「ほっ」と。キャンペーン

Blenheim Palace Flower Show      2015



昨年の6月、オックスフォードに住む友人を訪ねた翌日の朝、
「今日からブレナム宮殿でフラワーショーが開かれるのだけれど、行ってみない?」という友人の誘いで、
久しぶりにブレナム宮殿に行って来ました。(たぶん10年ぶり)
二年前の医療ミスによる体調悪化で、まだ少ししか歩けないような状態の時でしたので、
広大な敷地を歩きまわるのはとても無理で、
フラワーショーもマーキーを一つ覗いただけで、殆ど写真も撮れませんでしたが、
チェルシーやハンプトンコートなどで顔馴染みのナーサリーの人達に出会って
おしゃべりしたりで、楽しいひと時になりました。

ブログに載せるほどのこともないのですが、
この時に性懲りもなくまた買い求めてしまったユリの球根が2年目になり、
今ちょうど庭で咲いていますので、
その繋がりで書いておくことにします。



a0208116_22300528.jpg


a0208116_22303609.jpg

宮殿の正面。


a0208116_22311971.jpg


a0208116_22313641.jpg


a0208116_22315863.jpg


広大な庭園の,これはほんの一部分。


フラワーショーの方はマーキーがいくつか立ち並び、
その外側にはガーデニング関係の店がずらりと並んでいましたが、
歩けないのですべて素通りで、お茶ばかりしていました。


a0208116_22505824.jpg



この日の開会セレモニーのゲストはMery Berryだったのですが、
お茶をしていたら隣の席にいきなりやって来て、
ローカルのテレビ局がインタビュー番組の収録を始めました。
写真撮っていいかと仕草で合図するとにっこりしながらOKしてくれたので、
番組の収録前にミーハーよろしく写真をパチリ。
(だって、Mery Berryはうちのすぐ近くに住んでいるので、
まあいわばご近所さんみたいなもので、
「お隣のお料理上手なおばあちゃま」というイメージなのです。)

そんなわけで覗いたマーキーは一つだけですが、
その中から展示の写真を少し。

a0208116_22322446.jpg


a0208116_22324085.jpg

このナーサリーのおじさんとは、
展示プランツのことではなく展示に使われていた苔の話ばかりしてきました。
とてもきれいな苔だったのでそれを褒めると、
どこから仕入れるのかとか、原価がいくらだとか、そんなことまで教えてくれましたよ。


a0208116_22332467.jpg



造形的な美しさに溢れるサボテンや多肉植物も好きなのですが、
これはもうハマるとコワイので、手を出さないことに決めていますが、
いくつか出ていたサボテンの展示の中でもここの展示はとてもきれいでした。

a0208116_22335264.jpg
Haworthia truncata


a0208116_22341506.jpg
Rebutia fiebrigii


a0208116_22345847.jpg


a0208116_22351297.jpg

アリウムの印象的な展示。
うしろにもアリウムの大きなパネルが貼られていて、
ちょっとうるさい感じではありましたが。


a0208116_22353455.jpg
涼しげなアガパンサスの展示。


a0208116_22355390.jpg
葉っぱだけでも美しいAgapanthus 'Silver Moon'。


a0208116_22361711.jpg


a0208116_22363365.jpg


a0208116_22370392.jpg


盆栽の展示。


a0208116_22374353.jpg
日本では珍しくもない蘭の展示も。


a0208116_22381245.jpg


a0208116_22384522.jpg

stone troughを使った Rock gardenの展示ですが、
実物は本当に色鮮やかできれいでしたよ。


a0208116_22390912.jpg



a0208116_22394929.jpg
モミジの専門ナーサリーの展示も数店出ていました。


一番多いのは多年草やシュラブ中心のナーサリー。
その中からいくつか。

a0208116_22410516.jpg


a0208116_22412227.jpg


a0208116_22415412.jpg

a0208116_22422287.jpg




[追記]

*Blenheim Palaceについては→
  (日本語ウィキペディア)→

*Mery Berryは、1935年生まれなので、今年81歳になる。
 パリのコルドンブルーで料理を学び、その後60年代から料理雑誌の編集などをし、
 70年代初めにはテレビの料理番組に出演するようになる。
 それ以来出演した料理番組は数知れず、出版した料理本は70冊以上に上る。
 そして、2010年に始まった「The Great British Bake Off」という
 アマチュアがケーキやパン作りを競う番組の審査員になり、
 その番組が国民的大人気番組になったことで、若い世代にも知られるようになった。
 それ以来「ベイキングの女王」と呼ばれることが多いが、
 ベイキングだけでなく、料理全般に関して豊富な知識と経験を持ち、
 彼女のレシピは間違いなく美味しい。
 彼女の作る料理は、典型的な家庭料理でありながら、
 ミシュランレストランのシェフたちからも一目置かれるスーパーおばあちゃんなのである。
 そして、彼女はガーデニングにも熱心で、彼女の素敵な庭が紹介されることも多く、
 数年前からはRHSのアンバセダーに選ばれて、
 様々なガーデニング関係のイヴェントにもゲストとして招かれることが多くなっている。

*この時購入したユリのその後はのちほど。

[PR]

by lapisland2 | 2016-08-14 22:20 | Garden Visit + | Trackback | Comments(2)

8月のWildlife



昨年は8月に入ってもまだ子育てをしている鳥たちがいましたが、
今年はあまりにも変わり易い天候のせいなのか、
殆どの鳥が大急ぎで7月中に子育てを終えて、ホリデーに出かけてしまったようです。
庭にやって来るのはブラックバードやチャフィンチ、ハウススパローなどだけに
なっていますので、先月までのように餌やりに忙しくはありませんが、
残っている鳥たちのためにも餌を切らさないようにしましょう。


a0208116_02171348.jpg
(首相官邸ダウニングストリートNo.10の前を悠々と通り抜ける ロンドン住民のキツネ君。             画像はAFPから拝借)




◎鳥やカエルやハチ、テントウムシなどいろんな生物が
 庭や菜園に来てくれるように、餌や巣の工夫をしてみよう。

 夏休みは子供たちと一緒にトライできるいい機会になる♪

◎樹木やシュラブにバードフィーダーを吊るしたり、
 バードテーブルを置いて、餌が途切れないようにする

◎鳥の餌は冬場だけと思っている方もいるでしょうが、
 夏場もWrenのように子育てを続けている鳥もいるので、
 餌の補給を忘れないように!
 
 *南へ移動し始める渡り鳥のために、
  プロティンの豊富な餌(ピーナツやヒマワリの種など)を
  切らさないようにする

 (ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
 ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、キャットフード、
 フルーツケーキやビスケットなどの残り、ラードやfat ball、mealworm など)

 *ピーナツはそのまま与えると喉に詰めるので、
  必ずピーナツ用のバードフィーダーに入れる

 *カタツムリを集めて置いておくと、Song thrushやヘジホグなどの餌になる

 *鳥の種類によって好物が違うので、
  多種類の餌を用意すると多種類の鳥が来てくれるようになる。

 *木の上で餌をとる鳥もいれば、地面で餌をとる鳥もいるので、
   地面に置くバードフィーダーも忘れないように!

◎バードフィーダーやバードテーブルの定期的な掃除を忘れないように!

*餌の残りや糞などを取り除いてから、
 オーガニックのクリーナをスプレーしたあとブラシで擦り、
 そのあと水で洗い流してから乾燥させる

*不潔なバードフィーダーから、鳥の間に感染病が広がることも多いので、
 気を付ける

*サルモネラやE.coliなどの人への感染を防ぐためにも、

 餌やりや掃除のあとには必ず手洗いを決行すること!!!

◎水の補給も忘れずに!

 鳥を庭に呼びたいなら、
 餌台の設置だけでなく、水飲み場兼水浴び場を作ること!

 常にバードバスや水飲み場をきれいにして、毎日新しい水に取り替える

◎ヘジホグ(ハリネズミ)の子供がチョロチョロしている時期なので、
 キャットフードやドッグフードと水を用意してやるといい。

 (ミルクは与えないように!)

◎芝生を刈り過ぎないようにする

 *少し長めに残しておくと、小さい虫たちの隠れ場所になる
 刈らずに種を付けるまで放っておくと、鳥たちの餌になる

 要するに英国人の好きなきれいに刈り込んだ芝生は、
 wildlife friendlyではないということになる

◎鳥や小動物、虫たちの餌や住処になるような樹木、シュラブ、クライマーなどを
 選んで植えるようにする

◎花もハチやチョウが蜜を集めやすい形の花を選ぶようにする

*派手な園芸種の八重の花を避け、
一重のデイジーのような形や筒型の花を選ぶとよい

◎バラのローズヒップを残しておく

◎夕方以降に開花するプランツを植える→蛾を誘引する→コウモリを誘引する

◎庭に池のある場合は、必ずカエルやnewtの出入りできる場所を作っておく

◎トンボのためには背の高いマージナルプランツを、
 孵ったばかりのカエルやニュートのためには背の低いプランツを植える

◎blanketweed や duckweedを引き上げたあと、
 すぐに片づけないで半日ほど池の周りに置いたままにしておく

 (付いて来た虫などが池に戻る時間を与えるため)

◎庭や畑の一部に、小動物や虫たちのために丸太を積んだり、草を刈らない場所を作る


 *庭も畑も雑草1本生えないようにきれいにするのは自然に反することだとみなして、
  「ぐうたらガーデナー」に徹することにしよう!







[PR]

by lapisland2 | 2016-08-10 02:12 | 今月のWildlife | Trackback | Comments(0)

8月の庭仕事



雨ばかりの6月の後、7月の中旬にはミニヒートウェーブがやって来て、
暑い日が続きましたが、下旬からは平年並みの気温に戻っています。
さて8月はどうなることでしょう。
例年ならば、8月中旬になると雨が多くなり気温もグンと下がって、
夏も終わりに近づくのですが、
今年は中旬に大陸からの熱波が再びやって来るとの予報が出ています。
庭からは子育てを終えた鳥たちが姿を消し、
代わりにどこからか子供たちの賑やかな声が聞こえてきます。
ジャングルと化した庭で、あともう少し夏の名残を楽しみたいと思います。

異常な暑さが続いている日本では、
くれぐれも熱中症に気をつけて庭仕事をして下さい。



a0208116_07141993.jpg
   (画像はClivedenのLong Gardenから)



☆先月に引き続き水遣りの工夫をする

◎特に毎日の水遣りが必要なもの

 ・ハンギングバスケット・ポット・コンテナー植えのプランツ、
 ・植えたばかりのプランツ(6月に移植したばかりの1年草も)
 ・ダリアやヒューシャなど

◎それ以外は、毎日だらだらと水をやるのではなく、
 週のうち2-3回たっぷりやる方が効果的で、
 植物に日照りに対する抵抗力もできる

◎ホリデーに出かける予定の人は、
 前もって水遣りについて考えておくといいですね。

(お隣に頼む、鉢植えやハンギングはまとめて日陰に移しておく、
 自動散水タイマーなどを設置する etc.)

◎water butt(雨水の貯水タンク)を設置する

◎台所やお風呂の'grey water'の再利用をする

 野菜を洗った水など、有毒な化学物質が使われていない限り、
 庭の水遣りに再利用できる

☆翌年早い時期に花をつけるシュラブ(カメリア、アゼリア、マグノリア、
 シャクナゲなど)は、花芽ができる時期なので、しっかり水遣りをして、
 肥料を与える

☆bedding plants の花がら摘み・水遣り・施肥を定期的にして、
 花期が秋まで続くようにする

☆晴れた日を選んで種取りをする

(取った種は紙袋に入れて乾燥したところに吊るして数日乾かした後、
 ごみなどを取り除いてからラベルをつけ、密封容器に入れて、
 冷蔵庫や涼しい場所に保管する。あるいはすぐに蒔く)

◎candelabra primula、aquilegia 、foxgloveなどは、
 種を採ったらすぐに蒔く

☆こぼれダネから出てきた芽を鉢上げして、来年に備える

◎キンセンカ、ニゲラ、カリフォルニアポピー、ナスタチウム、
 ヒメコスモス、コーンフラワー、ラークスパー、カランジュラなどは、
 簡単に直播できるので、トライしよう

 *または、ポットやトレイに種まきをして、秋に植えつける

 (今の時期に蒔いておくと、来年花が早く咲く)

◎ラベンダーやサントリーナ、ヘリクリサムなどのトリミングをして、
 形を整える(古い枝の上5cmくらいの所で剪定する)

☆雑草抜きを定期的にして、同時に害虫もチェックする

☆先月種まきしたウォールフラワーのピンチングをする

(早くしておくほど、移植する時までにたくさん脇芽が出て
 よく茂った株になる)

☆ランブリングローズなどの花が終わったら、剪定をする
 3本に付き1本を根元から切ってやると、新芽が出やすくなる
 残りは弱剪定しておく→結わえる

☆バラの黒点病に注意する

 葉っぱはコンポストに加えないように!

☆引き続き、softwood と semi-ripeの挿し木をする

 宿根ウォールフラワー、ペンステモン、バーバスカム、
 Lamium maculatum、diascia(ディアスシア)、ナデシコ類、
 パラゴニウム、オステオスペルマム、コリウス、バーベナ・ボナリアンエンサス、
 クレマティス、シュラブ類(ブデリア、アジサイ、コーナス、ヒューシャ、
 ヒービー、ポテンティラ、ウェイジェラ、など)

 *ナデシコ類の今年最後の挿し芽の時期なので、
  忘れないようにする

☆引き続きスィトピーの花を摘む

(種を付けると、途端に花を咲かせるのを止めるので、
 花が咲いたら次々切り取って切花にする)

 *ウドンコ病が出ないように水遣りをしっかりする

☆バラやハニーサクルのウドンコ病に注意する

☆花の終わったユリは、来年の花のために花の下で切って、
 海草液肥などを与える

 葉と茎は冬まで残すこと!

☆秋に植える球根の注文を始める

(そろそろカタログが届き始めています。
 まだなら、早めにカタログの注文をするのをお忘れなく! 
 球根だけではなく種のカタログも!)

☆秋植え球根を植える場所の準備をする

☆オータムクロッカス、コルチカム、ネリネ、
 耐寒性シクラメンなどの植え付け

☆水仙の植え付けは、今月末までにするとベスト

(水仙の根は晩夏に伸び始めるので、
 その時期に植えると水分や栄養分をよく吸収するため)

☆秋の嵐に備えて、クライマーやシュラブなどの支柱の点検をしておく
 背の高くなるダリアなどにも支柱を立てる

☆クライマーのlayer をしてみよう

 長いクライマーの茎の地面に着く箇所に少し傷を付けてペグで止め、
 土をかぶせておくだけ。
     ↓
 来年3月に、切り取ってポットに植える

 *アイビー、ジャスミン、ハニーサクル、ウィステリ  クレマティス、バージニアクリーパーなど簡単にできる

☆クライマーの花が終わったものは、茎の1/3のところで剪定する

 *ただし、クレマティスについては種類別の剪定法に従う

☆引き続き、ウィステリア(藤)の夏剪定をする

 見事な花を咲かせるためには、年2回の剪定が必要

 (7月に25cm、冬に5cmほど)

 *新しく植えたものは剪定しないこと

☆引き続きダリアに肥料を与え,水を切らさないようにする

 今月初めからは、high- potashの (カリ分の多い)肥料を与える

(花色を良くし、丈夫な茎を育て、球根を太らせる)

 *ただし、日本では8月には施肥をしない

☆アジュガなどの葉にウドンコ病が発生したら、葉を取り除き、
 しっかり水遣りをする

 *使用した剪定ばさみは消毒する

☆ピラカンサのトリミングをする

☆先月に引き続き、hedge(垣根)の刈り込みやトピアリーの剪定

 遅くても9月初めまでには済ませること!

 *時期が遅れるとコニファーなど枯れ込むことがあるので注意

 *電動機具(electric trimmer)を使う時は、
  ゴーグルや手袋などの装備を忘れずに!

 *hedgeのすぐ傍にボーダープランツを植えないようにする

 (そこだけハゲになってしまう)

 *下に行くほど少し広がる感じで刈り込むと、根元までよく日が当たる

☆芝刈りと施肥

 *4月~10月までは週1回の芝刈り

 日照りが続く時は短く刈り過ぎないようにすること!

(芝刈り機のブレードを2.5~ 3cmに設定する)

 *施肥は3~4週に1回程度


☆池の管理

◎気温の上昇につれて、水中の酸素の量が少なくなって、
 魚が水面でパクパクし始めるので、水を補給する

 *できればwater buttの水を使う

(水道水の方がalgaeが発生し易い)

 *水道水を使う場合は、数時間溜め置いて塩素を抜いてから入れる

 *小さな池の場合、噴水の設置や水の循環装置をつけて、水が動くようにするのもよい

◎水温が上昇する時期なので、スイレンやホテイアオイなどで
 魚たちに日陰を作ってやる

 日陰を作ることで、algaeの増えるのを抑えることもできる

◎algaeを取り除く方法

 薬品を使わないエコ的な方法としては、barley straw(大麦の藁)を丸めて
 ネットの袋に入れたものを池に浮かべる。
 4週間毎に新しいものに取り替える。
 (ガーデンセンターなどで既製品も売られているが、
  材料が手に入る場合は簡単に作ることができる)

◎魚の数、水生植物や水辺の植物などの
 バランスがとれているかどうか、常にチェックする

◎blanketweedやduckweedを取り除く(暑い時は週に1回)

 太陽光線の強くなるこの時期は、急激に増えるので注意する

◎増え過ぎた水草を取り除く

◎スイレンに付くaphidに注意する

 ひどい害がある前に、ホースの水で洗い流す

 (水の中に落ちたaphidは、魚が食べてくれる)

◎花が終わったスイレンや、傷んだ葉などを取り除く

 枯れたプランツが水中に落ちないように、気をつけて取る

 *スイレンのうちで、特に黄色い花の咲くものには注意をする

  花茎や葉が黒くなり始めた時は、
  lily crown rotという深刻な病気にかかっていることがあるので、
  すぐに引き上げて焼き捨て、ポットも消毒する

◎spiral snail(タニシ)は、池の水を綺麗にしてくれるが、
 スイレンの葉も食べるので、数をコントロールする

 *キャベツの葉を水に浮かべておいて、翌朝チェックすると
  タニシがたくさん付いているので、処分するとよい

◎温暖化と共に、年々蚊の発生が多くなっているので、
 植物だけを植えている池やbog gardenなどは、
 蚊の発生を防ぐ工夫をする

◎枯れたプランツが水中に落ちないように、気をつけて取る

◎ネットを張ってある池は、トンボの孵化に備えて外しておく

◎カエルの出入り口を作ってやる




★★畑仕事については菜園日記の方に書き込んでいます。

☆★これはイギリス南東部基準に書いていますので、
  日本とは少し違ったところもあります。
  お住まいの地域の気候に合わせて、作業を前後して下さい。
  内容について質問のある場合はどうぞお尋ね下さい。























































































































































































































[PR]

by lapisland2 | 2016-08-08 23:00 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(0)