雨上がりに咲くブラック・ビューティー



雨上がりの庭の奥の木陰で、なにやら怪しげな気配が・・・。
そして、このなんとも言えぬ芳しい香りは・・・。





悪天候にもかかわらず、ドラゴン・アラムが花開きました。



a0208116_1863876.jpg




花はこの世のものとは思えないほど奇怪でありながら、
妖艶な美しさがあり、雨の多い今年は特に艶々と怪しい姿を見せています。

ワインレッドのビロードのマントから、
真っ黒な長い舌が突き出ているさまは、なんともいやはや。。。
これは、いったい神の造形物なのでしょうか、
それとも悪魔の仕業でしょうか。


花が開くと、花粉の交配に必要なハエを呼び寄せるために
腐った肉のような悪臭を放ちます。
私は嗅覚が鋭い方ですが、悪臭はほんの一日ほどのことなので、
我慢できないほどでもありません。
庭の奥に植わっていることもあって、
気が付かないうちにいつの間にか花が終わってしまっていることもあります。

花期が短いので、小旅行から帰って来ると、
すでに朽ち果ててしまっていました。



切れ込みの深い波打つ葉はマーブル模様が入り、
茎にもまだら模様が入りますが、
花が終わる頃にはデレンとなって枯れてしまいます。
葉っぱ好きの私には、この奇妙な葉っぱもなかなか魅力的です。

秋には実が朱色に熟します。
根に毒がありますが、処理を施して毒性を抜いたスターチ(Arum Arrowroot)は、
飢饉の時などに小麦粉の代わりに食用にしたようです。
日本のヒガンバナの話と似ていますね。

ギリシャ、クレタ島から地中海東部、
バルカンからトルコ南西部に掛けてが自生地のようですが、
エキゾチックな見かけによらず、
ここイギリスでも南部では十分に冬越しをします。
自生地では春に花を咲かせるようですが、
イギリスでは普通6月から7月上旬頃に開花します。
自生地ではかなり巨大なプランツのようですが、
ここではそんなに驚くようなサイズにはならないようです。





学名: Dracunculus vulgaris
英名: Voodoo Lily、Dragon Lily、Dragon Arum、
    Dragonwort、 Stink Lily、Black Arum、
    Black Dragon などなど


[追記]

1.「花」と書きましたが、詳しく言うと仏炎苞と肉穂花序です。

2.下のサイトに詳しい植物図が載っていますので、参考に。
(サイトのイラストはコピーライトで保護されているために、拝借できませんので、
リンクを張っておきます。)



[PR]

by lapisland2 | 2012-07-18 18:13 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/15790822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yun at 2012-07-19 00:52 x
こんにちは。ご無沙汰しておりました。旅行から帰って来たら、行く前は咲く様子など全く無かったバタフライブッシュが一気に咲いていました。またなんでこんな目立たない所に?と言う先人の植えたヘメロカリスも咲き始めました。

その他、ジャパニーズ・アネモネも随分とつぼみをつけてきました。後は、名前がわからない青い花が咲いているので、今一生懸命名前を調べている所です。多分雑草では無いと思います(笑)

でも、こんなに雨ばかりだと咲いているお花(lapisさんの場合は葉っぱ?)を楽しむこともなかなか出来ませんね。

それにしても、このドラゴン・アリム、初めて知りましたが何とも言えない容姿と共に、ハエを寄せるために悪臭を放つというのも凄いですね。
Commented by lapis at 2012-07-19 17:23 x
Yunさん、
ブデリア(バタフライブッシュ)は、蝶をたくさん呼んでくれるので
とってもいいプランツですよ。
でも、放っておくと大きくなり過ぎるので、毎年3月末ごろに
根元からバッサリ剪定しておくと大きさも調整できるし、花付きもよくなります。
うちもやっとヘメロカリスが咲き始めたところです。

ドラゴン・アラムは先住人の誰かが植えたものだと思います。
マムシ草の仲間なども嫌いではありませんが、
これはちょっと自分で植えたいとは思わないですよねぇ。。。
Commented by baku at 2012-07-20 13:27 x
いやあ、なんべん見てもすごい(こわい)ですね。タグが#有毒植物になってるの見て、ひゃあ〜と思いつつこわいものみたさに(苦笑)お仲間記事も拝見したところです。でもこのドラゴン・アラムがナンバー・ワンですね〜

最近 lapisさんのおかげで 街歩きしてるときも、公園の樹木や花に立ち止まり注目〜
Commented by lapisland2 at 2012-07-20 19:06
bakuさん、
自生地では1m以上にもなるようですが、花の時期にギリシャとかクレタとかに行ったことがないので、自生地でのすごさは知らないんですよ。岩場のすごい所に生えているみたいですよね。
(リンク張ったサイトの写真はすごいでしょう!)
うちでは、寒い地域だからせいぜいマント+長い舌で40cm~50m位です。

「有毒植物」というタグは、今回初めて付けたので、まだ付けていない植物が殆どなので、ぼちぼちと。
普通に周りにある植物で有毒なものはいっぱいあるんですよ。たとえば、アイビーだってそうです。
昔日本にいた頃に、有毒植物に凝っていた時期があって、
いろいろ文献で調べたりしていたのですが、実に面白いでしたよ。
文学と有毒植物の繋がりなんて、すごくたくさんありますよ。
みんなが知らずに口にしているハーブの中にも毒性の強いものもありますしね。
(続く)
Commented by lapisland2 at 2012-07-20 19:08
(続き)
私も同居人もひどいアレルギーなので、そういう植物を育てるのはできませんけれど、それでも、庭にはけっこうありますよ。
日本では禁止されている種類のポピーもこちらではOKですし、
トリカブトも普通に庭に植えられているし、花屋さんでも買えます。
しかも、殆どの人が、毒があることを知らないから実に恐ろしいです。

bakuさんの、新しい書き込みにもコメントを、と思いながら、まだ書けないでいます。
食べ物のお話も、本や映画のことも、いつも楽しく拝見させて頂いています♪
bakuさんの所にどうやってリンク張るのかなぁ・・・と思いながら、まだ実行できていないIT音痴の私です。
Commented by Yun at 2012-07-21 03:04 x
ブデリア、3月末頃ばっさり、ですね。

実はガーデニング音痴なので、勉強する意味で、この春から月に2回ほどガーデナーに入ってもらっているのですが、どうも私が聞いてもはっきりした答えをもらえなかったり、花の名前を聞いてもこれ又わからないのが多すぎて...(一応RHSの資格を取っている人です) そんな調子なので、新しい人に来てもらおうかと思っています

将来的には全部自分で面倒を見られれば良いのですが、少なくとも後1年くらいは助けてもらいながら、やって行った方が良いかな、と思っています。

ただ、こちらでlapisさんに、色々な花の名前や世話・剪定の仕方を伺っていけば、独り立ち、とまでは行かなくても、もう少しガーデナーの頻度を減らしてやっていけるかな、と思い始めていますが、さて、覚えの悪い私なのでどうなることか、です (^_^;)
Commented by lapis at 2012-07-24 07:20 x
Yunさん、
いろいろなおうちの庭を回って仕事をしているガーデナーの人は、時間で仕事をする場合が多いので、人によっては余り質問とかをすると嫌がるかもしれませんね。
それに、普通こちらが資格を聞かない限り、向こうからどんな資格を持っているかなど口にしませんよ。(そして、こちらからそういうことを聞くと信用されていないと言うことで気分を悪くされるかもしれません)
私もRHSの資格を2つとC&Gの資格をいくつか持っていますが、ガーデナーの世界は経験が一番大切なことで、私のようにただの趣味で資格を持っていても、何の役にも立ちません。
ガーデナーさん(他のどんな職人さんでもですが)とうまくつきあうには、日本と同じで、必ずお茶とお茶菓子を用意して、休憩の時にそれとなく聞きたいことを口にするというのがいいのではないでしょうかしら。
Commented by するめ at 2012-07-24 11:51 x
なんだかおそろしい物のようでもあり、魅力的なお姿と色につい惹かれてしまいます。
魔法使いのおばあさんの帽子?しわしわの尖がった鼻とか爪ののびた指を想像しました。1メートルのものはニオイもかなりのものでしょうね。?葉まで魔女のまとっているよれよれマントにみえますね。やっぱりこれは魔女?
Commented by Yun at 2012-07-24 18:14 x
アドバイス有難うございます。今の人は芝の張替えをした時に紹介された人で、芝の人がとても熱心で丁寧な人だったので、本当は他のおじさん(笑)に頼もうかと思っていたのを変更して彼女にしました。その時に芝の人から「彼女はRHSの資格を持っている」と聞いていたのです。

でも確かに経験ですね。もう一人のおじさんは、本当にガーデニングが好きで好きでしょうがない、と言うのがすぐにわかるような人でした。その人は友人からの紹介で信用もおけるのですが、同じ友人から、近所にもう一人とても良いと聞いている人がいるので会ってみる?と言われて、今、アポイント計画中です。

その前に、とりあえずは自分で勉強ですね。これからもわからないことがあったら、色々とアドバイスを頂くことになると思いますが、宜しくお願いいたします。
Commented by lapis at 2012-07-24 23:57 x
するめさん、
自生地とは、まるで違う環境ですので、それが幸いして巨大にならないので助かっています。でも、自生地で実際に見てみたい気もしますね。コワイモノミタサ?と言うか・・・。
日本のマムシグサの仲間やユキモチソウ、ウラシマソウなども大好きなのですが、ここでは入手が難しいようで残念!
Commented by lapis at 2012-07-25 00:04 x
Yunさん、
庭作りはあせらずぼちぼちだと思います。
あせって、あれもこれもで手っ取り早く見てくれのいいようにした庭は、無理が出てくると思います。
一番大切なのはご自分の庭の土を知ることですから、今植わっているプランツのことを知ったり、土と合うかどうかを知っったりするのに、まず3年は掛かると見ておいて下さいね。
Commented by Yun at 2012-07-25 02:00 x
lapisさん、またもや貴重なアドバイス、有難うございます。

じっくり焦らず、老後の楽しみに向けて自分の庭を作っていきたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード