大荒れのイースター



今年はイースターが早くにやって来ました(3月27日)が、
なんともいやはや大荒れのイースターになりました。
40マイルの強風が吹き、大雨の合間にはヒョウが降るといった具合でした。
横殴りに吹き付ける強風の中、ヒョウが水平に降ると言うのを始めて見て、
びっくりしたくらいです。
地域によっては風速100マイルの強風と共に雪が降るという大嵐になり、
台風並みに'Storm Katie'と、名前まで付いたようです。

それでも、季節は着実に歩みを進めています。
イースター前後の庭の様子を少し。



a0208116_23345992.jpg



a0208116_23352287.jpg


チオノドクサとシラーシビリカはあちらこちらで満開状態に。
黄色い花の多い春の花たちの中で、ブルーの花はくっきり目立ちます。
私自身は白い目がいっぱいのチオノドクサよりも、
うつむき加減のシラーの方が好みです。


a0208116_23354613.jpg

拙庭のスイセンたちの指標にしているこの小振りのスイセンも、
例年よりは1週間以上早く咲き始めました。
数年に一度株分けの必要な他のスイセンと違って、
シクラメナスに分類される種類のは放りっぱなしでもいいので、
無精者には持って来いです。


a0208116_23360443.jpg

テテアテテも早くから咲いています。
こちらでは寄せ植えにもよく使われて、どこにでも見かけるので、
ちょっと食傷気味ですけれどもね。


a0208116_23362716.jpg

株分けをしてから数年、葉ばかり茂らせていたサロメも今年はきれいに咲いてくれました。
もとの大株はもっと早くに花を付け始め、イースターの嵐ですっかり倒れてしまっています。


a0208116_23365154.jpg

名前を失念してしまったこのラッパスイセンも好きなスイセンの一つに入ります。



a0208116_23371416.jpg


a0208116_23381358.jpg

鉢植えから地面に植え替えたRip van Winkle。
あっという間に終わってしまいますが、可愛い八重です。


a0208116_23384864.jpg

第一弾のクロッカスはもうとっくに葉っぱを広げていますが、
この濃い紫のはいつもかなり遅れて咲き始めます。
イカリソウやらニオイスミレの下敷きになって可哀想な場所に咲くので、
植え替えなくてはと思いながら、数年になります。


a0208116_23393592.jpg


a0208116_23400756.jpg


ユーフォビアが目の覚めるようなレモンイェローの花を付け始めました。
まだ庭仕事ができないので、昨年の枯れた茎がそのままになっています。
これは日陰でも大丈夫な Euphorbia amygdaloides。



[PR]

by lapisland2 | 2016-03-30 04:23 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)

春を告げる小さな青い花




日曜日に時計の針を1時間進めて、サマータイムが始まりました。

寒の戻りはあったものの、春は駆け足でやって来ているようです。
すでに彼岸桜も半分散って、葉桜になりかけています。

街ではレンギョウが満開になり、黄色いラッパ水仙と共にどこもかも黄色く染まっています。
春一番の黄色い花は、長く暗い冬を過ごした私たちに、
新しい生命の復活を感じさせてくれます。


でも、ちょっぴり天邪鬼の私ですので、庭の中で春を告げる青い花を探してみました。
黄色い花も、青い花があってこそ際立つと言うもの。
そして、その逆もまた然り、です。




a0208116_02002602.jpg

青い星を散りばめたChionodoxaや、



a0208116_02010794.jpg

隅っこでうつむき加減に花をつける Scilla sibirica。
私はどちらかと言うと、空を仰いで目を見張っているチヨちゃんよりも
うつむき恥らうシラーさんの方が、好みです。



a0208116_02020608.jpg

ワスレナグサよりもちっちゃな花を付けるBurunneraや、




a0208116_02025879.jpg

ピンク混じりの青い花を咲かせるPulmonariaも。




a0208116_02035323.jpg

そして、元気いっぱいの青い土筆の坊や ムスカリや、




a0208116_02044646.jpg

日陰でひっそり咲き始めるAnemone blandaも忘れてはなりません。




a0208116_02052838.jpg

そうそう、貧相になってからが可愛いヒヤシンスも、ね。

(頭でっかちの、甘すぎる香りぷんぷんヒヤシンスは、
フェイクそのもので、余り好きになれないでいます。
肥料も与えず、2・3年過ぎて背丈も花つきも貧相になった頃が、
アイ・アイ・アイと叫ぶのにふさわしい本来のヒヤシンスの姿でしょうか。)




こうやって青い花を並べてみると、
春の庭には寂しすぎて・・・、
黄色い花がほしくなりますね。


[PR]

by lapisland2 | 2014-04-01 02:11 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)