ヘビ模様の葉っぱ


秋の初めに、毒々しい色の鎌首を持ち上げていたこいつたちは


一度この世におさらばして、
晩秋になると、見事な変身を遂げて再び出没します。


a0208116_20304558.jpg


長い冬の間、雪にも氷にも負けず、
ヘビ模様の葉っぱを広げて、
さびしくなった庭に彩りを添えてくれる貴重なプランツですが、
毒々しい実だけでなく、全草が有毒ですので、ご注意を!

私はフラワーアレンジに葉っぱを使うので、
必ず手袋をはめて触るようにしています。




学名   Arum italicum ssp italicum var marmoratum  
英名   Italian arum  Italian Lords-and-Ladies
和名もしくは流通名  アルム・イタリカム


a0208116_20363211.jpg


[追記]

品種名については、私が購入した時には'Pictum'となっていました。
私は'Pictum'と覚えたので、今でもこの名前を使っていますが、
'Marmoratum'と言うのが正式名かも知れません。
RHSでは'Pictum'と'Marmoratum'は同じものとして取り扱っているようですが、
欧米のナーサリーでは区別して売っている所も多いようで、混乱があるようです。
というのも、この斑入りのものは、
植える場所や気候によって、斑の入り方が微妙に違ってくることが、
はっきりしない理由の一つかもしれません。
他にも何種類か、違う斑入り品種が出回っています。

[PR]

by lapisland2 | 2012-01-15 20:38 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://lapis2.exblog.jp/tb/14430420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード