7月の庭から   2.



a0208116_16282794.jpg



いつもより早めに咲き始めたダークレッドのユリ(名前失念)ですが、
いきなりやって来たヒートウェーブのせいで急ぎ足で散って行きました。



a0208116_16294869.jpg




夏のクレマティスも次々と咲き始めています。
これは勢力旺盛極まりないFukuzono。
他のクレマを制覇して、アーチの上まで駆け上っています。


a0208116_16301940.jpg



このClematis Arctic Queen は、
ドジな私が一重のSnow Queenと間違えて注文してしまったものですが、
植え場所が他のプランツの後ろで全くの日陰になってしまうので、
ちっとも大きくならずポツリポツリとしか花をつけてくれません。
本来ならば5・6月に花を付けますが、
今年は7月になってから咲き始めています。
葉っぱはS&Sにやられてボロボロ状態で、
大きな印象的な花でありながら、なんとも可愛そうなクレマです。



a0208116_16303830.jpg



a0208116_16311678.jpg


Beautyberry(Callicarpa bodinieri var. giraldii 'Profusion')の
花が咲いています。
小さく目立たない花ですが、秋の紅葉と、
そのあとのBeautyberryの名に恥じない鮮やかな紫色の実が今から楽しみです。
場所がないので鉢植えにしていますが、
水やりをしてもすぐに水切れするようになってきたので、
この冬か、来春には植え替えが必要なようです。


a0208116_16315387.jpg



今年はヴァレリアンの白花が元気がよくて、
6月からずっと咲き続けていますが、
この写真ではすでに二番花が咲き始めています。
ヴァレリアンとフランネルソウに囲まれて、
ネペタが息も絶え絶えになっています。

a0208116_16331261.jpg



離れて見ると殆ど印象に残らないような地味な花ですが、
こうしてクローズアップしてみると、なかなか味があります。


a0208116_16334014.jpg



以前は結構多くのフューケラを植えていましたが、
ここ数年少しずつ数を減らしています。
品種名失念のこの品種は、植え場所によって様々な色合いに変わるので、
これ一つでいろんな表情を楽しめます。


a0208116_16340663.jpg



庭のあちらこちらから勝手に生えてくるこのケシの花は、
こちらではオピウムポピーOpium Poppy(Papaver somniferum)と呼ばれていますが、
日本では法律(あへん法)で栽培を禁止されている花ですので、
海外で手に入れて持ち帰り、植えたりはしないように気を付けて下さい。
英国ではまったく問題にならず、道端にも生えています。
一重や八重、さまざまな色のがあって、
花後のケシ坊主がなかなか可愛いのですが、これが問題なんですなぁ。


a0208116_16344713.jpg



アジサイの花も次々と咲き始めています。
鉢植えの白花は、今年もたくさんの花をつけてくれました。



a0208116_16345308.jpg



ウズアジサイはあまりにも大きくなり過ぎたので、
春にばっさり強剪定をしたせいもあり、
蕾の付き始めるのも遅く、今年は花も少なそうです。


a0208116_16345946.jpg



八重のカシワバアジサイも春にかなりの強剪定をしましたが、
雨の多かった6月が幸いしたのか、例年より早く咲き始めました。
一重のカシワバアジサイを強剪定して枯らしてしまったことがあるので、
恐々の剪定でしたが、例年と変わらず花付きもよくホッとしています。


a0208116_16415049.jpg



数年前に植え替えした鉢植えのアガパンサスは、
葉っぱは元気に茂っているのですが、
まだ根っこがぎゅうぎゅうに詰まっていないのか、
今年もたったの二輪だけです。

[PR]

by lapisland2 | 2016-07-29 16:26 | 四季の庭 | Trackback | Comments(4)

Very Very Berries 再び




1987年のGreat Stormに次ぐハリケーン並みの大嵐がイギリス南部を襲うとのことで、
週末はシュラブやクライマー、宿根草などの剪定やら
ガーデンファニチャーや風で飛びそうなものの片付けなどであたふたしておりました。

今回ラッキーだったのは、
たまたま先週樹木医さんに伸びすぎていた木を何本か剪定してもらったこと。
でも、狭い庭だと言うのに近所でも一番背の高い白樺の木があるので、
強風の吹く度に気になります。
白樺は根が浅いので強風には弱く、定期的に剪定をしてもらってはいますが、
最も風がきつかった月曜の夜明けごろ(たぶん70マイル近い強風)は、
2階の窓からひやひやしながら激しく揺れ動く白樺の木を眺めていました。

Great Stormの時には最高風速122マイルの強風により、
英国全土で約1500万本の樹木が倒れたとのことです。
最悪状態だった南東部では、ケント州の98%の樹木が消滅してしまったのだそうです。

今回も南部全体では、人身事故を含むかなりひどい被害が出ているようですが、
うちの周辺でも倒れた樹木がたくさんあったようで、
朝からチェーンソーの音が響いてきます。




そんなわけで、庭の花やベリーも嵐と共に終わりに近づいて来ました。
嵐の来る前に撮った庭のベリーをもう少し。


a0208116_17746.jpg


ムラサキシキブやコムラサキの親戚に当たるBeautyberryが
今年もたくさん綺麗なベリーをつけてくれました。
紅葉はこれからというところだったのですが、
残念ながら、嵐で葉の殆どが散ってしまいました。



a0208116_175017.jpg


Viburnum davidiiの実もブルーの色合いを増してきました。



a0208116_184427.jpg


今年はどうなったのかしらと思うほどたくさんのグレープが生って、
ブラックバードたちは毎日大宴会を開いています。
ブドウジュースかワインでも作れそうな気もするのですが・・・。



a0208116_193911.jpg


スキミヤの赤い実もたくさん。



a0208116_1102690.jpg


ヒペリカムの実も赤から黒に変化をして、葉っぱの紅葉も始まりました。



a0208116_1111223.jpg


今年は珍しくソロモンシールの実もたくさん残っています。




[PR]

by lapisland2 | 2013-10-30 01:17 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)

Very Very Berries



うっとうしい天候の続くイギリスですが、
雨上がりに庭に出ると、あちらこちらでベリーが色づいています。
花が少なくなって、だんだん寂しくなる秋の庭ですが、
さまざまな形や色のベリーを見つけるのは、小さな楽しみのひとつになります。


a0208116_1945286.jpg



a0208116_1953881.jpg


バラを植えないうちの庭にもバラがないわけではありません。
ただそれは、よれよれの花が咲いたり、ちょっと変わった葉っぱだったり、
花後のローズヒップのためだったりするのです。



a0208116_1962022.jpg

雨上がりのエルダーベリーはカラスの濡れ羽色。



a0208116_1971087.jpg

珍しく晴れた日に、剪定し損ねたスノーベリーが天まで届け~とばかりに背伸びをしています。



a0208116_1995276.jpg

夏の間いい香りの花をいっぱい付けてくれたハニーサクルにも、
透き通るようなルビー色の実が輝いています。



a0208116_19161637.jpg

マホニアの中には秋に実をつける種類もありますね。



a0208116_19181648.jpg

夏にはシルバーグレーだった葉っぱも、だんだんダークレッドに染まって来ました。
人には向かないグレープですが、鳥たちにはこれもご馳走になります。



a0208116_19191312.jpg

柵を覆うコトネアスターは、その名もCotoneaster horizontalis。
名前の示すようにまっすぐに駆け上るか、垂れ下がるか。



a0208116_19194868.jpg

そして日陰には、毒々しい色の鎌首を持ち上げているヤツもいます。


[PR]

by lapisland2 | 2013-10-22 19:30 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)

南天のつぼみふくらむ




鳥たちのコーラスが消えて、静かになった夏の庭では
風に騒ぐ竹の葉の音だけがサワサワと聞こえてきます。



a0208116_19351652.jpg



そんな頃になると、小さなジャパニーズ・パティオでは、
南天のつぼみが膨らみ始めます。
風のきつい庭では、花がたくさん咲いても実が赤くなるまでに殆ど落ちてしまって、
なかなか冬まで実が残ってくれないのが残念なのですけれど。


a0208116_19365110.jpg



[PR]

by lapisland2 | 2012-08-17 19:40 | Shrub | Trackback | Comments(4)

スキミアは、つぼみのうちが華なのよ



a0208116_20203779.jpg



西日本では、山に行けば普通に見られるミヤマシキミですが、
日本では庭に鑑賞のために植えるということは少ないですよね。

欧米では、赤い実や蕾・花、そして常緑の葉を観賞するために、
庭園や庭によく植えられます。
また小さい株は、冬の寄せ植えの材料としても人気があります。

ミヤマシキミの仲間は、こちらではスキミアと呼ばれていますが、
たぶん、shikimi が skimmia になったものと思われます。

a0208116_20515939.jpg


動物や鳥が食べないこともあって、
秋から冬の間ずっと真っ赤な実を付けてくれるので、
さびしくなる庭には、貴重なプランツです。

スキミアの殆どが 雌雄別株なので、
実をたくさんつけるためには雄株が必要になりますが、
'Rubella'  が使われることが多いようです。

a0208116_2022631.jpg


a0208116_2026081.jpg


'Rubella' は秋になると、ダークレッドの蕾を付けますが、
その粋で渋い蕾の色は、長くて暗いイギリスの冬を彩ってくれる
大切なシュラブのひとつです。
いつまでもつぼみのままでいてほしいくらいですが、
そうも行かず、春になると甘い香りのクリーム色の花を咲かせます。

もう一つ、冬の間ずっと蕾の色を楽しめるスキミア(雄株)には、
'Kew Green' があります。

a0208116_20242943.jpg


ライムグリーンの蕾は、
ダークレッドの 'Rubella'  と隣り合わせに植えると、
とてもいい組み合わせになります。

a0208116_20391599.jpg


スキミヤの仲間はヒマラヤから、東南アジア、東アジアにかけての原産ですが、
いずれも、日陰から半日陰を好み、
日向では葉が日焼けしてしまいます。
酸性土を好むので、
イギリス南東部の石灰質の土には合わないので、
鉢植えにした方が葉色もいいようです。
酸性土をたっぷり入れて、地植えにしたことも何回かありますが、
どうもうまくいかないようで、葉が落ちたり黄色くなってしまいます。

小さく保つには、花後に軽く剪定をします。
地植えで、植え場所がよくない時は、冬の間に植え替えるといいでしょう。

イギリスは雨が多いので、時々カイガラムシが付きますが、
ブラシでこすり落として石鹸水をスプレーしておけば、
問題はありません。
葉にはアルカロイドが含まれ、実も有毒なので、ご注意。


a0208116_2025234.jpg




学名  Skimmia japonica
英名  Skimmia
和名  ミヤマシキミ (深山樒)

ダークレッドの蕾のは
     Skimmia japonica 'Rubella'
ライムグリーンのは、
     Skimmia x confusa 'Kew Green'  


[PR]

by lapisland2 | 2012-01-22 20:53 | Shrub | Trackback | Comments(2)

有毒なのにおめでたいとは



日本の代表的なお正月の枝ものというと、
南天が上げられると思いますが、
こちらイギリスでは、切花としてはまったく出回りません。


a0208116_3165286.jpg



庭植えのプランツとしても、
一昔前には、ガーデンセンターで見かけることもまれで、
たまに見かけると、びっくりするほど高価でした。
でも、お正月の生け花や、お料理に添えるのに、どうしても南天がほしくて、
一株は15年ほど前に植えましたが、今では大株になっています。
保険のつもりで、もう一株を10年ほど前に植えましたが、
これもうまく定着してくれたようなので、
ここ数年は背の高くなりすぎた枝を順に切り詰めて、更新しています。

病害虫もなく、まったく手のかからないプランツですが、
雨の日が多い上に、年中強風の吹く地域なので、
花はたくさん咲いても結実しないことが多く、
実がついてもその殆どが風で吹き飛ばされてしまいます。
日本では、梅雨の時期に花が咲いて、雨を気にしていましたが、
こちらでは雨風共に気になって、袋を掛けたりはずしたり。

日本にいた頃は、ひよどりに食べられないように、
お正月用に取っておきたい何本かには、
秋になると袋を掛けていましたが、
幸いなことに、こちらの鳥たちはヒイラギの実の方が好みのようです。
おかげで、冬の間ずっと赤い実が残ってくれます。

実だけでなく、芽吹きの頃のダークレッドの新葉も、
古い葉のコパー色の紅葉も楽しむことができます。

a0208116_3204232.jpg


プランツ全体に hydrocyanic acid (青酸、正確にはシアン化水素) を含む
有毒植物だということなのに、
中国や日本ではおめでたい植物として扱われており、
日本では料理の飾りにも使われるのは、まったく腑に落ちませんが、
調べてみると、青酸を含んでいるにもかかわらず、
人には害がないとのことで、ほっと一安心です。
そして、実はアルカロイドを含むので、草食性動物やネコには有毒だけれど、
鳥には影響がないのだそうです。
欧米では、その毒性を生かして、
ウサギや鹿の侵入を防ぐために植えられることもあるようです。

a0208116_3193144.jpg


原産地は、ヒマラヤ以西の東アジアから日本にかけて。
イギリスには、1804年にスコットランド人の William Kerrによって紹介されましたが、
最初は耐寒性がわからないために、温室植物として栽培されたようです。

南天は USDAではゾーン4~10まで耐寒性ありとされており、
昨年の厳冬(-10℃以下)でも大丈夫でしたが、
実をたくさん付けるには、イギリスの気候は適していないようです。

ここ数年、グランドカバーや冬の間の鉢物として、
オタフクナンテンに人気が出てきました。
ちなみに、センリョウはこの国では地植えは無理なので、出回っておらず、
マンリョウは温室栽培になります。



学名:  Nandina domestica
英名:  Nandina 、Heavenly bamboo、Sacred bamboo
和名:  ナンテン(南天)


[PR]

by lapisland2 | 2012-01-13 03:31 | Shrub | Trackback | Comments(0)

冬の庭に輝くスノーベリー



スコットランドでは、
強風に続くブリザードで大きな被害が出たようですが、
南東部でもここ数日寒さが厳しくなり、
殆どの落葉樹は葉を落として、庭もさびしくなってきました。

a0208116_19351543.jpg


一昨日はこの冬初めてー3℃になりましたが、
スノーベリーは寒さにもめげず真っ白な実をつけています。
初秋から実を付け始めるスノーベリーですが、
もっと寒さが厳しくなって落葉したあとでも、
白い実は残ってくれるので、
冬の庭を明るくしてくれるだけでなく、
クリスマスやお正月のアレンジにも重宝しています。

a0208116_1936522.jpg


スノーベリーは15種類くらいあるそうですが、
中国原産(Symphoricarpos sinensis) の1種を除くと、
あとはすべて北米が原産地になります。
イギリスにも帰化植物として広がっているので、
南東部の野原でも、野生化しているのをよく見かけます。
(英国には1817年に入って来たとのこと。)

北米では動物や鳥の大切な食料源だとのことですが、
イギリスの鳥たちにはあまり人気がないようです。

a0208116_19393764.jpg


土を選ばず、日向でも日陰でも元気に育ちますが、
夏に目立たない小さな花をつけるだけなので、
実が付くまでは、奔放に伸びる葉っぱがちょっとうっとうしいなと思うのは、
こちらの勝手な思いです。
品種によっては、サッカー(ひこ栄え)がよく出るので、
それも気になるところです。

春先に、全体の三分の一ほどを剪定して、大きさを保ちます。



学名   Symphoricarpos albus var. laevigatus 
      (あるいはSymphoricarpos rivularis)
英名   Snowberry、 Waxberry 、 Ghostberry,
和名   セッコウボク(雪晃木)
      シラタマヒョウタンボク(白玉瓢箪木)
[PR]

by lapisland2 | 2011-12-12 19:43 | Shrub | Trackback | Comments(2)

黒い真珠 エルダーベリー

a0208116_1922396.jpg


初夏に淡いピンクの花をつけた黒いエルダー(西洋ニワトコ)は、
秋になって、黒い真珠のような実をつけました。

花はこちら→ 


夏中楽しんで飲んだエルダーフラワー・コーディールでしたが、
ベリーの方はエルダーベリー・ワインを作る前に、
鳥たちのご馳走になってしまいそうです。

a0208116_19231235.jpg


いっしょに写っているモナルダも、
すっかりくりくり坊主です。
そして、長い間楽しませてもらったダークな葉っぱも
あと少しを残すだけになりました。

植物たちが、最後の輝きを終えて、
長い冬の眠りに就くのももうすぐのようです。

[PR]

by lapisland2 | 2011-11-11 19:29 | Shrub | Trackback | Comments(0)

その名はBeautyberry


a0208116_22564674.jpg

日本のムラサキシキブやコムラサキを、
こちらで見かけることは少ないのですが、
代わりに Callicarpa bodinieri という、
長ったらしい名前の親戚筋が、秋の庭を彩ってくれます。
Callicarpa bodinieriという長い学名よりは、
Beautyberryという綺麗な通り名で呼ばれることが多いようです。

a0208116_22575373.jpg

Callicarpa bodinieriは、中国の西部から中部にかけての原産で、
こちらの庭で人気のあるのは 'Profusion'という園芸種で、
原種のものよりはコンパクトな枝振りが好まれるのでしょう。
学名や英名に含まれているbodinieriやbodinier というのは、
このシュラブをヨーロッパにもたらしたフランス人宣教師
Emile Marie Bodinier (1842-1901)の名に由来しています。
日本での栽培は少ないと聞いています。

大きな庭園で、紅葉とともに鮮やかな紫色の実を、
枝もたわわにつけているのを見かけることがありますが、
はっとするほどの艶やかさで、改めてBeautyberryの名を
思い出させてくれます。

a0208116_22584856.jpg


見事な実をたくさんつけるためには、
雌雄両種を数本まとめて植えなければならないので、
うちの狭い庭にはちょっと無理なシュラブですが、
秋の紅葉を見るためだけでもいいかしらと思っています。
でも、今年は思いがけず、結構な数の実をつけてくれました。

zone 6 ~8が最適らしいので、
うちの辺りではボーダーラインと言ったところでしょうか。
日当たりがよく、酸性で水はけのよい土を好むプランツなので、
鉢植えにして冬はコールドフレームに取り込むようにしています。
その年に出た新しい枝に花をつけるので、
春にばっさり剪定をして、大きさをキープできるので、
鉢植えにも適しているように思います。
(ちなみに、同居人はムラサキシキブを盆栽にしていますよ。)

a0208116_22594319.jpg

葉を落としたあとも、鮮やかな紫色の実はクリスマス頃まで
枝に残っているので、冬のアレンジに使うこともできます。
どうやら鳥には人気がないようで、
綺麗な実が長く残ってくれるのはうれしいことです。



学名  Callicarpa bodinieri var. giraldii 'Profusion'
英名  Bodinier's Beautyberry


[PR]

by lapisland2 | 2011-11-03 23:04 | Shrub | Trackback | Comments(4)

一粒で三度おいしいヒペリカム


同じ仲間のビョウヤナギやキンシバイは、きれいな大きい花を咲かせますが、
H.androsaemum は、目立たない小さな花をつけます。
(と言いながら、花の咲いている時の写真を撮ったことがないんですよねぇ。。。)


a0208116_7263226.jpg

お楽しみは花後のベリーで、
始めはちっちゃい黄色い実が、だんだんオレンジ色から真っ赤になり、
やがて秋が近づく頃には黒くなります。
a0208116_7271879.jpg

a0208116_7282499.jpg

そして、実が黒くなる頃には、
お天気にもよりますが、葉っぱもきれいな色に変化します。
a0208116_732514.jpg

ちなみに、日本では「ヒペリカム」ですが、
ここイギリスではハイペリカムと発音します。



学名  Hypericum androsaemum
英名  St. John's Wort 、Tutsan
和名  コボウズオトギリ (小坊主弟切)



[PR]

by lapisland2 | 2011-09-30 07:38 | Shrub | Trackback | Comments(0)