タグ:semi-ripe cutting ( 2 ) タグの人気記事

7月の庭仕事



6月は毎日雨+強風のひどい天候が続きましたが、
7月に入り少しずつ安定して来ています。
昨年の7月上旬は、ヒースローで37℃を超える猛暑になりましたが、
それと比べると今年は平年並みの20℃前後です。
雨続きだったせいで、庭は葉っぱばかりが茂り、すでにジャングル状態になっています。
緑の濃さに比べると、日照時間が少なかったせいかどの花も花付きが悪く、
あるいは雨の中で咲き急いでしまいました。

と、ここまで書いたのは上旬のこと。
中断している間に、いきなり天気は急変し、
中旬からミニヒートウェーブがやって来ました。
今日はうちの辺りでも32℃。
1年ぶりに日本の夏のような暑さです。

近頃は体調のこともあり、できるだけ手をかけない庭を志していますので、
植物たちは、勝手に勢力争いをして、
強いものは勢いを増し、弱いものは淘汰され、
あるいは消えたと思っていたものがまたサバイブしていたりと、
自然に近い状態になりつつあります。
不思議なことに、と言うかそれが当たり前のことではあるのですが、
人の目からは荒れた庭に見える庭の方が、
鳥たちや小動物たちには恵みあるやさしい場所になるようで、
一日中彼らの賑やかな姿やさえずりが途切れることはありません。
いかに人が手をかけた「庭」というものが、人工的なものであるかを
実感しているこの頃です。

取りあえず、忘れないために庭仕事のメモは入れておきますが、
この殆どの庭仕事をやらなくなっていることを白状しておきます。



a0208116_01591278.jpg




☆水遣りの工夫をする

◎特に毎日の水遣りが必要なもの
ハンギングバスケット・ポット・コンテナー植えのプランツ、
植えたばかりのプランツ(6月に移植したばかりの1年草も)、
ダリアやヒューシャなど

◎それ以外は、毎日だらだらと水をやるのではなく、
週のうち2・3回たっぷりやる方が効果的で、
植物に日照りに対する抵抗力もできる

◎ホリデーの間の水遣りの事を考えておく
(お隣りや友人に頼む、鉢植えやハンギングはまとめて日陰に移しておく、
自動水遣り装置を設置するetc.)

◎water butt(雨水の貯水タンク)を設置する

◎台所やお風呂の'grey water'の再利用をする
野菜を洗った水など、有毒な化学物質が使われていない限り、
庭の水遣りに再利用できる

◎マルチングが遅れている場合は、今からでもやっておくとよい

☆雑草抜きを定期的にして、同時に害虫もチェックする

☆引き続き、2年草の種まきをする
(寒い地方では中旬までに済ませる) 

 foxglove, honesty(Lunaria annua), evening primrose,
ワスレナグサ、ウォールフラワー、ダイアンサス(ナデシコやカーネーション)、
カンタベリーベルなど

☆引き続き、softwood と semi-ripeのcutting(挿し芽・挿し木)をする

 多年草ウォールフラワー、ペンステモン、カンパニュラ、バーバスカム、
Lamium maculatum、 diascia(ディアスシア)、pinks(ナデシコ類)、
perovskia、パラゴニウム、コリウス、 バーベナ、クレマティス、ラベンダー、シュラブ類など

☆耐寒性クライマーやシュラブのlayering(根伏せ)をする

 アケビ、アイビー、ウィンタージャスミン、ライラック、
クレマティス、campsis など

☆挿し芽・挿し木の根付いたものを、定植する

☆スィートピーの花を切る

(スィートピーは種を付けると、途端に花を咲かせるのを止めるので、
 花が咲いたら次々切り取って切花にする)

*ウドンコ病を防ぐために、朝早く根元にたっぷり水遣りをする

☆hedge(垣根)の刈り込み

 *遅くても9月初めまでには済ませること!

 *電動機具(electric trimmer)を使う時は、ゴーグルや手袋などの装備を忘れずに!

 *hedgeのすぐ傍にボーダープランツを植えないようにする(そこだけハゲになってしまう)

 *下に行くほど少し広がる感じで刈り込むと、根元までよく日が当たる

☆花が終わったベディングプランツを刈り取る

 *ルピナス、デルフィニウム、バーバスカムなどは二番花のために
  花茎を根元から切る

☆二番花の咲くものや、花期の長いものはカットバックして、
 水と肥料を与える

☆アルカミラモリス、ワスレナグサ、アクィリジア(西洋オダマキソウ)、
 スカビオサなど増えると困るものは、花が終わったらすぐに花茎を切って、
 種を飛ばさないようにする

☆ラベンダーの花が終わったら、すぐに花茎を刈り取って、
 コンパクトな形をキープする

*ドライフラワーやポプリを作る時は、花が色づいて開き切る前に、
 花茎の元の部分から切り取って、温室やシェッドに吊るして乾燥させる

☆晴れた日を選んで、種採りをする

 保存するものは、密封容器に入れて冷蔵庫に
 そうでないものは、すぐに蒔く

☆落葉性のマグノリアの剪定が必要な場合は今の時期にやるとよい

 *葉全体の25%以内に留めること!

☆春咲き球根の堀り上げと株分け

◎チューリップ、ヒヤシンス・・・毎年
 水仙・・・2~3年毎
 その他のものは混み合って来たら適当に

*ただし、私の経験ではイギリスでは原種などを除いて
 チューリップは1年限りで、
 毎秋新しい球根を植えるほうが良いように思います。

◎堀り上げて乾燥させた球根は、根をハサミで切り、
 痛んだ所を取り除いて浅い箱などに入れて、涼しい場所に保管する

*オフセット(分球した小さな球根)は、
 花が咲くまでに2~3年掛かるので、気長に待つ

☆混み合っているジャーマンアイリスの株分けをする

(古い真ん中の部分を捨てて、周りの若い部分だけを残す)

*根塊が地面から見えるように浅植えして、葉を半分の長さに切る

*クレイなど重い土の場合はグリットを混ぜてから植えつける

*bonemealをドレッシングしてやる

*イギリスでは、S&Sの被害に注意すること!

☆秋咲き球根を植える

 コルチカム、ネリネ、オータムクロッカスなど

☆ウィステリア(藤)の夏剪定をする

 (7月に20~25cm、冬に5cmほど剪定する)

 剪定後、カリ分の多い液肥を与える

*新しく植えたものは剪定しないこと!

☆樹木やシュラブのサッカー(ヒコバエ)を根元から切る

☆2週間毎にコンテナーやハンギングバスケットに肥料を与え、
 小まめに花がら摘みをし、伸びすぎたものは切り詰める

☆ダリアがグングン成長する時期なので、
 2週間毎の肥料と毎日の水遣りを欠かさずに

☆ダリア、ユリなど背の高いプランツに支柱を立てる

☆バラの花がら摘みを忘れずに!

 *2番花のために、花の咲いた3芽下で剪定する

 *6月にやらなかった場合は、hoeingとマルチングをする

 *肥料は7月末までに終えること!

 *黒点病とウドンコ病の発生に注意する

☆今の時期、カイガラムシが発生しやすいので注意する
 見つけた場合は、ブラシで擦り取って石鹸水を吹いておく

☆引き続き、リリービートルの成虫と幼虫を取り除く

☆ウドンコ病を防ぐため、バラ、クレマティス、ハニーサクルなどに
 十分な水やりをする

☆ホスタの周りにコパーテープを巻く

 地植えのものには、コパーリングやグリット、
 貝殻や卵の殻を砕いたものや、トラップなどでS&Sの被害に備える

*S&S(ナメクジとカタツムリ)の駆除剤については、
 前にも書きましたが、Metaldehydeが主成分のものは絶対に使用しないように!
 毒性がきついので、鳥や小動物、ペットに影響があります。

☆ハウスプランツの植え替え

☆ハウスプランツに毎週液肥を与える

☆定期的に芝刈りをする

 *日照りが続くようなら、短く刈り過ぎないようにして、
  刈る回数も減らす

  (草刈機の刃を40~50mmに設定する)

*エッジングも忘れないように!

(芝生のエッジをきちんと刈ると、グンと見栄えがよくなりますよ!)

☆コンポストの切り返しをする

 *コンポストが乾いていたら、水を掛けるのを忘れずに!



☆池の管理

◎水温が上昇する時期なので、スイレンやホテイアオイなどで、
 魚たちに日陰を作ってやる
 日陰を作ることで、algaeの増えるのを抑えることもできる

◎algaeを取り除く方法

 *薬品を使わないエコ的な方法としては、barley straw(大麦の藁)を丸めて
  ネットの袋に入れたものを池に浮かべる。

  4週間毎に新しいものに取り替える。

(ガーデンセンターなどで既製品も売られているが、
 材料が手に入る場合は簡単に作ることができる)

◎気温の上昇につれて、水中の酸素の量が少なくなって、
 魚が水面でパクパクし始めるので、水を補給する
 できればwater buttの水を使う

 *水道水の方がalgaeが発生し易いとのこと

 *小さな池の場合、噴水の設置や水の循環装置をつけて、
  水が動くようにするのもよい

◎魚の数、水生植物や水辺の植物などの
 バランスがとれているかどうか、常にチェックする

◎blanketweed や duckweedを取り除く(暑い時は週に1回)

 太陽光線の強くなるこの時期は、急激に増えるので注意する

◎スイレンに付くaphidに注意する

 ひどい害がある前に、ホースの水で洗い流す

 (水の中に落ちたaphidは、魚が食べてくれる)

◎spiral snail(タニシ)は、池の水を綺麗にしてくれるが、
 スイレンの葉も食べるので、数をコントロールする

 *キャベツの葉を水に浮かべておいて、翌朝チェックすると
  タニシがたくさん付いているので、処分するとよい

◎枯れたプランツが水中に落ちないように、気をつけて取る

◎ネットを張ってある池は、トンボの孵化に備えて外しておく

◎カエルの出入り口を作ってやる




★★畑仕事については菜園日記の方に書き込んでいます。

☆★これはイギリス南東部基準に書いていますので、
  日本とは少し違ったところもあります。
  お住まいの地域の気候に合わせて、作業を前後して下さい。
  内容について質問のある場合はどうぞお尋ね下さい。









[PR]

by lapisland2 | 2016-07-19 16:30 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(2)

8月の庭仕事



子育てを終えた親鳥たちはいつの間にか庭から姿を消し、
今残っているのは今年生まれた雛たちだけになりました。
庭からさえずりが消え、聞こえてくるのは夏休みに入った子供たちの賑やかな声です。
再び鳥たちのコーラスが響き始める頃には、
イギリスには初秋の気配が漂っていることでしょう。

それまでの短い夏ですが、
ここ数年に比べると、今年は8月に入っても夏らしい日が続いています。
暑くても花がら摘みや水遣りなど庭仕事はけっこうありますが、
熱中症にかからないように注意して、
涼しい時間(日本では難しいですけれど)に済ませたいものですね。




a0208116_00002552.jpg



☆先月に引き続き水遣りの工夫をする

◎特に毎日の水遣りが必要なもの
 ・ハンギングバスケット・ポット・コンテナー植えのプランツ、
 ・植えたばかりのプランツ(6月に移植したばかりの1年草も)
 ・ダリアやヒューシャなど

◎それ以外は、毎日だらだらと水をやるのではなく、
 週のうち2-3回たっぷりやる方が効果的で、
 植物に日照りに対する抵抗力もできる

◎ホリデーに出かける予定の人は、
 前もって水遣りについて考えておくといいですね。
(お隣に頼む、鉢植えやハンギングはまとめて日陰に移しておく、
 自動散水タイマーなどを設置する etc.)

◎water butt(雨水の貯水タンク)を設置する

◎台所やお風呂の'grey water'の再利用をする
 野菜を洗った水など、有毒な化学物質が使われていない限り、
 庭の水遣りに再利用できる

☆翌年早い時期に花をつけるシュラブ(カメリア、アゼリア、マグノリア、
 シャクナゲなど)は、花芽ができる時期なので、しっかり水遣りをする
 +肥料を与える

☆bedding plants の花がら摘み・水遣り・施肥を定期的にして、
 花期が秋まで続くようにする

☆晴れた日を選んで種取りをする
(取った種は紙袋に入れて乾燥したところに吊るして数日乾かした後、
 ごみなどを取り除いてからラベルをつけ、密封容器に入れて、
 冷蔵庫や涼しい場所に保管する。あるいはすぐに蒔く)

◎candelabra primula、aquilegia 、foxgloveなどは、
 種を採ったらすぐに蒔く

☆こぼれダネから出てきた芽を鉢上げして、来年に備える

◎キンセンカ、ニゲラ、カリフォルニアポピー、ナスタチウム、
 ヒメコスモス、コーンフラワー、ラークスパー、カランジュラなどは、
 簡単に直播できるので、トライしよう

 *または、ポットやトレイに種まきをして、秋に植えつける

 (今の時期に蒔いておくと、来年花が早く咲く)

◎ラベンダーやサントリーナ、ヘリクリサムなどのトリミングをして、
 形を整える

☆雑草抜きを定期的にして、同時に害虫もチェックする

☆先月種まきしたウォールフラワーのピンチングをする
(早くしておくほど、移植する時までにたくさん脇芽が出て
 よく茂った株になる)

☆ランブリングローズなどの花が終わったら、剪定をする
 3本に付き1本を根元から切ってやると、新芽が出やすくなる
 残りは弱剪定しておく


☆引き続き、softwood と semi-ripeの挿し木をする

 宿根ウォールフラワー、ペンステモン、バーバスカム、
 Lamium maculatum、diascia(ディアスシア)、ナデシコ類、
 パラゴニウム、オステオスペルマム、コリウス、バーベナ・ボナリアンエンサス、
 クレマティス、シュラブ類(ブデリア、アジサイ、コーナス、ヒューシャ、
 ヒービー、ポテンティラ、ウェイジェラ、など)

 *ナデシコ類の今年最後の挿し芽の時期なので、
 忘れないようにする

☆引き続きスィトピーの花を摘む
(種を付けると、途端に花を咲かせるのを止めるので、
 花が咲いたら次々切り取って切花にする)

 *ウドンコ病が出ないように水遣りをしっかりする

☆花の終わったユリは、来年の花のために花の下で切って、
 海草液肥などを与える
 葉と茎は冬まで残すこと!

☆秋に植える球根の注文を始める
(そろそろカタログが届き始めています。
 まだなら、早めにカタログの注文をするのをお忘れなく! 
 球根だけではなく種のカタログも!)

☆秋植え球根を植える場所の準備をする

☆オータムクロッカス、コルチカム、ネリネ、
 耐寒性シクラメンなどの植え付け

☆水仙の植え付けは、今月末までにするとベスト
(水仙の根は晩夏に伸び始めるので、
 その時期に植えると水分や栄養分をよく吸収するため)

☆秋の嵐に備えて、クライマーやシュラブなどの支柱の点検をしておく
 背の高くなるダリアなどにも支柱を立てる

☆クライマーのlayer をしてみよう
 長いクライマーの茎の地面に着く箇所に少し傷を付けてペグで止め、
 土をかぶせておくだけ。
 来年3月に、切り取ってポットに植える

 *アイビー、ジャスミン、ハニーサクル、ウィステリア、
 クレマティス、バージニアクリーパーなど簡単にできる

☆クライマーの花が終わったものは、茎の1/3のところで剪定する

 *ただし、クレマティスについては種類別の剪定法に従う

☆引き続き、ウィステリア(藤)の夏剪定をする
 見事な花を咲かせるためには、年2回の剪定が必要
 (7月に25cm、冬に5cmほど)

 *新しく植えたものは剪定しないこと

☆引き続きダリアに肥料を与え,水を切らさないようにする
 今月初めからは、high- potashの (カリ分の多い)肥料を与える
(花色を良くし、丈夫な茎を育て、球根を太らせる)

 *ただし、日本では8月には施肥をしない

☆アジュガなどの葉にウドンコ病が発生したら、葉を取り除きしっかり水遣りをする

(使った剪定ばさみは消毒すること)

☆ピラカンサのトリミングをする

☆先月に引き続き、hedge(垣根)の刈り込みやトピアリーの剪定
 
 遅くても9月初めまでには済ませること!

 *時期が遅れるとコニファーなど枯れ込むことがあるので注意

 *電動機具(electric trimmer)を使う時は、
 ゴーグルや手袋などの装備を忘れずに!
 hedgeのすぐ傍にボーダープランツを植えないようにする
(そこだけハゲになってしまう)

 *下に行くほど少し広がる感じで刈り込むと、根元までよく日が当たる

☆芝刈りと施肥
 
 4月~10月までは週1回の芝刈り
 日照りが続く時は短く刈り過ぎないようにすること!
(芝刈り機のブレードを2.5~ 3cmに設定する)
 
 施肥は3~4週に1回程度






a0208116_00170580.jpg




☆池の管理

◎水遣りの時に、忘れずに池の水をチェックして、
 水位が下がっているようなら水を足す

 *できればwater buttの水を使う
 (水道水の方がalgaeが発生し易いとのこと)

◎水温が上昇する時期なので、スイレンやホテイアオイなどで
 魚たちに日陰を作ってやる
 日陰を作ることで、algaeの増えるのを抑えることもできる

◎気温の上昇につれて、水中の酸素の量が少なくなって、
 魚が水面でパクパクし始めるので、ホースで水を補給するなどしてやる

 対策としては、小さな池の場合、噴水の設置や水が循環して
 流れ込むような装置をつけて、水が動くようにするのもよい


◎algaeを取り除く方法

 薬品を使わないエコ的な方法としては、barley straw(大麦の藁)を丸めて
 ネットの袋に入れたものを池に浮かべる。
 4週間毎に新しいものに取り替える。
 (ガーデンセンターなどで既製品も売られているが、
 材料が手に入る場合は簡単に作ることができる)

◎魚の数、水生植物や水辺の植物などの
 バランスがとれているかどうか、常にチェックする

◎blanketweedやduckweedを取り除く(暑い時は週に1回)
 太陽光線の強くなるこの時期は、急激に増えるので注意する

◎増え過ぎた水草を取り除く

◎花が終わったスイレンや、傷んだ葉などを取り除く
 枯れたプランツが水中に落ちないように、気をつけて取る

 *スイレンのうちで、特に黄色い花の咲くものには注意をする
 花茎や葉が黒くなり始めた時は、
 lily crown rotという深刻な病気にかかっていることがあるので、
 すぐに引き上げて焼き捨て、ポットも消毒する

◎温暖化と共に、年々蚊の発生が多くなっているので、
 植物だけを植えている池やbog gardenなどは、
 蚊の発生を防ぐ工夫をする

◎spiral snail(タニシ)は、池の水を綺麗にしてくれるが、
 スイレンの葉も食べるので、数をコントロールする

 *キャベツの葉を水に浮かべておいて、翌朝チェックすると
 タニシがたくさん付いているので、処分するとよい






a0208116_00330761.jpg
                      (今年最後に孵ったロビンの雛たちも自分でエサが取れるようになり、
                        少し胸が赤くなって来ました。)




☆Wildlife

◎鳥やカエルやハチ、テントウムシなどいろんな生物が
 庭や菜園に来てくれるように、
 餌や巣の工夫をしてみましょう。
夏休みは子供たちと一緒にトライできるいい機会ですよ♪

◎ハチの数が異常に減っている現在、
 どんなプランツがハチに好まれるかを考慮に入れて、
 植えるプランツを考えるのも大切なことだと思います。

 *派手な園芸種の八重の花を避け、一重のデイジーのような形や筒型の花を選ぶとよい

 **またいずれ、どんな花が適しているのか詳細を書き込むことにします

◎バードフィーダーやバードテーブルの定期的な掃除を忘れないように!
 (オーガニックのクリーナが売られているので、まずそれをスプレーしたあとブラシで擦り、
 そのあと水で洗い流してから乾燥させる)

 *不潔なバードフィーダーから、鳥の間に感染病が広がることも多い。

 *サルモネラやE.coliなどの人への感染を防ぐためにも、
  餌やりや掃除のあとには必ず手洗いを決行すること!!!

◎バードバスや水飲み場の水を毎日取り替える
 鳥を庭に呼びたいなら、
 餌台の設置だけでなく、水飲み場兼水浴び場を作ること!

◎鳥の餌は冬場だけと思っている方もいるでしょうが、
 夏場もWrenのように子育てを続けている鳥もいますので、
 餌の補給をお忘れなく!

 (ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
 ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、キャットフード、
 フルーツケーキやビスケットなどの残り、ラードやfat ball、mealworm など)

 *ピーナツはそのまま与えると喉に詰めるので、
 必ずピーナツ用のバードフィーダーに入れる

 *カタツムリを集めて置いておくと、Song thrushやヘジホグなどの餌になる

 *鳥の種類によって好物が違うので、
 多種類の餌を用意すると多種類の鳥が来てくれるようになる。

 *木の上で餌をとる鳥もいれば、地面で餌をとる鳥もいるので、
  地面に置くバードフィーダーも忘れないように!

◎庭や畑の一部に、小動物や虫たちのために丸太を積んだり、草を刈らない場所を作る
 
 *庭も畑も雑草1本生えないようにきれいにするのは自然に反することだとみなして、
 「ぐうたらガーデナー」に徹することにしよう!






☆畑仕事については、菜園日記の方に書いています。


*追加を書き込むことがあるので、時々見直してくださいね。

*庭仕事はお住まいの地域や国によって、時期をずらしてください。 

(これはイギリス南東部基準に書いていますので、
お住まいの地域によって庭仕事を前後して下さい。
栽培方法その他は、日本とは少し違ったところもあります。
内容について質問のある場合はどうぞお尋ね下さい)

 

一番上の画像は、Arctotis X hybrida 'Flame'
6月から霜の下りる頃まで咲き続けてくれる元気な花です♪


[PR]

by lapisland2 | 2014-08-03 00:38 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(4)