初冬に輝く黄金の花



a0208116_4335082.jpg



このありふれたシュラブに「初冬に輝く黄金の花」なんて、
たいそうなタイトルを付けましたが、
これももっと見直されてもいいプランツではないかしらと思います。

イギリスの古い庭園には必ずと言っていいくらいに植えられていますが、
一般家庭の庭では、流行遅れのプランツだとみなされているのか、
年配の人の住む家の庭でたまに見かけるくらいでしょうか。

日本では和風の家の玄関先や街角に植えられて、
その存在に気づく人もいないようなありふれたプランツですよね。



a0208116_4345937.jpg



でも、花が少なくなる秋に咲き始め、年を越してもまだ咲き続ける黄色い花は、
暗いイギリスの冬の庭にお日さまに代わって輝く光を与えてくれます。

拙庭には10月の中旬から年明けにかけて花を付けるMahonia × media 'Charity'、
年が明けてから咲き始めるMahonia japonica、
そして春になってから咲き始める Mahonia aquifoliumと三種類のマホニアがありますが、
花のない時期も強靭で艶のある葉っぱには造形的な美しさがあると思うのは、
私だけなのでしょうか。

耐寒性が強く、場所を選ばず土を選ばず、鋭いギザギザの葉は害虫を寄せ付けず、
大きくなり過ぎたらばっさりと切リ詰めることもでき、
品種によっては見事な紅葉を見せてくれます。
花の少ない時期に虫や蜂に蜜を与え、黒紫のベリーは鳥たちの餌になり、
そして、冬の冷たい空気の中に甘い香りを漂わせます。
背の低いMahonia aquifoliumなどは、垣根に仕立てて泥棒除けにもなります。



a0208116_4355752.jpg



そして、この国でマホニアを育てて発見したもうひとつのボーナスは、
Blue titという小さな鳥がこの花の蜜を大好きだということ。
花が咲く頃には常に5・6羽が群れています。
寒くて凍えるような冬の日に窓の外を見ていると、
花や葉っぱが揺れている時は、必ずこの鳥たちが楽しげに蜜を吸っています。
小さな鳥がトゲトゲの葉っぱに飛び込んで行く姿は、
勇敢でもあり微笑ましくもあります。
他の大きい鳥にはきっと真似ができないことでしょうね。





学名: Mahonia × media 'Charity'
英名: Oregon grape 'Charity'
和名: ヒイラギナンテン(柊南天)




[追記]
Savill Gardenにはマホニアのナショナルコレクションがあり、
他では見られないような美しい葉っぱのマホニアも植わっています。
またいつか紹介できたらと思います。

[PR]

by lapisland2 | 2013-12-19 04:43 | Shrub | Trackback | Comments(10)