さわやかなイエロージャスミン




a0208116_04151737.jpg



今年は春以降例年よりもずっと暖かく晴れる日が多かったせいか、
鉢植えのイエロージャスミンが珍しくたくさん花をつけてくれました。
いつもはチラホラで終わってしまうので、うれしいボーナスです。
6月下旬ごろから咲き始めて、最盛期は過ぎましたが、まだ咲き続けています。

ロンドンの街中やウォールガーデンなどでは、
かなり大きな株になっているのを見かけることもありますが、
うちの周辺ではあまり見かけることがありません。
耐寒性はかなりあるようなのですが、
強風の吹く地域には合わないということなのかもしれません。
一つ一つは小さい花ですが、レモンイェローに近いくっきりとした黄色なので、
満開になると目を引きます。
香りは日向だともう少し濃厚なはずなのですが、
うちでは半日陰のせいかそれほど強くはなく、
そばを通り過ぎてからその存在を思い出すと言ったところでしょうか。


a0208116_04164842.jpg



原産地はアフガニスタン、パキスタン、ネパール、ミャンマー、ヒマラヤ、
中国中部から南西部、チベットなど広範囲に広がるようなので、
暑さにも寒さにも強いということになるのでしょうが、
うちでは Jasminum Officinaleほど耐寒性はないように思います。
旅先のシシリー島やギリシャなどでよく見かけましたので、
Italian jasmineと呼ばれる別名にも納得です。



a0208116_04160481.jpg


場所があればシュラブとして育てると、
ゆるやかに垂れ下がる枝がなかなかいい姿なのですが、
場所の限られる拙庭では塀に添わせてクライマーにしています。
大きさは縦横共に1.5-2.5mくらいですが、
花後の剪定で大きさは適当にセーブできます。
暖地では常緑のようですが、うちでは冬場はほぼ葉を落としてしまいます。



学名:Jasminum humile 'Revolutum'    AGM
英名:Italian jasmine  yellow jasmine
和名:キソケイ(黄素馨)
   流通名:イエロージャスミン、ヒマラヤジャスミン




[追記]

ちなみに、日本でよく見かけるカロライナジャスミンは全く別物です。
(カロライナジャスミンは、マチン科のプランツで、
別名イエロージャスミンと呼ばれますが、
モクセイ科のジャスミンJasminum humile とは別物です。
カロライナジャスミンはジャスミンのような香りがあり、花も似ていますが、
全草が有毒で、口にすると目まいや、呼吸機能の低下などの中毒症状を呈し、
死に至ることもあるので、
くれぐれもジャスミンティーなどにして飲まないように気を付けてください。)

カロライナジャスミンの毒性の詳細についてはこちらを参照→


[PR]

by lapisland2 | 2017-07-27 21:06 | Climber | Trackback | Comments(4)

この冬最初のウィンタージャスミン




今週に入ってから氷点下の気温が続き、数日前には金平糖大のヒョウが降りました。
スコットランドではすでに雪が降り、うちの周辺でも霜の降りる日が多くなっています。

木々も落葉を急ぎ、いよいよ冬の到来のようです。
そして、ヒョウの降った日に、この冬初めてのwagtailが庭に姿を見せてくれました。
これからの長くて暗い冬の日々を慰めてくれる冬の鳥たち。
遠くシベリアやスカンジナビアから渡って来る鳥たちもいます。
葉を落とした樹木や花たちは、たっぷりとコンポストの布団を被って休息の季節になりますが、
代わりに庭は鳥たちで賑わうようになります。

植物たちの世話人は、鳥たちの世話人に早代わりです。





a0208116_541260.jpg


庭ではウィンタージャスミンがひっそりと可愛い顔を見せました。


[PR]

by lapisland2 | 2013-11-24 05:07 | Climber | Trackback | Comments(2)

鉛色の空に映えるウィンタージャスミン


今日も冷え込んで、小雪が舞う一日でした。

そんな中でも元気に黄色い花をいっぱい咲かせているのが、
ウィンタージャスミンです。
2cmにも満たない小さな花ですが、
鮮やかな黄色い色は暗い冬の庭で目に沁みます。
寒さに縮こまりながら道を急いでいても、
垣根を覆うように咲くこの黄色い花を見かけると、
なんだか元気をもらったような気分になります。


a0208116_20383958.jpg


(あまりに眩しい色なので、
たまの晴れ間に写真を撮ろうとすると、
光を跳ね返してしまってうまく写ってくれませんね。)


初夏に咲くジャスミンのような香りがないのは残念ですが、
12月から3月まで休むことなく
次々と花を付けてくれる貴重な花です。

たとえ雪に埋もれてしまっても、
寒さで凍り付いてしまっても、
雪が溶けてしばらくするとまた花を付けてくれます。

原産地の中国では「迎春花」と呼ばれるそうですが、
ちょうど旧正月を迎える頃に咲くこの花は
中国の人々にも春遠からじと希望を与えてくれる花なのでしょう。

ちっぽけなこの花に心和む気持ちは、
温暖な地域に住む人たちには
とうていわかってはもらえないでしょうね。



学名: Jasminum  nudiflorum    AGM
英名: Winter jasmine
和名: オウバイ(黄梅)


a0208116_20405545.jpg


塀や垣根に這わせることが多く、
3mx3m位まで広がりますが、
剪定によって大きさを調整できます。

葉のない長い枝に次々と花を咲かせ、
花が終わったあとに葉が出てきます。
前年に伸びた枝に花が付くので、
咲き終わったらすぐに剪定をしておくと
新芽が伸びて翌年咲く花の準備ができますので、
毎年の剪定は欠かせません。

挿し木か根伏せで簡単に増やすことができます。
長く伸びて地面に着いた所から根が出てきますので、
伸びた枝を地面に誘引してU型ピンで留めておくと、
簡単に新株を作ることができます。



[PR]

by lapisland2 | 2013-02-24 20:45 | Climber | Trackback | Comments(2)

ジャスミンの香り




a0208116_2375654.jpg


初夏から晩夏まで咲き続けてくれて、そして香りのいい花というと、
なんと言ってもジャスミンですね。

フェンスのこの部分には、3種類のジャスミンが絡まっていますが、
夏の間に咲くのは2種類。
Jasminum officinale 'Grandiflorum'と、その斑入りです。

a0208116_2384481.jpg


このJasminum officinaleも、耐寒性がもう一つなので、
今年の冬のように寒さが厳しいと、
春になってもなかなか新芽を出してくれず、
少々気をもみました。
そのせいか、今年は例年と比べると少し花付きがよくないようです。

斑入りのものは、花が咲くと少し賑やか過ぎる感じになりますが、
花のない時期には、葉っぱが鮮やかな色なので、
暗くなりがちな北側のフェンスを明るくしてくれます。
冬になって葉を落とした後も、
黄色い茎が色鮮やかなまま残ってくれます。

繊細な香りですが、夕暮れに庭に出ると、
特に香りが濃厚に感じられます。

a0208116_2434270.jpg



学名  Jasminum officinale
英名  Common Jasmine

[PR]

by lapisland2 | 2011-08-03 02:44 | Climber | Trackback | Comments(0)