「ほっ」と。キャンペーン

7月の庭から   2.



a0208116_16282794.jpg



いつもより早めに咲き始めたダークレッドのユリ(名前失念)ですが、
いきなりやって来たヒートウェーブのせいで急ぎ足で散って行きました。



a0208116_16294869.jpg




夏のクレマティスも次々と咲き始めています。
これは勢力旺盛極まりないFukuzono。
他のクレマを制覇して、アーチの上まで駆け上っています。


a0208116_16301940.jpg



このClematis Arctic Queen は、
ドジな私が一重のSnow Queenと間違えて注文してしまったものですが、
植え場所が他のプランツの後ろで全くの日陰になってしまうので、
ちっとも大きくならずポツリポツリとしか花をつけてくれません。
本来ならば5・6月に花を付けますが、
今年は7月になってから咲き始めています。
葉っぱはS&Sにやられてボロボロ状態で、
大きな印象的な花でありながら、なんとも可愛そうなクレマです。



a0208116_16303830.jpg



a0208116_16311678.jpg


Beautyberry(Callicarpa bodinieri var. giraldii 'Profusion')の
花が咲いています。
小さく目立たない花ですが、秋の紅葉と、
そのあとのBeautyberryの名に恥じない鮮やかな紫色の実が今から楽しみです。
場所がないので鉢植えにしていますが、
水やりをしてもすぐに水切れするようになってきたので、
この冬か、来春には植え替えが必要なようです。


a0208116_16315387.jpg



今年はヴァレリアンの白花が元気がよくて、
6月からずっと咲き続けていますが、
この写真ではすでに二番花が咲き始めています。
ヴァレリアンとフランネルソウに囲まれて、
ネペタが息も絶え絶えになっています。

a0208116_16331261.jpg



離れて見ると殆ど印象に残らないような地味な花ですが、
こうしてクローズアップしてみると、なかなか味があります。


a0208116_16334014.jpg



以前は結構多くのフューケラを植えていましたが、
ここ数年少しずつ数を減らしています。
品種名失念のこの品種は、植え場所によって様々な色合いに変わるので、
これ一つでいろんな表情を楽しめます。


a0208116_16340663.jpg



庭のあちらこちらから勝手に生えてくるこのケシの花は、
こちらではオピウムポピーOpium Poppy(Papaver somniferum)と呼ばれていますが、
日本では法律(あへん法)で栽培を禁止されている花ですので、
海外で手に入れて持ち帰り、植えたりはしないように気を付けて下さい。
英国ではまったく問題にならず、道端にも生えています。
一重や八重、さまざまな色のがあって、
花後のケシ坊主がなかなか可愛いのですが、これが問題なんですなぁ。


a0208116_16344713.jpg



アジサイの花も次々と咲き始めています。
鉢植えの白花は、今年もたくさんの花をつけてくれました。



a0208116_16345308.jpg



ウズアジサイはあまりにも大きくなり過ぎたので、
春にばっさり強剪定をしたせいもあり、
蕾の付き始めるのも遅く、今年は花も少なそうです。


a0208116_16345946.jpg



八重のカシワバアジサイも春にかなりの強剪定をしましたが、
雨の多かった6月が幸いしたのか、例年より早く咲き始めました。
一重のカシワバアジサイを強剪定して枯らしてしまったことがあるので、
恐々の剪定でしたが、例年と変わらず花付きもよくホッとしています。


a0208116_16415049.jpg



数年前に植え替えした鉢植えのアガパンサスは、
葉っぱは元気に茂っているのですが、
まだ根っこがぎゅうぎゅうに詰まっていないのか、
今年もたったの二輪だけです。

[PR]

by lapisland2 | 2016-07-29 16:26 | 四季の庭 | Trackback | Comments(4)

7月の庭から   1.


雨ばかりだった6月から一転して、
7月に入ってからは晴れる日も多くなりました。
そして、中旬過ぎにはミニヒートウェーブがやって来て、いきなりの猛暑!
植物たちは大急ぎで花を咲かせ、短い夏を謳歌しています。
雨の多かったあとの猛暑で、庭のジャングル化は例年よりもひどいようです。
そんな短い夏の庭から。





a0208116_03484211.jpg



7月に入ると、次々とユリの花が咲き始めます。
今年の一番乗りはリーガルリリー。


a0208116_03485887.jpg



続いて、小ぶりだけれどインパクトの強いキコマユリ。
葉っぱが細いこの2種は、
他の品種のユリよりもリリービートルの被害が大きいため
庭に上がる狭い階段途中に隔離していますが、
狭い階段なので、衣類に花粉が着いてしまうので、
フラワーアレンジの時のように、
花が開き始めたらすぐに雄しべの葯を取るようにしています。
(服に花粉が付くと、洗っても落ちないもので。。。)
蜂さん、ごめんなさい!


a0208116_03493399.jpg




葉色の濃さが増してきたブラックエルダー。
6月の雨のせいか、今年は葉っぱばかりが茂って花は少ないようです。
高さを調節するために花が終わる頃にいつも
伸びすぎた枝をバッサリ半分くらいに剪定しています。


a0208116_03495108.jpg


そしてラベンダーも満開に。


a0208116_03504475.jpg



昨年シュラブを刈り取ってできた場所に、
宿根草を何種類か植えましたが、
ルピナスの終わった後、この2種が咲き始めました。
Achillea 'Terracotta'は「テラコッタ」という名に惹かれて植えたのですが、
寝ぼけた色でがっかりです。


a0208116_17435109.jpg



後ろのLychinis chalcedonicaは、昔はコテージガーデン必須の植物でしたが、
今では古い庭園でたまに見かけるだけになっています。
私には懐かしい思い出のある花なので、
珍しく出回っているのを見つけて植えてみましたが、
色が思っていた赤とはちょっと違って残念。
(原産地はロシアなのに、和名はアメリカセンノウ)

a0208116_03505157.jpg



中旬になると、ここにダークレッドのヘメロカリスが加わって、
少し渋くて少し賑やかな色合わせになります。


a0208116_03520607.jpg





a0208116_03534184.jpg


下旬には派手なオレンジの八重が加わりますが、
スモークツリーの葉を背景にして、
日陰のせいか色がきつくないので、
まあいいかとそのままにしているうちに大株になってしまいました。


a0208116_03544622.jpg




そして小さなレモンイェローのヘメロカリスも。
日陰でひっそり咲くので、いつも写真を撮り損ねてしまいます。


a0208116_03553306.jpg



隙間を埋めるのは、アルカミラモリスやライムイエローの葉っぱのフューバーヒュー。
(残念ながら、飛ばした種からは普通の葉色のが生えてきます。)


a0208116_03554586.jpg




そして、半日蔭の隙間で元気に咲き続けてくれるNicotiana Limeも、
ここ数年定番の夏のプランツになっています。



[PR]

by lapisland2 | 2016-07-24 03:45 | 四季の庭 | Trackback | Comments(2)

7月のWildlife


もうすぐ、鳥たちは産後休暇のホリデーに出かけて、
庭から姿を消すので、餌やりも暇になるが、
それまでは、餌を切らさないようにする


a0208116_04084642.jpg


◎樹木やシュラブにバードフィーダーを吊るしたり、
 バードテーブルを置いて、餌が途切れないようにする

*パン屑はおなかが膨れるだけなので、
 最後の雛がいる間はもっと栄養分の多いものを準備する

(ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
 ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、キャットフード、
 フルーツケーキやビスケットなどの残り、ラードやfat ball、mealworm など)

*ピーナツはそのまま与えると喉に詰めるので、
 必ずピーナツ用のバードフィーダーに入れる
 特に今の時期は、雛がいるので注意が必要

*雛がいる間は、乾燥mealwormは水で湿らせて与えるとよい

*ヘジホグ(ハリネズミ)の赤ちゃんが出てくる時期なので、
 キャットフードやドッグフードと水を用意してやるといい。

 (ミルクは与えないように!)

*灰色リスにピーナツを盗まれるのを防ぐには、
 すべて金属でできているバードフィーダーを使用するとよい

 プラスチックのは、齧られてしまうので役に立たない

*カタツムリを集めて置いておくと、Song thrushやヘジホグなどの餌になる

*鳥の種類によって好物が違うので、
 多種類の餌を用意すると多種類の鳥が来てくれるようになる。

*木の上で餌をとる鳥もいれば、地面で餌をとる鳥もいるので、
  地面に置くバードフィーダーも忘れないように。

◎バードフィーダーやバードテーブルの定期的な掃除を忘れないように!

*餌の残りや糞などを取り除いてから、
 オーガニックのクリーナをスプレーしたあとブラシで擦り、
 そのあと水で洗い流してから乾燥させる

*不潔なバードフィーダーから、鳥の間に感染病が広がることも多い。

*サルモネラやE.coliなどの人への感染を防ぐためにも、
 餌やりや掃除のあとには必ず手洗いを決行すること!!!

◎水の補給も忘れずに!

 鳥を庭に呼びたいなら、
 餌台の設置だけでなく、水飲み場兼水浴び場を作ること!

 常に水浴び場をきれいにして、毎日新しい水に取り替える

◎庭や畑の一部に、小動物や虫たちのために丸太を積んだり、
 草を刈らない場所を作る

 *庭も畑も雑草1本生えないようにきれいにするのは自然に反することだとみなして、
 「ぐうたらガーデナー」に徹することにしよう!

◎芝生を刈り過ぎないようにする

*少し長めに残しておくと、小さい虫たちの隠れ場所になる
 刈らずに種を付けるまで放っておくと、鳥たちの餌になる


 要するに英国人の好きなきれいに刈り込んだ芝生は、
 wildlife friendlyではないということになる

◎鳥や小動物、虫たちの餌や住処になるような樹木、シュラブ、クライマーなどを
 選んで植えるようにする

◎花もハチやチョウが蜜を集めやすい形の花を選ぶようにする

*派手な園芸種の八重の花を避け、一重のデイジーのような形や筒型の花を選ぶとよい

◎バラのローズヒップを残しておく

◎夕方以降に開花するプランツを植える→蛾を誘引する→コウモリを誘引する

◎庭に池のある場合は、必ずカエルやnewtの出入りできる場所を作っておく

◎トンボのためには背の高いマージナルプランツを、
 孵ったばかりのカエルやニュートのためには背の低いプランツを植える

◎blanketweed や duckweedを引き上げたあと、
 すぐに片づけないで半日ほど池の周りに置いたままにしておく

 (付いて来た虫などが池に戻る時間を与えるため)



[PR]

by lapisland2 | 2016-07-20 04:05 | 今月のWildlife | Trackback | Comments(0)

7月の庭仕事



6月は毎日雨+強風のひどい天候が続きましたが、
7月に入り少しずつ安定して来ています。
昨年の7月上旬は、ヒースローで37℃を超える猛暑になりましたが、
それと比べると今年は平年並みの20℃前後です。
雨続きだったせいで、庭は葉っぱばかりが茂り、すでにジャングル状態になっています。
緑の濃さに比べると、日照時間が少なかったせいかどの花も花付きが悪く、
あるいは雨の中で咲き急いでしまいました。

と、ここまで書いたのは上旬のこと。
中断している間に、いきなり天気は急変し、
中旬からミニヒートウェーブがやって来ました。
今日はうちの辺りでも32℃。
1年ぶりに日本の夏のような暑さです。

近頃は体調のこともあり、できるだけ手をかけない庭を志していますので、
植物たちは、勝手に勢力争いをして、
強いものは勢いを増し、弱いものは淘汰され、
あるいは消えたと思っていたものがまたサバイブしていたりと、
自然に近い状態になりつつあります。
不思議なことに、と言うかそれが当たり前のことではあるのですが、
人の目からは荒れた庭に見える庭の方が、
鳥たちや小動物たちには恵みあるやさしい場所になるようで、
一日中彼らの賑やかな姿やさえずりが途切れることはありません。
いかに人が手をかけた「庭」というものが、人工的なものであるかを
実感しているこの頃です。

取りあえず、忘れないために庭仕事のメモは入れておきますが、
この殆どの庭仕事をやらなくなっていることを白状しておきます。



a0208116_01591278.jpg




☆水遣りの工夫をする

◎特に毎日の水遣りが必要なもの
ハンギングバスケット・ポット・コンテナー植えのプランツ、
植えたばかりのプランツ(6月に移植したばかりの1年草も)、
ダリアやヒューシャなど

◎それ以外は、毎日だらだらと水をやるのではなく、
週のうち2・3回たっぷりやる方が効果的で、
植物に日照りに対する抵抗力もできる

◎ホリデーの間の水遣りの事を考えておく
(お隣りや友人に頼む、鉢植えやハンギングはまとめて日陰に移しておく、
自動水遣り装置を設置するetc.)

◎water butt(雨水の貯水タンク)を設置する

◎台所やお風呂の'grey water'の再利用をする
野菜を洗った水など、有毒な化学物質が使われていない限り、
庭の水遣りに再利用できる

◎マルチングが遅れている場合は、今からでもやっておくとよい

☆雑草抜きを定期的にして、同時に害虫もチェックする

☆引き続き、2年草の種まきをする
(寒い地方では中旬までに済ませる) 

 foxglove, honesty(Lunaria annua), evening primrose,
ワスレナグサ、ウォールフラワー、ダイアンサス(ナデシコやカーネーション)、
カンタベリーベルなど

☆引き続き、softwood と semi-ripeのcutting(挿し芽・挿し木)をする

 多年草ウォールフラワー、ペンステモン、カンパニュラ、バーバスカム、
Lamium maculatum、 diascia(ディアスシア)、pinks(ナデシコ類)、
perovskia、パラゴニウム、コリウス、 バーベナ、クレマティス、ラベンダー、シュラブ類など

☆耐寒性クライマーやシュラブのlayering(根伏せ)をする

 アケビ、アイビー、ウィンタージャスミン、ライラック、
クレマティス、campsis など

☆挿し芽・挿し木の根付いたものを、定植する

☆スィートピーの花を切る

(スィートピーは種を付けると、途端に花を咲かせるのを止めるので、
 花が咲いたら次々切り取って切花にする)

*ウドンコ病を防ぐために、朝早く根元にたっぷり水遣りをする

☆hedge(垣根)の刈り込み

 *遅くても9月初めまでには済ませること!

 *電動機具(electric trimmer)を使う時は、ゴーグルや手袋などの装備を忘れずに!

 *hedgeのすぐ傍にボーダープランツを植えないようにする(そこだけハゲになってしまう)

 *下に行くほど少し広がる感じで刈り込むと、根元までよく日が当たる

☆花が終わったベディングプランツを刈り取る

 *ルピナス、デルフィニウム、バーバスカムなどは二番花のために
  花茎を根元から切る

☆二番花の咲くものや、花期の長いものはカットバックして、
 水と肥料を与える

☆アルカミラモリス、ワスレナグサ、アクィリジア(西洋オダマキソウ)、
 スカビオサなど増えると困るものは、花が終わったらすぐに花茎を切って、
 種を飛ばさないようにする

☆ラベンダーの花が終わったら、すぐに花茎を刈り取って、
 コンパクトな形をキープする

*ドライフラワーやポプリを作る時は、花が色づいて開き切る前に、
 花茎の元の部分から切り取って、温室やシェッドに吊るして乾燥させる

☆晴れた日を選んで、種採りをする

 保存するものは、密封容器に入れて冷蔵庫に
 そうでないものは、すぐに蒔く

☆落葉性のマグノリアの剪定が必要な場合は今の時期にやるとよい

 *葉全体の25%以内に留めること!

☆春咲き球根の堀り上げと株分け

◎チューリップ、ヒヤシンス・・・毎年
 水仙・・・2~3年毎
 その他のものは混み合って来たら適当に

*ただし、私の経験ではイギリスでは原種などを除いて
 チューリップは1年限りで、
 毎秋新しい球根を植えるほうが良いように思います。

◎堀り上げて乾燥させた球根は、根をハサミで切り、
 痛んだ所を取り除いて浅い箱などに入れて、涼しい場所に保管する

*オフセット(分球した小さな球根)は、
 花が咲くまでに2~3年掛かるので、気長に待つ

☆混み合っているジャーマンアイリスの株分けをする

(古い真ん中の部分を捨てて、周りの若い部分だけを残す)

*根塊が地面から見えるように浅植えして、葉を半分の長さに切る

*クレイなど重い土の場合はグリットを混ぜてから植えつける

*bonemealをドレッシングしてやる

*イギリスでは、S&Sの被害に注意すること!

☆秋咲き球根を植える

 コルチカム、ネリネ、オータムクロッカスなど

☆ウィステリア(藤)の夏剪定をする

 (7月に20~25cm、冬に5cmほど剪定する)

 剪定後、カリ分の多い液肥を与える

*新しく植えたものは剪定しないこと!

☆樹木やシュラブのサッカー(ヒコバエ)を根元から切る

☆2週間毎にコンテナーやハンギングバスケットに肥料を与え、
 小まめに花がら摘みをし、伸びすぎたものは切り詰める

☆ダリアがグングン成長する時期なので、
 2週間毎の肥料と毎日の水遣りを欠かさずに

☆ダリア、ユリなど背の高いプランツに支柱を立てる

☆バラの花がら摘みを忘れずに!

 *2番花のために、花の咲いた3芽下で剪定する

 *6月にやらなかった場合は、hoeingとマルチングをする

 *肥料は7月末までに終えること!

 *黒点病とウドンコ病の発生に注意する

☆今の時期、カイガラムシが発生しやすいので注意する
 見つけた場合は、ブラシで擦り取って石鹸水を吹いておく

☆引き続き、リリービートルの成虫と幼虫を取り除く

☆ウドンコ病を防ぐため、バラ、クレマティス、ハニーサクルなどに
 十分な水やりをする

☆ホスタの周りにコパーテープを巻く

 地植えのものには、コパーリングやグリット、
 貝殻や卵の殻を砕いたものや、トラップなどでS&Sの被害に備える

*S&S(ナメクジとカタツムリ)の駆除剤については、
 前にも書きましたが、Metaldehydeが主成分のものは絶対に使用しないように!
 毒性がきついので、鳥や小動物、ペットに影響があります。

☆ハウスプランツの植え替え

☆ハウスプランツに毎週液肥を与える

☆定期的に芝刈りをする

 *日照りが続くようなら、短く刈り過ぎないようにして、
  刈る回数も減らす

  (草刈機の刃を40~50mmに設定する)

*エッジングも忘れないように!

(芝生のエッジをきちんと刈ると、グンと見栄えがよくなりますよ!)

☆コンポストの切り返しをする

 *コンポストが乾いていたら、水を掛けるのを忘れずに!



☆池の管理

◎水温が上昇する時期なので、スイレンやホテイアオイなどで、
 魚たちに日陰を作ってやる
 日陰を作ることで、algaeの増えるのを抑えることもできる

◎algaeを取り除く方法

 *薬品を使わないエコ的な方法としては、barley straw(大麦の藁)を丸めて
  ネットの袋に入れたものを池に浮かべる。

  4週間毎に新しいものに取り替える。

(ガーデンセンターなどで既製品も売られているが、
 材料が手に入る場合は簡単に作ることができる)

◎気温の上昇につれて、水中の酸素の量が少なくなって、
 魚が水面でパクパクし始めるので、水を補給する
 できればwater buttの水を使う

 *水道水の方がalgaeが発生し易いとのこと

 *小さな池の場合、噴水の設置や水の循環装置をつけて、
  水が動くようにするのもよい

◎魚の数、水生植物や水辺の植物などの
 バランスがとれているかどうか、常にチェックする

◎blanketweed や duckweedを取り除く(暑い時は週に1回)

 太陽光線の強くなるこの時期は、急激に増えるので注意する

◎スイレンに付くaphidに注意する

 ひどい害がある前に、ホースの水で洗い流す

 (水の中に落ちたaphidは、魚が食べてくれる)

◎spiral snail(タニシ)は、池の水を綺麗にしてくれるが、
 スイレンの葉も食べるので、数をコントロールする

 *キャベツの葉を水に浮かべておいて、翌朝チェックすると
  タニシがたくさん付いているので、処分するとよい

◎枯れたプランツが水中に落ちないように、気をつけて取る

◎ネットを張ってある池は、トンボの孵化に備えて外しておく

◎カエルの出入り口を作ってやる




★★畑仕事については菜園日記の方に書き込んでいます。

☆★これはイギリス南東部基準に書いていますので、
  日本とは少し違ったところもあります。
  お住まいの地域の気候に合わせて、作業を前後して下さい。
  内容について質問のある場合はどうぞお尋ね下さい。









[PR]

by lapisland2 | 2016-07-19 16:30 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(2)