人気ブログランキング |

はっぱふみふみ 2.


4月から6月にかけての雨量が記録破りに多かった今年ですが、
7月に入っても夏の兆しはなく、今日もまた冷たい雨が降っています。

葉っぱの多い庭の中でも、
最も数や種類が多く、狭い庭を占領しているのは羊歯とギボウシです。
どちらも雨が好きなので、大きな葉っぱを広げて、
元気いっぱいのようです。

シダは殆ど敵無しですが、
ホスタ(ギボウシ)の方は、最大の敵S&S軍団が徐々に勢力を広げてきていますので、
ボロボロになるのも時間の問題だろうと思います。

イギリスでのホスタ栽培には、
日本ではとても想像できない過激な戦いが付いて回ります。
春の芽吹きから秋の黄葉まで、
庭では無敵艦隊S&S軍団を敵に回しての壮絶なバトルが繰り広げられますが、
オーガニックガーデニングを実践している者にとっては、
これは殆ど勝ち目のない戦いです。
ビールを入れたトラップ、オーガニックのペレット、ガラスの粉、グリット、
銅線やコパーリングなどなど、ありとあらゆる武器を用いて戦いに挑みますが、
力尽きて白旗を掲げるのは、人間の方です。
時には10cm以上もある大王の姿を目にすると、
これはもうハハァ~~と膝間づくしかありません。
二年前の厳冬で、種族の数を減らした殻無し族でしたが、
この雨で勢力復活の兆しを見せていますし、
殻有り族の方は-10度も平気の平左、
殻無し族の衰退していた間に、どんどん占領地を広げてしまいました。

唯一の策は、庭にホスタを植えないことです。

でなければ、毎晩頭に懐中電灯をつけて、手には箸を持ち、
不眠不休の夜警団に加わることです。
でなければ、夏のホリデーにも出かけず、ホスタの警備に当たります。
でなければ、ホスタはすべて銅線でぐるぐる巻きにした鉢に植えることです。

そのいずれにも徹することが出来ない私には、
S&S軍団との終わりなき戦いが残されているのみです。


a0208116_1934973.jpg



というわけで、
まだ葉っぱがきれいな間に、ほんの少し顔見世興行をしておきましょうか。
ホスタは余りにも園芸種が多いので、
名札を失くすと品種名はわからなくなってしまいますので、
あしからず。


a0208116_199653.jpg


Hosta nigrescens
とても渋いブルーグレイの葉っぱですが、
残念ながら写真にはその色がでません。


a0208116_19111851.jpg


Hosta fortunei 'Spinners'
けっこう場所取りです。


a0208116_19153191.jpg


Hosta sieboldiana  'Elegans'
これも大きくて場所取りなのでまいっていますが、
純白の花と葉っぱの対比が美しいので、なんとか維持しています。


a0208116_19263246.jpg


名前失念。
うちにあるホスタの中では、一番きれいな花を咲かせますが、
葉っぱはS&Sの大好物らしく、花の咲く頃には葉っぱはボロボロになっています。


a0208116_19192841.jpg


Hosta 'Blue Skies'

とてもきれいなブルーの葉ですが、
どうも写真写りはよくないようで、実物の色は出てくれません。


a0208116_19242697.jpg


Hosta undulata var.univittata かな?
葉っぱが出始める頃はもっとクリンクリンです。


[追記]
Slug & Snailを略して、S&S軍団と呼んでいます。

by lapisland2 | 2012-07-03 19:44 | Perennial | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/15691213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2012-07-04 17:23 x
lapisさん。
梅雨やからしょうがないんですけど。今日も一日めちゃ蒸し暑い大阪です。いま電話で母と話したところ。退院後元気ながら、入院前の気力が復活しないとなげくあと10日ほどで89歳になるハハです。そらね、若い?わたしでもこのむしむしの中では、だいすきな読書でさえもなかなか進まなかったりするんやもん〜と答えました。でも膝の痛みはなくなったらしい! 

で、ここにきて緑緑のシャワー浴びたような気分! よろしなあ。
葉っぱは小さめがこのみではありますが、このみごとなグリーンには
おお、と声がでます。テキスタイルの図案のよう。

あ、言葉については、もうエンドレスな課題のようなものですね。
でも、言葉はいつも人と繋がってるから、やっぱり言葉も人も(だいすきやし)ゆっくりだいじにかんがえていきたいです。

さて。今日はピザを。もちろんクラストは相方作です。いまから準備です(というても簡単なことしかしないけど。それに、もうワインのみはじめてるけど。外はまだ明るいけど。)

Commented by yun4736 at 2012-07-05 00:45
ホスタ、私も大好きですし、日陰の多いうちの庭にも植えたいのですが、仰せの通り天敵S&S軍団(この言葉、頂きます)が多すぎます!

うちは今のところホスタは植えていないのですが、それでもいろいろな葉っぱが被害にあっています。我が家はとりあえずオーガニックを目指してはいる訳ではないので、あまりひどい被害にあうとグリーンのペレットを撒いているのですが、それでも敵はやってきますし、むくろを始末するのもあまり気持ちの良いものではないので、今のところホスタは植えていません。

でも、来年ぐらいからは少しずつ、終わりなき戦い覚悟で植えてみようかと思っています。Hosta nigrescens、とっても渋くて好きなのですが、日陰には白い模様が入った種類も明るさを添えるので良いかしら、と思っています。
Commented by lapis at 2012-07-07 07:37 x
bakuさん、
梅雨時の蒸し暑いのは本当にいやですねぇ。
こちらも相変わらずの雨です。

おかあさま、膝の痛みは無くなったとのこと、よかったです♪
お大事にとお伝えくださいませ。

ホスタ、楽しんでいただけてうれしいです。
狭い庭で場所も無いのに、たぶん25種類くらいあるんですよ。
直径1mを超えるのもけっこうあって・・・
シダはもっとひどくて、Jがこの前数えたら40あると言っていましたけれど、
40品種ではなくて、40株かもしれません。
一度数えてみなくっちゃあ。
足の踏み場も無いはずですワ~。(-_-;)

この花便りを始めたのも、ひとつの理由は、一応記録をとっておいて、
徐々に整理をして行くためなんですよ。
でないと、減らす減らすと数年前から言いながら、ちっとも減らないので・・・

少しずつ身の回りのものを整理して行かないと、
外国で死ぬというのは、けっこう大変なことなんですよ。
体の支障が大きくなってきたので、以前のように庭仕事も出来ないので、
庭も整理して行かないとね。

Commented by lapis at 2012-07-07 07:41 x
Yunさん、
ホスタ、もし植えられるのならば、絶対に鉢植えがお勧めですよ。
それと、ブルーグレーのような葉っぱの色は、
イギリスの場合雨が多いので、余りいい色が出ないように思います。
日陰には、おっしゃるようにやはり白や黄色の斑入りが一番映えるようです。
同じホスタでも、S&Sの好物かそうでないかによって、
被害の差がかなりあるみたいですよ。

Commented by するめ at 2012-07-15 10:58 x
Lapisさん
いつも遅れてコメントをするので申し訳ございません。前回はイギリスの庭師や樹木医の事を詳しく書いていただいて興味深く拝見させていただきました、映画や小説の中にも庭師とお屋敷の奥様とのただならぬ関係・・・なんていうのもありましたよね。
ホスタ立派に育っていますね。これがS&Sにやられてしまうのですか?もったいないですね。
今日も和歌山はとっても蒸し暑いです。暑い日中は庭に出たくないです。昨年あたりから今までより大型の蚊が目につきます。亜熱帯になってしまった和歌山です。
Commented by lapis at 2012-07-16 17:52 x
するめさん、
遅いコメントでも一向に構いませんよ。

日本の方たちがご存じないガーデニングの裏話なども少しずつ入れて行きたいと思っていますが、
グダグダ話はご存知のように『菜園日記』の方に書いています。
ワイルドフラワーやハーブの話も、畑に関することとして菜園日記の方に。

ホスタは他にもまだまだありますので、また少しずつご紹介しますね。
こちらのS&Sのひどさについては日本ではとても想像できないですよ。

そちらは水害の被害はありませんでしたか。
亜熱帯の和歌山、こちらにいるとそれもうらやましいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード