4月の庭から



今年の春は、例年よりもずっと早く温かくなり、晴れる日も多かったので、
すべての花木がいつもより半月から一カ月近くも早く芽吹いたり、花をつけたりしましたが、
下旬になるといきなり冬に逆戻りしたかのような寒さが戻って来て、
夜間は零度近くになる日も多く、霜が降りたり、ヒョウやミゾレが降ったり。
せっかく早く出発した植物たちも、すっかりやられてしまったものもあります。

遅まきながら、寒さにやられる前の庭の様子を少し。



a0208116_19352526.jpg


沈丁花も4月初めには咲き始めていました。



a0208116_19360853.jpg

同じ頃にスキミヤの花も満開に。
スキミヤは長い冬の間の蕾の姿が好きなのですが、
春に一気に開花すれば、またそれも良しです。


a0208116_19400640.jpg

今年はプリムラの仲間がとても元気で長い間咲いてくれましたが、
カウスリップもあちらこちらで。


a0208116_19403219.jpg

エリスロニウムもあちらこちらで花を付けましたが、
活動し始めたS&Sにすでに葉っぱを齧られています。
Erythronium 'Pagoda'


a0208116_19411339.jpg
スノーフレーク。
たぶん、Leucojum aestivum 'Gravetye Giant'



例年ならば5月上旬に咲き始める遅咲きの水仙たちも、4月中旬から咲き始めました。

a0208116_19420363.jpg

N.'Phesant'S Eye'
周りに咲いている青い花は野生のアルカネット。
こちらではどこにでも生えてくる邪魔な雑草で、春に抜いておかないと
1mくらいにまで伸びて広がり、大変なことになります。


a0208116_19450055.jpg

N.'Wiston Churchill'



a0208116_19454112.jpg


3月に咲き始めるサロメに似てはいますが、別の品種で、
長く咲いてくれるのでうれしい限りです。(名前失念)


a0208116_19463602.jpg


随分早くに芽を出したルナリアは、
日陰のせいか背が高くならないで花が咲き始めてしまいました。
Lunaria '
Alba Variegata '


a0208116_19514783.jpg



a0208116_19522466.jpg

ブルネラも満開になっていますが、
こちらでは雑草扱いのワスレナグサが庭を一時的に占領する時期と同じなので、
可愛いブルネラの花もあまり存在感がありません。
Brunnera macrophylla 'Jack Frost'


a0208116_19504837.jpg

ワスレナグサは満開を過ぎる頃にすべて引き抜いてしまいますが、
種まきをした白花の方はあまり増えてくれません。


a0208116_19501155.jpg

ジェラニウムも数種類が咲き始めています。
ダークな色のGeranium phaeumは、
白や淡いピンクなどキレイだけどぼやける色を引き締めてくれて、
でも主張はしないので、貴重な花です。


さて、遅霜やヒョウにやられた植物たちはサバイバルしてくれるのかどうか、
気になるところですが、まあこれも自然の思惑任せです。


[PR]

by lapisland2 | 2017-04-30 23:29 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)

葉っぱが印象的なブルネラ 'Jack Frost'



a0208116_8203957.jpg



ブルネラは、春にワスレナグサに似た可愛いブルーの花を一面につけますが、
葉っぱ好きの私としては、花よりも葉っぱが本命です。
花が咲いている時には目立たない小さな葉ですが、
花が終わる頃になるとハート型の大きな葉が展開し始め、
初夏から夏にかけて印象的な模様がくっきりと浮かび上がります。

残念ながら、そのきれいな頃には写真を撮っていないんですよね。
葉っぱが少し汚くなり始めてから慌てるという、いつものドジな性分ですが、
まあ、今ならまだなんとかセーフと言うことで。。。

暖地では常緑だと思いますが、うちでは冬は枯れてしまいます。


半日陰の樹木やシュラブの下でも、きれいな葉を広げて、
とてもいいグランドカバーになってくれます。


a0208116_8213510.jpg





学名:  Brunnera macrophylla 'Jack Frost'
英名:  Variegated Siberian Bugloss、
      Perennial Forget-me-not


[PR]

by lapisland2 | 2012-10-08 08:25 | Perennial | Trackback | Comments(0)