました。
好天気に恵まれた夏のおかげで、野生のベリー類がたくさんあるせいか、
まだ庭にやってくる鳥の数は少ないですが、
それでも確かに鳥たちは再び姿を見せ始めています。
テリトリーを確保するために、鳥たちが声を張り上げて
賑やかにさえずりを始めるのももうすぐのことでしょう。





a0208116_2165127.jpg



庭では、8月下旬から最後のユリ、タイガーリリーが咲いています。



a0208116_2174111.jpg



このユリがすべて散ってしまうと
庭もすっかり秋めいて、アスターの季節に変わります。





by lapisland2 | 2013-09-08 02:22 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/18525500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2013-09-08 10:45 x
June Tabor "Waiting for the Lark"を聴きながら、lapisさんのことおもいながら、タイガーリリーの色に見入っています。
半袖の腕がすうすうして、熱いのみものがおいしい朝です。
相変わらず入ってくるニュースはとんでもないことだらけですが。しっかりアンテナ磨いて「知る」ことを諦めたらあかんな、と思いつつ。

あ、昨日読了の小川洋子さんの短いエッセイ集『妄想気分』にあった子ども時代の小川さんに共感→『つまり私にとっては、読むことと書くことの境があいまいなのだった。面白い本に出会うと、ああ、自分もこういうのが書きたいと思い、お話を書く真似事をしているうちに、また新しい本を開きたくなる。』
Commented by lapis at 2013-09-10 02:37 x
そちらも朝晩は少しだけ「小さい秋」の気配でしょうか。

本当に、目に入り、耳に聞こえるニュースは心苛立つことばかりですよね。
殆ど諦めの境地に入っていますが、いやいや、いつまでも怒り続けなければ!
流されてしまわないようにしなければ!と、自分を諌めることの多い日々です。

『妄想気分』は読んでいないのですが・・・、
いつもの書く事に対する真摯な情熱や、日常生活の中に潜むものを捉える彼女独特の雰囲気のエッセーを想像しています。

bakuさんの引用された部分だけに関してなら、
私の場合子供時代と言うのは、読むことは日常生活の一部みたいなものでしたが、
それが書く事に繋がると言うことはなかったですね。
(心の中ではいつも空想の世界に住み、物語を紡いでいたのではありますけれど・・・)
どちらかと言えば、小さい頃は物語の世界と現実の世界の境目がなく、
現実の世界に妄想の世界を持ち込んで、
ドンキホーテみたいに後先構わず突き進んで行ってはこけていました。
Commented by するめ at 2013-09-10 16:59 x
毎日毎日少しづつ秋を感じる気配です。
待ってました!タイガーリリー様。やっぱり元気ですね。葉っぱも沢山の花にううっ~て唸ってしまいます。ひとつき前に我が家ではたった一輪だけ咲いていた黄かのこゆりがもしかしてタイガーリリーだったのかしら?それにしても随分と様子がちがいますね。来年はもう少し立派な株に育ってくれますようにお手入れしなくてはと思うのですが上手くいくのかしら?
Commented by lapisland2 at 2013-09-12 07:21
するめさん、こんばんは。
タイガーリリーは地植えのと鉢植えのがあるのですが、
日本から戻って来ると鉢植えのはもう少し日当たりのよい場所に移してありました。
そのせいか、今年は花の色が濃い目なのと少し花が大きいような気がします。

うちはリリービートルの被害が大きいので、ここ2~3年は殆どすべてのユリを鉢植えにしています。
リリービートルは土の中に潜って冬を越すらしいので、秋にすべて新しい土に植え替えていますが、それがいいのかもしれません。
地植えの方は、数年毎に植え替えをしないとだんだん小さくなってしまうようです。
Commented by するめ at 2013-09-14 15:35 x
こんにちは。エアコンのお世話になっています。蒸し暑く夏の疲れがまだ溜まっている身にはこたえます。
ユリはやはり鉢で管理した方がよいのですね。ついつい水やりや植え替えが面倒だからと地植えにしたくなるのですよね~。
今年は掘り起こして鉢に植え替えたり、新しい球根は鉢植えにします。リリービートルってあまりこちらでは聞かない虫(甲虫?)なのでこれから検索してみます。
「みどりのゆび」にミナロバータを貼りました。すご~く可愛い花ですね。色もとってもかわいいです。
Commented by lapis at 2013-09-15 02:36 x
するめさん、こんばんは。
こちらは日曜日は秋の嵐になりそうで、60マイルの強風が吹くとか!
今日は日中も11度しか気温が上がらず、夜は6~7度に下がりそうで、ヒーターをつけています。
そちらはエアコンで、こちらはヒーター!!!

ちょっと勘違いされてしまったようですが、
ユリも本当は地植えの方が数年植え替えしなくてもいいので面倒がないのですが、
うちの場合はリリービートルの被害が大き過ぎるので
鉢に囲って毎年土を入れ替えた方が少しはましかなということです。

日本にはまだリリービートルが持ち込まれていないことを祈るのみです。
すばらしい原種のユリの宝庫なのに、被害が広がると大変なことになると思います。

ミナロバータの成功、よかったですね!♪
咲き始める時期が遅いからどうなるのかしらと思いますよね。
写真拝見して来ましたが、とても可愛いです♪
私もまたいつか挑戦したいなと思っています。


Commented by するめ at 2013-09-15 16:46 x
今日は台風のせいで朝からず~っと雨です。
リリービートルを検索したらなんと’07、’09の7月のみどりのゆびがそのあとにチルターンがでできました。
Lapisさんはず~っとこの虫と戦っていらっしゃるのだという事がわかりました。暇だったので書き込みも読みました。
とても興味深く楽しかったです。
7年も続けていらっしゃるLapisさんに感動しました。
Commented by lapis at 2013-09-18 03:16 x
するめさん、こんばんは♪
台風、ひどかったんですねぇ!
こちらは南部は思ったほどひどくならずに済みました。
でも、今週いっぱいは風がきつくて、気温が平年より5~6℃は低い日が続きそうです。
外出してもみんな冬の格好をしていますよ。寒くて、カイロ作ってポケットに入れてます。

リリービートル、まだ日本には未上陸なのでしょうね。
英語の検索だとワンサカ出てきますよ!
アメリカやカナダでも広がっているようですので、元々はどこから来たのか調べてみたいと思います。
いつも余りにひどい状態になるので写真を撮るのもいやなのですが、来年は写真を撮って貼りますね。
特に葉っぱの細い品種がやられ易いみたいです。
不思議なことに、タイガーリリーは殆ど被害がないんですよ。原種の持つ強さかしら?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード