タグ:Lychinis chalcedonica ( 1 ) タグの人気記事

7月の庭から   1.


雨ばかりだった6月から一転して、
7月に入ってからは晴れる日も多くなりました。
そして、中旬過ぎにはミニヒートウェーブがやって来て、いきなりの猛暑!
植物たちは大急ぎで花を咲かせ、短い夏を謳歌しています。
雨の多かったあとの猛暑で、庭のジャングル化は例年よりもひどいようです。
そんな短い夏の庭から。





a0208116_03484211.jpg



7月に入ると、次々とユリの花が咲き始めます。
今年の一番乗りはリーガルリリー。


a0208116_03485887.jpg



続いて、小ぶりだけれどインパクトの強いキコマユリ。
葉っぱが細いこの2種は、
他の品種のユリよりもリリービートルの被害が大きいため
庭に上がる狭い階段途中に隔離していますが、
狭い階段なので、衣類に花粉が着いてしまうので、
フラワーアレンジの時のように、
花が開き始めたらすぐに雄しべの葯を取るようにしています。
(服に花粉が付くと、洗っても落ちないもので。。。)
蜂さん、ごめんなさい!


a0208116_03493399.jpg




葉色の濃さが増してきたブラックエルダー。
6月の雨のせいか、今年は葉っぱばかりが茂って花は少ないようです。
高さを調節するために花が終わる頃にいつも
伸びすぎた枝をバッサリ半分くらいに剪定しています。


a0208116_03495108.jpg


そしてラベンダーも満開に。


a0208116_03504475.jpg



昨年シュラブを刈り取ってできた場所に、
宿根草を何種類か植えましたが、
ルピナスの終わった後、この2種が咲き始めました。
Achillea 'Terracotta'は「テラコッタ」という名に惹かれて植えたのですが、
寝ぼけた色でがっかりです。


a0208116_17435109.jpg



後ろのLychinis chalcedonicaは、昔はコテージガーデン必須の植物でしたが、
今では古い庭園でたまに見かけるだけになっています。
私には懐かしい思い出のある花なので、
珍しく出回っているのを見つけて植えてみましたが、
色が思っていた赤とはちょっと違って残念。
(原産地はロシアなのに、和名はアメリカセンノウ)

a0208116_03505157.jpg



中旬になると、ここにダークレッドのヘメロカリスが加わって、
少し渋くて少し賑やかな色合わせになります。


a0208116_03520607.jpg





a0208116_03534184.jpg


下旬には派手なオレンジの八重が加わりますが、
スモークツリーの葉を背景にして、
日陰のせいか色がきつくないので、
まあいいかとそのままにしているうちに大株になってしまいました。


a0208116_03544622.jpg




そして小さなレモンイェローのヘメロカリスも。
日陰でひっそり咲くので、いつも写真を撮り損ねてしまいます。


a0208116_03553306.jpg



隙間を埋めるのは、アルカミラモリスやライムイエローの葉っぱのフューバーヒュー。
(残念ながら、飛ばした種からは普通の葉色のが生えてきます。)


a0208116_03554586.jpg




そして、半日蔭の隙間で元気に咲き続けてくれるNicotiana Limeも、
ここ数年定番の夏のプランツになっています。



[PR]

by lapisland2 | 2016-07-24 03:45 | 四季の庭 | Trackback | Comments(2)