夜もすがら、フロックスの香り漂う



a0208116_22295427.jpg



日向の少ない拙庭には向かないとはわかってはいながら、
ずっと気になるプランツがいくつかありますが、この花もそのひとつです。
何年か前にウィズリーで見かけて以来ずっと気になる花だったのですが、
なんとなく耐寒性がなさそうな、か弱い感じで、
うちではとても無理だろうと思っていたのですが・・・。
ここ2・3年の間に近所のガーデンセンターでも出回るようになったので、
育て易い品種ができたのかもしれないと思い、
今年は鉢植えで試してみることにしました。

英国での花期は6月~8月とのことですが、
うちではなぜか4月からずっと咲き続けています。

少し調べてみると、
南アフリカ原産( Drakensberg Mountainsの辺り、南アで最も高い山脈 )の植物のようですが、
なぜこの小さなプランツに舌を噛みそうな16世紀のボヘミアン植物学者
Adam Zaluziansky von Zaluzianの名がつけられているのかは不可解です。
南アフリカには54種のZaluzianskya があるそうですが、
つい最近まで園芸種としての紹介はなかったようです。
(私が初めて見たのは個人のコレクターがショーに出したものだったのかもしれません。)

草丈は20cmくらいで、常緑の香りのある葉は、
ドーム型にコンパクトにまとまります。
もし耐寒性があれば、グランドカバーにぴったりなのですが、
やはり耐寒性はもう一つとのことで、冬には取り込むことになりそうです。


a0208116_22322770.jpg



日中は花は閉じて、小さな紅色の蕾のままで過ごし、
夕闇が迫る頃になると、
いつの間にか蕾が開き真っ白な花たちが顔を見せてくれます。
花そのものが愛らしいという一言に尽きるような形をしていますが、
何よりも思いがけないボーナスはその甘い香りです。
夜が更けるにつれて香りは強さを増し、濃厚になっていきます。
ジャスミンとガーデニアを合わせたような香りとでも言えばいいでしょうか。
パティオに置く一鉢は、夏の夜の庭を甘い香りで満たしてくれることでしょう。
朝早い時間にはまだ花は開いたままですが、
寝坊をしても昼間はまんまるの蕾の可愛さを愛でることができます。


a0208116_22334204.jpg



日当たりの良い場所を選び、
土は水分を保つ肥沃な土で、しかも水はけのよさを要求します。
日照りの日には気が付くとぐったりしてしまっているので、
水切れにならないように注意が必要です。
(水切れを起こすと茎がwoodyになるとのこと)
花が終わったら、すぐに切り詰めるのを忘れないように。

簡単に挿し木ができるようなので、
トライしようと思っています。

久しぶりにまだ育てたことのないプランツに挑戦です♪




学名: Zaluzianskya ovata
英名: night phlox
和名: (流通名)ザルジアンスキア、ナイトフロックス 「ムーンライト・フラグランス」



[追記]
さすがなんでも早い日本のこと、既に流通しているようです。
日本の場合は夏越しが難しいので、一年草扱いのようですね。
(こちらは寒さで一年草扱いになりそう。)
日本では、花期は4~6月頃のようです。
それと、日本はなんでも安いので、春に出回るこの苗も500円前後で、
楽天なんかだと299円。
こちらでは1200~1400円くらいですよ。

[PR]

by lapisland2 | 2016-06-09 22:39 | Perennial | Trackback | Comments(14)