「ほっ」と。キャンペーン

大荒れのイースター



今年はイースターが早くにやって来ました(3月27日)が、
なんともいやはや大荒れのイースターになりました。
40マイルの強風が吹き、大雨の合間にはヒョウが降るといった具合でした。
横殴りに吹き付ける強風の中、ヒョウが水平に降ると言うのを始めて見て、
びっくりしたくらいです。
地域によっては風速100マイルの強風と共に雪が降るという大嵐になり、
台風並みに'Storm Katie'と、名前まで付いたようです。

それでも、季節は着実に歩みを進めています。
イースター前後の庭の様子を少し。



a0208116_23345992.jpg



a0208116_23352287.jpg


チオノドクサとシラーシビリカはあちらこちらで満開状態に。
黄色い花の多い春の花たちの中で、ブルーの花はくっきり目立ちます。
私自身は白い目がいっぱいのチオノドクサよりも、
うつむき加減のシラーの方が好みです。


a0208116_23354613.jpg

拙庭のスイセンたちの指標にしているこの小振りのスイセンも、
例年よりは1週間以上早く咲き始めました。
数年に一度株分けの必要な他のスイセンと違って、
シクラメナスに分類される種類のは放りっぱなしでもいいので、
無精者には持って来いです。


a0208116_23360443.jpg

テテアテテも早くから咲いています。
こちらでは寄せ植えにもよく使われて、どこにでも見かけるので、
ちょっと食傷気味ですけれどもね。


a0208116_23362716.jpg

株分けをしてから数年、葉ばかり茂らせていたサロメも今年はきれいに咲いてくれました。
もとの大株はもっと早くに花を付け始め、イースターの嵐ですっかり倒れてしまっています。


a0208116_23365154.jpg

名前を失念してしまったこのラッパスイセンも好きなスイセンの一つに入ります。



a0208116_23371416.jpg


a0208116_23381358.jpg

鉢植えから地面に植え替えたRip van Winkle。
あっという間に終わってしまいますが、可愛い八重です。


a0208116_23384864.jpg

第一弾のクロッカスはもうとっくに葉っぱを広げていますが、
この濃い紫のはいつもかなり遅れて咲き始めます。
イカリソウやらニオイスミレの下敷きになって可哀想な場所に咲くので、
植え替えなくてはと思いながら、数年になります。


a0208116_23393592.jpg


a0208116_23400756.jpg


ユーフォビアが目の覚めるようなレモンイェローの花を付け始めました。
まだ庭仕事ができないので、昨年の枯れた茎がそのままになっています。
これは日陰でも大丈夫な Euphorbia amygdaloides。



[PR]

by lapisland2 | 2016-03-30 04:23 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)

3月に入って寒の戻り




2月の末から、また冬の寒さが戻っているイギリスです。
3月だと言うのに、雪が降ったりヒョウやアラレが降ったりで、
最低気温も零度以下の続く毎日に、春の訪れも足踏み状態です。
朝は霜で真っ白な日も多く、鳥たちの水飲み場にも氷が張っています。



a0208116_05180576.jpg


暖冬気味だったこの冬でしたが、
最後になってのこの冷え込みは、植物たちには打撃が大きいのではと気になります。
寒暖の激しかった冬を過ごしてきたプランツたちの姿を少し記録しておきます。



サルココッカは2種共に、この冬は一面の花を付けて、
庭中に芳しい香りを漂わせてくれました♪


a0208116_21483408.jpg

Sarcococca confusa




a0208116_21490412.jpg

Sarcococca hookeriana




a0208116_21493815.jpg

暖冬気味にもかかわらず、この冬は背が低くあまり大きく広がらなかったArum italicum 'Pictum'。




a0208116_21513015.jpg


一時はかなり広がっていたスプリング・スノーフレーク(Leucojum vernum)でしたが、
ここ1・2年ほど衰退気味です。
大好きなプランツですが、栽培はなかなか難しく、
新しく増やそうと球根を植えても思うように芽が出てくれません。
プロの人たちに聞いても、「いやぁ、あれはむずかしいねぇ。。。」と言う返事が返ってきます。
サマー・スノーフレークは放りっぱなしでもいつの間にか増えているのですけれどもね。




a0208116_21520278.jpg

シクラメン・コウムも今年は早くに開花が始まりました。




a0208116_21523600.jpg

鉢植えのIris reticulataも、今年は早くに咲いてしまって、
今は長い葉っぱを伸ばしています。




a0208116_04212525.jpg

カンザキアヤメ(Iris unguicularis )もお正月明けにはもう開花が始まりましたが、
今は寒さの中で縮こまっています。
でも、気温が上がればまだしばらくは咲き続けてくれることでしょう。




a0208116_21561047.jpg



早い時期から咲き始めたスノードロップも、
今年は随分長い間咲いてくれたように思うのですが、
そろそろ終わりに近づいてきたようです。
今年は株分けをしてやらないとギュウギュウ詰めになっているのですが、
夫婦揃って体調悪く、果たしてしゃがむ姿勢の作業ができるのかどうか・・・。



は~るよこい、は~やくこい。


[PR]

by lapisland2 | 2016-03-09 19:30 | 四季の庭 | Trackback | Comments(0)