タグ:Daddy- long-legs ( 1 ) タグの人気記事

9月のWildlife



9月は夏の名残りと秋の訪れが交差する月ですが、
今年は異変が起こり、9月に入ってからも毎週のように熱波がやって来て、
今日もケントでは34.4℃を記録、うちの周辺やヒースロー周辺でも33℃と、
1911年以来という暑い9月が続いています。
そんな天候のせいなのか、毎年9月に出現するDaddy- long-legs(ガガンボ、カトンボ)の数が
例年に比べると随分多いように思います。
庭では勢いを失った夏の花たちに変わって、
蝶や蜂たちはアスターやジャパニーズアネモネ、そして咲き始めたアイビーの花に群がっています。
暑いとは言え、少しずつ日が短くなるのを感じる9月は、
鳥たちの移動の入れ替わりなどWildlifeの観察にはとても興味深い月になります。



a0208116_04183735.jpg
            (Daddy Longlegの画像はwildlifetrusts.comから拝借)




◎8月下旬から鳥たちが庭に戻って来ているのと、
 日が短くなり気温が下がってくるに従って、
 北からの渡り鳥の数も増えて来るので餌の補給に気をつける

 冬に備えてのこの時期は高エネルギーの餌を用意する

(ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
 ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、キャットフード、
 フルーツケーキやナッツケーキ(ドライフルーツやナッツをラードで固めたもの)、
 ビスケットやケーキの残り、ラードやfat ball、mealworm など)

 *ピーナツはそのまま与えると喉に詰めて死ぬことがあるので、
  必ずワイヤーネットのピーナツ用のバードフィーダーに入れて与えること

 *カタツムリを集めて置いておくと、Song thrushやヘジホグなどの餌になる

*鳥の種類によって好物が違うので、
  多種類の餌を用意すると多種類の鳥が来てくれるようになる。

 *木の上で餌をとる鳥もいれば、地面で餌をとる鳥もいるので、
  地面に置くバードフィーダーも忘れないように!

  ハンギングフィーダー・・・ tit 、 finch
  バードテーブル・・・・・・ robin、 chaffinch、 sparrow   
  地面・・・・・・・・・・・ blackbird,
thrush
 
◎ヘジホグ(ハリネズミ)も冬眠までに栄養補給が必要なので、餌を準備する

(キャットフードやドッグフードなど+水)

*ミルクは与えないこと!

◎バードフィーダーやバードテーブルの定期的な掃除を忘れないように!

 (オーガニックのクリーナが売られているので、まずそれをスプレーしたあと
ブラシで擦り、そのあと水で洗い流してから乾燥させる)

 *不潔なバードフィーダーから、鳥の間に感染病が広がることも多い。

 *サルモネラやE.coliなどの人への感染を防ぐためにも、
  餌やりや掃除のあとには必ず手洗いを決行すること!!!

◎落ちたリンゴやペアなどをすべて片付けずに、
 
thrushや小動物、アシナガバチなどのために少し残しておく

◎水の補給も忘れずに!

 鳥を庭に呼びたいなら、
 餌台の設置だけでなく、水飲み場兼水浴び場を作ること!

 常にバードバスや水飲み場をきれいにして、毎日新しい水に取り替える

◎庭や畑の一部に、小動物や虫たちのために丸太や小枝を積んだり、
 草を刈らない場所を作る

◎ヘジホグのために冬眠場所を作ってやる



 ☆庭も畑も雑草1本生えないようにきれいにするのは自然に反することだとみなして、
 「ぐうたらガーデナー」に徹することにしよう!





[PR]

by lapisland2 | 2016-09-13 16:14 | 今月のWildlife | Trackback | Comments(2)