4月も終わりだと言うのに冬に逆戻り




4月も終わりだと言うのに、
ここ10日ほど冬に逆戻りしたかのような寒い日が続いています。
気温が10℃を上回る日は殆どなく、明け方は0℃から3℃といったところ。
庭は毎朝真っ白な霜が降りて、鳥の水浴び場には氷が張っていることもあります。
眩しい光と青空の見えた次の瞬間には大雨、
雪に金平糖大のヒョウやアラレが混じり、強風が吹き荒れると言った具合で、
まさに「一日の中に四季がある」という表現がぴったりするような毎日です。

そのせいで、寒さに強くないプランツを出したり入れたり、
アガパンサスに掛けたフリースを取ったり被せたり、
空模様を見ながら忙しいことです。

来週は少し気温が上がるとのですが、
来週はもう5月ですものね。
少しは暖かくなってもらわなくては、植物たちも適応するのに困っています。

そんな、激しいお天気の中でもなんとか健気に花を咲かせようとしている
プランツたちです。



a0208116_01565869.jpg

黒葉のヒメリュウキンカはなぜか2月の終わりに一番花を付けたのですが、
二番花は四月の初めから咲き始め、気温が低いせいかまだ咲き続けています。



a0208116_01574493.jpg

中旬を過ぎてから咲き始めたラッパスイセン。(シクラメナスのどれか)
レモンイェローっぽいくっきりしたいい色です。



a0208116_01583909.jpg

イカリソウの花もようやく咲き始めています。
      


a0208116_01592508.jpg

Ribes sanguineum(フラワリングカラント)は早くに咲き始めましたが、
これも気温が低いせいか、随分長い間咲いています。
昨年は剪定ができなかったので、伸び放題になってしまいました。


a0208116_02005448.jpg

ブルネラはまだこんなところで、花もチラホラ。
昨年よりはグンと遅い状態です。


a0208116_02014410.jpg

ワイルドフラワーのアネモネブランダ。
これも今年はチラホラ咲きの状態で長い期間咲き続けています。



a0208116_02022670.jpg


a0208116_02031693.jpg

スノーフレークは気温が低いせいか、今年は随分花が少ないようです。


a0208116_02040082.jpg

クレマティス・アルピナもようやく蕾が膨らんで来ました。
気温が上がれば一気に開いてくれることでしょう。


[PR]

by lapisland2 | 2016-04-30 04:09 | 四季の庭 | Trackback | Comments(12)

今日も桜雨



イースターからあと、ちっとも気温が上がらず、
4月の平均気温は14℃だと言うのに10℃から上にあがる日が殆どない状態です。
おまけに大雨や強風の日も多く、昨年・一昨年と比べるとサクラの開花はグンと遅れているようです。
それでも、日本の山桜や大島桜の仲間は1週間ほど前から満開になって来ました。
日本のように改めてお花見に出かけるようなことはありませんが、
家の周辺で山桜や大島桜などを満喫できるのは、つかのまの至福になります。




a0208116_03340618.jpg



今年見かけた優雅で清楚なこの桜は、たぶん日本のショウゲツでしょうか。
咲き始めには淡いピンク色の紅が差しますが、開き切ると純白になります。
数多くある桜の中でも大好きな花の一つです。



学名:Prunus 'Shogetsu'  Prunus serrulata 'Longipes'    AGM
別名:Prunus serrulata 'Longipes'
   Prunus serrulata 'Miyako' misapplied
   Prunus Blushing Bride
   Prunus 'Oku-miyako' misapplied
   Prunus 'Shimizu-zakura'
英名:Cherry 'Shogetsu'
和名:ショウゲツザクラ(松月桜)、ノダノオオザクラ(野田大桜)







[追記]

1.RHSなどでは上記のような学名で出てくるのですが、
日本のサイトでは学名が
Prunus lannesiana Wilson cv. Superba
Prunus serrulata ‘Superba’
などとなっています。
ブログには出てきますが、いずれもウィキペディアのコピペばかりで、
情報が確かなのかどうか分からずにいます。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示下さい。

2. As with many flowering cherries of Japanese origins,
Shogetsu's history is littered with mis-identifications and multiple names.
Even the famous English enthusiast of the 1920s, Collingwood Ingram, came unstuck with this variety.
However the confusion was eventually resolved and Shogetsu has become one of the most widely-admired
of the white-blossom Japanese flowering cherries.
(http://www.pippintrees.co.uk/)


[PR]

by lapisland2 | 2016-04-24 07:04 | 散歩道の植物たち | Trackback | Comments(2)