散歩道の植物 3.     (日本から)



a0208116_17531669.jpg




いつのまにか屋久島ツツジや平戸ツツジも最盛期を過ぎ、
散歩道ではナニワイバラが溢れんばかりに咲き誇っています。


a0208116_17542610.jpg



バラと言うよりは、
ツバキと言った方が似合いそうな純白の大きな花が、
5月の太陽に向かって一斉に開いているのは、
本当に見事です。


a0208116_1755625.jpg



この元気一杯のナニワイバラは、
日本の南部では野生化して野良に咲き乱れ、
北米南部でも道端に広がっているのをよく見かけましたが、
どうやらイギリスの気候には合わないらしく、
大きな庭園でもついぞ見かけたことがありません。
(Sissinghurst Castle Gardenで
似たようなバラを見たことはあるのですが、
それが果たしてナニワイバラなのかどうかははっきりしませんでした。)


a0208116_17563371.jpg



拙庭にある日本から持ち帰ったナニワイバラは、
植えてから十年以上になりますが、
消えはしないものの、いまだに花を付けたことは一度もありません。

いつの日か純白の花を咲かせてくれる日を待ちながら。。。



a0208116_1757923.jpg





学名: Rosa laevigata
英名: Cherokee Rose
和名: ナニワイバラ(難波茨)


[PR]

by lapisland2 | 2013-05-08 18:03 | 散歩道の植物たち | Trackback | Comments(2)