水仙のないしょのはなしはあのねのね


今日は春分の日。
残念ながらこちらでは祝日ではありませんが、
あちらこちらで彼岸桜が満開になり、
道端のラッパ水仙も咲き始めています。

庭では'Itzim'に続いて、
咲き始めた可愛いミニ水仙 'Tête- à- Tête'が
頭を寄せ合って、内緒話を始めています。


a0208116_640973.jpg


'Tête- à- Tête'は、1949年にAlec Grayによって作成された水仙ですが、
フランス語で Head-to-Head を意味するこの水仙は、
名前の示すように2輪が寄り添って咲くことが多いようです。

'Tête- à- Tête'などの Narcissus cyclamineusの園芸種は、
他の水仙のように数年ごとの株分けは必要ありません。
いつ植えたのか思い出せないくらいになって、
ようやく株分けをする程度でいいので、
ぐうたらな私には持って来いの水仙かもしれません。


学名  Narcissus cyclamineus 'Tête- à- Tête' (AGM)

by lapisland2 | 2012-03-21 06:45 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/14898894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード