デビッドさんのビバーバム





a0208116_22404010.jpg



Viburnum davidiiの実が少しずつ色味を帯びて来ました。
もう少し秋が深まってくる頃には、メタリックなダークブルーに染まります。

一見、何の変哲もない濃い緑のゴワゴワした分厚い葉っぱのシュラブなのですが、
この深い皺を刻んだようなスジの入る葉っぱが、なんとも言えず渋いんですよねぇ。

暗いイギリスの庭に、地味なこのシュラブは重い感じがするかもしれませんが、
こういうしっかりしたテクスチャーのダークな背景があってこそ、
斑入りの葉やさまざまな花たちも引き立つと言うものです。
バラにクレマにクリローだけの庭なんて、それこそ深みも何にもないというものです。
(こういうことを書くと、日本の所謂イングリッシュ・ガーデン熱狂者の人々には総スカンを喰らいそうですが、
まあ、そういう方たちが覗きに来られるようなブログでもないので、良しとしましょう。)

常緑の背の低いこのシュラブは、日当たりから日陰まで場所を選ばず育つので、
グランドカバーにも向いていますが、極端に乾燥する場所は避けるようにします。
植え付けの時に、腐葉土やガーデンコンポストをたっぷり入れることと、
夏場の水切れに注意すれば、まったく手の掛からないプランツです。
何もしなくても自然にドーム型にまとまりますが、もし形が崩れた時の剪定にはご注意を!
他のシュラブのように、伸びた箇所をチョコチョコやると手に負えなくなってしまいますので。
伸び過ぎた枝は、根元からバッサリ切ってしまった方がいいようです。

メタリックなダークブルーのベリーは、秋から冬の間 鳥や人を楽しませてくれますが、
このプランツは dioecious(雌雄別種)ですので、ベリーを付けるためには雌雄二株が必要になります。
でも、葉っぱだけでも十分に植える価値はありますよ。

原産地は中国西部で、英名のDavid's Viburnumは発見者のJean Pierre Armand David に
ちなんでいます。


a0208116_2241417.jpg

            (5月頃に地味な白い花が咲きますが、これは4月に蕾が付き始めた頃に撮ったもの。)




学名: Viburnum davidii   AGM
英名: David's Viburnum


[PR]

by lapisland2 | 2013-10-11 22:51 | Shrub | Trackback | Comments(6)