夏の日に輝く銀色のエリンジウム



a0208116_828075.jpg



エリンジウムの中でも、毎年欠かせないのがEryngium giganteum 。
なぜか、私は妙にこのエリンジウムに心惹かれてしまいます。


a0208116_8284175.jpg



定植した1年目は、ただのグリーンの葉っぱですが、
2年目になると、これが大変身をします。
夏が近づくに連れて、このトゲトゲのシルバーグリーンの花が
銀色の輝きを増して来るのは、まるでマジックを見ているようです。

夏の月の明るい夜に、この花が庭に白く浮かび上がっているのは、
とても印象的で、Ghostという名もなるほどと思います。


a0208116_830755.jpg



コーカサス地方からイランに掛けてが原産のこのエリンジウムは、
イギリスでは'Miss Wilmott's Ghost'と呼ばれることが多いのですが、
この名は19世紀の園芸家Ellen Wilmottに由来しています。
彼女は、他の人たちの庭にひそかにこの種を蒔き散らして、
思いがけない花が咲いて驚いている人たちの顔を見て楽しむという
茶目っ気のある人だったようですね。

このエリンジウムは広い庭だと、
こぼれダネが芽吹いて増えるようですが、
狭いうちの庭ではちょっと無理なので、
毎年種を蒔いて翌年の準備をすることになります。

エリンジウムの種蒔きは、どの品種も少々難しいのですが、
Eryngium giganteum の場合は、
冷蔵庫に入れたり出したりを繰り返すこともあり、かなり手間が掛かります。
でも、苗が売られていることが少ないので、
厄介でも自分で種蒔きをすることになります。

何回かに分けて少しずつ蒔いておけば、
ラッキーならばいくつかは成功して発芽するでしょう。
天候と気温任せで、あとは神さまにお願いするのみです。
(種蒔きの時期は2月~7月)

運よく神頼みが通じて発芽したら、
少し大きくなってから7.5cmのポットに植え替えて、
コールドフレームの中で冬越しをさせ、翌春に定植をします。




学名: Eryngium giganteum  AGM
英名: Miss Willmott's Ghost、Giant Sea Holly




[追記]

「花」と書きましたが、
真ん中の部分が花(散形花序)で、
周りのシルバーのトゲトゲの部分は「苞葉」です。 



 
[PR]

by lapisland2 | 2012-07-31 08:34 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/15880667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆん at 2012-08-02 19:07 x
とても綺麗ですね、初めて知りました。爽やかなグリーンからシルバーへ変わって行く過程も楽しめて素敵でしょうね。Miss Wilmott's Ghostと呼ばれる逸話も楽しいですね。
Commented by lapisland at 2012-08-03 23:38
Yunさん、
流行のプランツではないせいか、ガーデンセンターに苗が出回らないのが残念です。
これも、本来は日当たりのいい場所を好むのですが、なんとか維持しています。
種蒔きも、本当に運任せです。 (-_-;)

夏の終わりごろに枯れて行く姿もなかなかいいですので、
またそのころに写真を貼りますね。
Commented by Yun at 2012-08-05 17:23 x
lapisさん、ネットで探して見たところRHSのオンラインショップで苗を見つけました。送料がかかるので考えたのですが、他にも少し合わせて買うことにして購入しました。取り敢えずうちでは一番日当たりの良いパティオに鉢植えにしてみようと思います。

種もあったのですが、lapisさんのお話を見ていると手がかかるようなので、とりあえず苗から育てて見ます。届いたらまたご報告いたしますね。
Commented by lapis at 2012-08-06 17:57 x
Yunさん、
苗が見つかって、ラッキーでしたね♪
RHSのオンラインショップは、品質もいいし送料が安いのでお勧めですよ。
種からは時間が掛かるので、苗が見つかれば言うことなしです。
耐寒性はとても強いので、冬越しも大丈夫だと思います。

水はけのいい土に植えた方がいいので、ガーデンセンターで
Horticultural Gritという小袋を買い置きしておくと、いろんなものに使えますよ。
植え付ける時に、普通のコンポストに混ぜて苗を植えて、
植え終わったら表面にも敷いておくと、冬の間の雨から根腐れになるのを防いでくれます。
Commented by Yun at 2012-08-07 01:43 x
お陰様で苗を見つけられて嬉しかったです。

土はRHSのオンラインショップのページにも、水はけの良い土、とあったので気をつけます。

Horticultural Grit ですね。これは日本で良く聞くバーミキュライトとかと同じ物なのでしょうか? オリンピックもまだ一週間残していますし、またお時間のある時に教えて頂ければと思います。
Commented by lapisland2 at 2012-08-09 03:06
Yunさん、
バーミキュライトは通気性をよくしますが、水持ちもよくなるので向かないと思います。
バーミキュライトは、種蒔きや挿し木をする時に良く使われますが、
鉱物を焼いて作ったもので、アスベストが混じることがあるというので、
以前かなり問題になりました。
私は喘息やアレルギーがあるので、殆ど使用せず、
種蒔きでどうしても使う時は必ずマスクと手袋をすることにしています。

もう1つは、鉢植えに使った土を再生する時に、グリットだと篩いにかけて取り除けば、
土を庭の片隅にまいたり、コンポストボックスに混ぜることも出来ますが、
バーミキュライトを使った土はできませんよね。
そういうことで、健康にもエコロジー的にもあまりいいものではないだろうと思います。
Commented by Yun at 2012-08-10 16:47 x
ありがとうございます。教えて頂かなければわからずにバーミキュライトを使ってしまう所でした。

苗が届いたので、早めに近所の園芸センターへ行ってグリットを買ってこようと思います。
Commented by http://www at 2014-09-21 03:59 x
梅まつり・梅の名所2014とは
名前
URL
画像認証
削除用パスワード