「ほっ」と。キャンペーン

7月の庭から  1.


ウィンブルドンが始まる頃から、雨が多くなってきましたが、
それでもまだ晴れる日の多い今年の夏です。

庭では、例年よりも早く紫陽花が咲き始めていますし、
クレマティスも満開になっています。

もうしばらくの間、このほどほどによい天気が続いてくれることを祈るのみ。
私の住む地域はロンドンよりは2~3度低いので、20度前後の気温が続いています。
暑い日で25~6度、少し低めだと17度くらいでしょうか。
猛暑に耐えている日本の方には申し訳ないのですが、
暗くて長い冬のあとにやって来た短い夏ですから、
もうしばらくは爽やな季節を楽しませてほしいものです。



a0208116_19532163.jpg

ラベンダーも次々と咲き急ぎ、すでに半分は刈り取ってドライフラワーに、

あとの半分は蜂たちのために残しています。


a0208116_19540170.jpg

フレンチラベンダーは、私の所では寒い冬を越せないことが多いのですが、
面白い品種名に惹かれて買ったこの Lavandula Stoechas 'Fat Head'は 
比較的暖かかった冬を越えて、大きく育ってくれました。



a0208116_19574792.jpg

リリービートルの襲撃に耐えながら、
今年もキコマユリが可憐な花をたくさん咲かせてくれました♪




a0208116_19543115.jpg

いつも元気なデュランディClematis x durandiiは、
アーチの上で、空に向かって花を開いています。



a0208116_19550458.jpg

かなりの日陰でも、長い間次々と花をつけてくれる'Fukuzono'は、ありがたい存在です。
(実際の色は、もっと濃い青紫色です)

デュランディもフクゾノも茎が長くてしっかりしているので、
夏の切花としてブーケに混ぜても楽しめます。



a0208116_19561323.jpg

背が低いので、グランドカバーにぴったりのこちらでは定番のヒペリカムですが、

日陰でも元気いっぱいなのはうれしいのですが、
放っておくと広がってしまうので、時々整理が必要になります。

学名: Hypericum calycinum
英名: Rose of Sharon



a0208116_20000736.jpg

アストランティアも咲き始めています。


a0208116_20003720.jpg
ジェラニウムロザンネイは6月から咲き始めていますが、
これから秋まで長い間咲き続けてくれることでしょう。


a0208116_20013147.jpg

うちでは夏の定番のエリンジウムのひとつですが、
春から雨が少なかったせいか、例年より元気がいいようです。

学名: Eryngium giganteum




いつものように、のんびりしたブログの更新なので植物たちに追いつかず、
そろそろ庭はジャングル状態になりつつあります。


[PR]

by lapisland2 | 2014-07-13 20:12 | 四季の庭 | Trackback | Comments(8)

ラベンダーを待ちながら





a0208116_04273303.jpg



ラベンダーは、小さなつぼみが上がってから、
花開くまでの長い長い待ち時間が何よりも楽しみです。

庭に出る度に、少しずつ強くなる香りを感じながら、
まだかしら、まだかしら。。。






a0208116_06530352.jpg




そして、あまりに長い間待ち過ぎて、
毎年切るタイミングを逃してしまいます。



[PR]

by lapisland2 | 2014-06-18 04:29 | Shrub | Trackback | Comments(2)

イングリッシュ・ラベンダー



a0208116_17464843.jpg



大好きなイングリッシュ・ラベンダーも、
今年はいつもより1ヶ月近く遅いようです。


a0208116_17474090.jpg



ドライフラワーにするには、
これくらいで切るといいのですが・・・
それがなかなかできないで迷っているうちに、
いつも開き切ってしまいます。

雨続きで、どのラベンダーも形が乱れに乱れています。
今年はそれを理由に、早めに刈り取ってしまった方がいいかもしれませんね。



[PR]

by lapisland2 | 2012-07-14 17:51 | Shrub | Trackback | Comments(2)

イングリッシュそして、フレンチ


a0208116_6451720.jpg


地植えで冬を越してくれるイングリッシュ・ラベンダーは
イギリスの地に向いているラベンダーですが、
冬越しが難しいと分かってはいても、
羽の生えたフレンチ・ラベンダーも諦めきれないので、
毎年いくつかは鉢植えで育てています。
花がら摘みを怠らなければ、夏の間ずっと咲き続けてくれます。

a0208116_6461479.jpg


イングリッシュ・ラベンダーの方は、
もうすっかり開き切ってしまいました。

a0208116_647844.jpg


ハチのためには、開き切ってしまうまで残しておきたいし、
ドライフラワーやポプリにするには蕾の間に切らなくてはいけないし・・・と、
毎年ためらっている間に、咲き進んでしまいます。


[PR]

by lapisland2 | 2011-07-12 06:50 | Shrub | Trackback | Comments(2)

ラベンダーの香り ♪



ラベンダーの香る季節になりました。

こちらに来てから、いろいろなラベンダーを育ててきましたが、
イギリスの気候に合うのは、派手なフレンチラベンダーではなく、
やはりイングリッシュラベンダーだということに落ち着きました。
なかでも、’Hidcote'という品種が、平凡ではあるけれど香りが
いいし、耐寒性もあるので一番のお気に入りです。


a0208116_7321679.jpg



写真のラベンダーは、最も古株で、たぶん15年以上になると思います。
風雪に耐えて、根元は曲がりくねっていますが、毎年たくさん花をつけてくれます。


a0208116_7325815.jpg



ドライフラワーやポプリにしたり、お風呂に入れたり、
たまにはお料理にも使っていますが、
ラベンダーの爽やかな香りは、心も爽やかにしてくれますね。



学名  Lavandula angustifolia 'Hidcote'
英名  English Lavender
和名:  オカムラサキ(丘紫)、らわんでる、真正ラベンダー、コモンラベンダー

[追記]
いずれが和名か別名か、はっきりしませんね。


[PR]

by lapisland2 | 2011-07-05 07:35 | Shrub | Trackback | Comments(0)