「ほっ」と。キャンペーン

7月の庭から   2.



a0208116_16282794.jpg



いつもより早めに咲き始めたダークレッドのユリ(名前失念)ですが、
いきなりやって来たヒートウェーブのせいで急ぎ足で散って行きました。



a0208116_16294869.jpg




夏のクレマティスも次々と咲き始めています。
これは勢力旺盛極まりないFukuzono。
他のクレマを制覇して、アーチの上まで駆け上っています。


a0208116_16301940.jpg



このClematis Arctic Queen は、
ドジな私が一重のSnow Queenと間違えて注文してしまったものですが、
植え場所が他のプランツの後ろで全くの日陰になってしまうので、
ちっとも大きくならずポツリポツリとしか花をつけてくれません。
本来ならば5・6月に花を付けますが、
今年は7月になってから咲き始めています。
葉っぱはS&Sにやられてボロボロ状態で、
大きな印象的な花でありながら、なんとも可愛そうなクレマです。



a0208116_16303830.jpg



a0208116_16311678.jpg


Beautyberry(Callicarpa bodinieri var. giraldii 'Profusion')の
花が咲いています。
小さく目立たない花ですが、秋の紅葉と、
そのあとのBeautyberryの名に恥じない鮮やかな紫色の実が今から楽しみです。
場所がないので鉢植えにしていますが、
水やりをしてもすぐに水切れするようになってきたので、
この冬か、来春には植え替えが必要なようです。


a0208116_16315387.jpg



今年はヴァレリアンの白花が元気がよくて、
6月からずっと咲き続けていますが、
この写真ではすでに二番花が咲き始めています。
ヴァレリアンとフランネルソウに囲まれて、
ネペタが息も絶え絶えになっています。

a0208116_16331261.jpg



離れて見ると殆ど印象に残らないような地味な花ですが、
こうしてクローズアップしてみると、なかなか味があります。


a0208116_16334014.jpg



以前は結構多くのフューケラを植えていましたが、
ここ数年少しずつ数を減らしています。
品種名失念のこの品種は、植え場所によって様々な色合いに変わるので、
これ一つでいろんな表情を楽しめます。


a0208116_16340663.jpg



庭のあちらこちらから勝手に生えてくるこのケシの花は、
こちらではオピウムポピーOpium Poppy(Papaver somniferum)と呼ばれていますが、
日本では法律(あへん法)で栽培を禁止されている花ですので、
海外で手に入れて持ち帰り、植えたりはしないように気を付けて下さい。
英国ではまったく問題にならず、道端にも生えています。
一重や八重、さまざまな色のがあって、
花後のケシ坊主がなかなか可愛いのですが、これが問題なんですなぁ。


a0208116_16344713.jpg



アジサイの花も次々と咲き始めています。
鉢植えの白花は、今年もたくさんの花をつけてくれました。



a0208116_16345308.jpg



ウズアジサイはあまりにも大きくなり過ぎたので、
春にばっさり強剪定をしたせいもあり、
蕾の付き始めるのも遅く、今年は花も少なそうです。


a0208116_16345946.jpg



八重のカシワバアジサイも春にかなりの強剪定をしましたが、
雨の多かった6月が幸いしたのか、例年より早く咲き始めました。
一重のカシワバアジサイを強剪定して枯らしてしまったことがあるので、
恐々の剪定でしたが、例年と変わらず花付きもよくホッとしています。


a0208116_16415049.jpg



数年前に植え替えした鉢植えのアガパンサスは、
葉っぱは元気に茂っているのですが、
まだ根っこがぎゅうぎゅうに詰まっていないのか、
今年もたったの二輪だけです。

[PR]

by lapisland2 | 2016-07-29 16:26 | 四季の庭 | Trackback | Comments(4)

遅まきながら、8月の庭から   2.



今年の日本の夏は暑かったり寒かったり、台風や土砂崩れの災害などで大変でしたね。
こちらは例年になくいいお天気が続いた夏でしたが、
それも8月の中旬で終わってしまい、
そのあとは急激な冷え込みが来て、雨の多い天候に戻っています。
天気予報の時間には「Autumn in August」と言う表現が出たくらいです。

数日前に庭で久しぶりに鳥のさえずりを聞きました。
どうやら子供たちよりも先に鳥たちの夏休みは終わったようです。
9月になって鳥たちのさえずりが高らかになる頃には、
イギリスの庭はすっかり秋になっていることでしょう。

8月が終わってしまう前に、庭の様子をもう少し。




a0208116_18170986.jpg



a0208116_18174598.jpg

奔放に暴れるジャパニーズアネモネは、2m以上の背高ノッポです。



a0208116_18182925.jpg

お天気のよかった頃から咲き始めたアストランティアは今三番花が咲いています。



a0208116_18190946.jpg


a0208116_18343367.jpg

今年もルリタマアザミが元気にブルーの花を咲かせてくれました。



a0208116_18210351.jpg

定番のアスターも長い間咲き続けています。
Eurybia divaricata

a0208116_18213223.jpg

クレマティス プリンセスダイアナは植え替えをしたせいか、
今年は花が少ないのですが、その分長い間咲き続けているようです。
(かなりピンボケ)



a0208116_18245428.jpg

今年は昨年からの雨続きのせいで、ガクアジサイも少しラベンダー色が掛かっています。



a0208116_18253044.jpg

ところが、この前蕾の開きかけの写真を貼ったこちらのアジサイは、



a0208116_18261395.jpg

開いてしまうと相変わらずの目をむくようなド・ピンクです。ギョッ。




a0208116_18265635.jpg



ハイペリカムの実がすっかり黒くなるのももうすぐのことでしょう。




[PR]

by lapisland2 | 2014-08-30 18:37 | 四季の庭 | Trackback | Comments(22)

アジサイの季節




今年は冬からずっと暖かい日が続いたせいか、
6月の中頃からアジサイの花が咲き始めました。
例年よりも1ヶ月以上早い開花です。

日本では紫陽花は6・7月の花で、梅雨の最中に爽やかな美しい色を見せてくれますが、
日本の暖地に比べると1ヶ月ほど花の遅れるイギリスでは
どちらかというと夏から初秋にかけての花になります。

アジサイは故郷の市花でもあり、子供の頃から親しんだ懐かしい花ですが、
残念ながら石灰岩の多いイギリスの地に咲くアジサイは、
日本のようにブルーの花は少なく、ピンクの濃淡や濃い赤系統の色になります。
たまにスコットランドなどの旅先でブルーのアジサイに出会った時には、
同行の英国人に不審に思われるくらいに感動の声をあげるほどです。

また、車で南西部を旅して西に走っていくと、
突如としてアジサイの花色がピンクからブルーに変わる地域があり、
ああ、コーンウォールに近づいて来たなとわかるような面白い体験もあります。

思い出の中にあるような青い紫陽花の花を咲かせるために、
こちらに来てから随分長い間、あらゆる苦労(!)を重ねてきました。
青い花が咲く品種の紫陽花をいったい何鉢買ったことでしょう!
(売られている鉢植えのアジサイは薬品処理で青い色にしてありますので、
翌年からの花はピンクに変わってしまうのですが・・・
わかっていながら、ついついきれいな青い色に惹かれて買ってしまっては、
あとでがっかりするのを何回繰り返したことか。。。)

水遣りはすべて溜めて置いた雨水を使い、
培養土は、酸性土好みの植物用に作られているエリカシアス・コンポストを、
年に一度は花色をブルーにしてくれると言う魔法の薬をふりかけて・・・、
いかに手立てを講じても、
紫陽花の花は頑固にピンクの色を保っています。

今では、ピンクや赤のアジサイも、
それはそれでいいじゃないかとすっかり諦めの境地に至りました。
それに、白い花ならば、土に関わらず白い花を咲かせてくれますものね。




と言うことで、まずは白いアジサイから。


a0208116_19372942.jpg



a0208116_03263267.jpg



a0208116_03273367.jpg

これは友人宅のアジサイから挿し木をとったもので、今年が始めての開花になります♪
自分で種まきや挿し木から育てて、
初めて花が咲いた時のうれしさは何ものにも代え難いものがありますね。

Hydrangea macrophylla  'Madame Emile Mouillere'  (たぶん)





a0208116_03281795.jpg

これくらいで止まってくれれば、ピンクの花も可愛いのですが・・・。





a0208116_03284835.jpg

日本で人気のあるアナベルは、
残念ながら日陰で雨の多いうちの庭には合わないアジサイです。
これくらいの時はいいのですが、
大きくなると細い茎は大きな花を支えきれず、四方八方にだらしなく広がって、
見苦しい姿になってしまいます。

Hydrangea arborescens 'Annabelle'





a0208116_03292287.jpg



a0208116_03295874.jpg

これは比較的新しい品種ではないかしらと思いますが、
花のない時期も、黒紫色の茎はなかなか渋い感じです。





a0208116_03341310.jpg



a0208116_03344789.jpg



a0208116_03354900.jpg

そして、ウズアジサイは雨ばかりの秋や冬を越したせいか、
ピンクに少しブルーが掛かった微妙な色になっています。
でも、暑さが続いていますので、雨水だけでは足りなくて、
水道水を与えていますので、もうすぐピンクに戻ることでしょう。

大きくなり過ぎたので、春にばっさりと株の三分の一を伐採しました。

ウズアジサイの詳細については→



カシワバアジサイも今年は例年よりも早くから花を付けていますが、
それはまたの日に。


[PR]

by lapisland2 | 2014-07-20 03:43 | Shrub | Trackback | Comments(4)

秋色のカシワバアジサイ


庭では、白樺やノルウェーメープルの葉が落葉し始めています。
長い間楽しませてくれた柏葉アジサイも少しずつ色づいて、
秋色になってきています。


a0208116_3333187.jpg



a0208116_334836.jpg



a0208116_3345614.jpg



a0208116_3353990.jpg



a0208116_3405626.jpg



半日陰なので、日向ほどいい色にはなりませんが、
葉色も少しずつコパー色に変化しています。


a0208116_3425889.jpg



a0208116_3434745.jpg





今年はどういうわけか、
一重の方は9月中旬ごろにはすでに枯れ色になってしまいました。

[PR]

by lapisland2 | 2013-10-07 03:47 | Shrub | Trackback | Comments(4)

イギリスのウズアジサイは「おたふく」ならぬ「おかめ」さん



日本で見るウズアジサイは、そのほとんどがきれいな水色ですが、
悲しいかな、石灰岩の多いイギリスの地では一部の地域を除いて
ピンク色になります。


a0208116_40976.jpg



これはウズアジサイに限ったことではなく、すべてのアジサイに言えることで、
土の含む石灰の濃度によって、淡いピンクからショッキングな濃いピンクまで、
アジサイと言えば、白を除くとすべてピンクのオンパレードです。
ガーデンセンターやナーサリーで目の覚めるようなきれいなブルーのアジサイを購入しても、
それは酸性土に植えてあるか薬剤処理をしてブルーになっているだけなので、
ひと夏を越すとピンクに変わってしまいます。


a0208116_411477.jpg



なんとかブルーのアジサイを咲かせようと、
こちらに来てから苦節十数年、おそらく数十株のアジサイを買い込み、
あれやらこれやらやってみましたが、今は諦めの境地です。
庭にはできる限りピンクの花を植えたくないと思っているのに、
夏になると大きな「どピンク」のアジサイがボコボコ出現してしまいます。



a0208116_421619.jpg



このウズアジサイに関しては、
普通のモップヘッドのように目立ちすぎる花ではないので、
ピンクでも許容範囲に入るかなと思うようになりました。
と言うよりは、見慣れてしまったのかもしれませんね。




ウズアジサイは江戸時代に作出されたと言われる園芸品種のアジサイで、
別名「オタフクアジサイ」とも呼ばれています。
丸みのある装飾花が、渦を巻くように咲くことがウズアジサイの名前の由来のようですが、
萼片がスプーンやお皿の縁のように巻き上がっているのが特徴ですね。
(面白いのは日本では皿状と表現し、英語では カップとかスプーンと言う表現をします。)       
日本では 通常はブルーの花が咲きますが、
中性土で育てたピンク色の花は 「おかめ」とか「梅花咲き」と呼ばれて、
昔から愛好されてきたとのことです。

それでは、決してブルーにはならないうちのウズアジサイは、
差し詰め「おかめさん」というわけですね。





ところが、なぜか今年は異変が起こりました!
なぜか淡い水色の花が咲いたのです。


a0208116_431817.jpg


春から初夏にかけての異常な雨量が、
土のアルカリ性を薄めてしまったせいではないかしらと思います。


a0208116_441621.jpg






残念ながら、夢にまで見た水色のウズアジサイはつかの間のこと。
9月になってからの花は淡いピンク色に戻ってしまいました。


a0208116_452731.jpg





さて、来年はどんな色になることやら・・・。
再び水色の花が咲く可能性も無きにしも非ず。
ちょっと楽しみになってきました。





学名:Hydrangea macrophylla 'Ayesha'
英名: Hydrangea 'Ayesha'
和名:ウズアジサイ(渦紫陽花) 別名:オタフクアジサイ(お多福紫陽花)





[追記]

*ウズアジサイの花期は、日本では5~6月ですが、
こちらでは8~9月になります。

*アジサイの葉は皮膚炎を起こすことがあるので注意。

[PR]

by lapisland2 | 2013-09-17 04:11 | Shrub | Trackback | Comments(11)