3月に入って寒の戻り




2月の末から、また冬の寒さが戻っているイギリスです。
3月だと言うのに、雪が降ったりヒョウやアラレが降ったりで、
最低気温も零度以下の続く毎日に、春の訪れも足踏み状態です。
朝は霜で真っ白な日も多く、鳥たちの水飲み場にも氷が張っています。



a0208116_05180576.jpg


暖冬気味だったこの冬でしたが、
最後になってのこの冷え込みは、植物たちには打撃が大きいのではと気になります。
寒暖の激しかった冬を過ごしてきたプランツたちの姿を少し記録しておきます。



サルココッカは2種共に、この冬は一面の花を付けて、
庭中に芳しい香りを漂わせてくれました♪


a0208116_21483408.jpg

Sarcococca confusa




a0208116_21490412.jpg

Sarcococca hookeriana




a0208116_21493815.jpg

暖冬気味にもかかわらず、この冬は背が低くあまり大きく広がらなかったArum italicum 'Pictum'。




a0208116_21513015.jpg


一時はかなり広がっていたスプリング・スノーフレーク(Leucojum vernum)でしたが、
ここ1・2年ほど衰退気味です。
大好きなプランツですが、栽培はなかなか難しく、
新しく増やそうと球根を植えても思うように芽が出てくれません。
プロの人たちに聞いても、「いやぁ、あれはむずかしいねぇ。。。」と言う返事が返ってきます。
サマー・スノーフレークは放りっぱなしでもいつの間にか増えているのですけれどもね。




a0208116_21520278.jpg

シクラメン・コウムも今年は早くに開花が始まりました。




a0208116_21523600.jpg

鉢植えのIris reticulataも、今年は早くに咲いてしまって、
今は長い葉っぱを伸ばしています。




a0208116_04212525.jpg

カンザキアヤメ(Iris unguicularis )もお正月明けにはもう開花が始まりましたが、
今は寒さの中で縮こまっています。
でも、気温が上がればまだしばらくは咲き続けてくれることでしょう。




a0208116_21561047.jpg



早い時期から咲き始めたスノードロップも、
今年は随分長い間咲いてくれたように思うのですが、
そろそろ終わりに近づいてきたようです。
今年は株分けをしてやらないとギュウギュウ詰めになっているのですが、
夫婦揃って体調悪く、果たしてしゃがむ姿勢の作業ができるのかどうか・・・。



は~るよこい、は~やくこい。


[PR]

by lapisland2 | 2016-03-09 19:30 | 四季の庭 | Trackback | Comments(0)

フロストの朝




この冬は予報がはずれて、今のところわりと暖かい冬が続いています。
でも、明け方は氷点下になることもあり、そんな朝は庭も霜で真っ白になります。



a0208116_19846.jpg


ヘザーも銀色に。



a0208116_199084.jpg


ヒメコクリュウ(Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens')の黒い葉も、
白く縁取られて、渋さを増しています。



a0208116_1994314.jpg


Sarcococca(スィート・ボックス)に蕾が付き始めています。
もうすぐ冷たい空気の中に甘い香りを振りまいてくれることでしょう。



a0208116_19104296.jpg


残っているカシワバアジサイの葉にも。



a0208116_19111340.jpg


ヒュウーケラのフリルの縁取りや、



a0208116_19122239.jpg


イカリソウの縁にもグレーズがかかって。



a0208116_19125287.jpg


ロンドンプライドのロゼットが、砂糖菓子に見えなくもありません。



a0208116_19133264.jpg


芝生でさえもこうして見ると、なかなかいい感じです。




お昼になる頃には消えてしまう、
つかのまのちょっぴり幻想的な植物たちです。

フロストのかかったこんな庭もまたいいものですね。



[PR]

by lapisland2 | 2014-01-22 19:18 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)