「ほっ」と。キャンペーン

冬の彩り  ウィンターガーデンから  (補足)


ウィンターガーデンに使われることが多いCornusとSalixの主な品種をまとめておきます。


☆Cornus(ミズキ)の主な品種



a0208116_730181.jpg

C.alba 'Sibirica'                   これが1番真紅になります。




a0208116_7312551.jpg


a0208116_7314488.jpg

                                 (画像はRHSとjacksonsnurseriesから拝借)
C.alba 'Elegantissima'             葉は エッジが白い斑入り     ダークレッド




a0208116_7323988.jpg

                                         ( 画像はpaghat.comから拝借)
C.alba 'Ivory Halo'          これは'Elegantissima' のコンパクトな品種で、
                      'Elegantissima' のように大きくならないので、狭い庭に向いています。



a0208116_7332139.jpg

                                         (画像はRHSから拝借)   
C.alba 'Spaethii'                 葉はエッジが黄色い斑入り    赤




a0208116_734381.jpg

C. sericea 'Flaviramea'
(Synonyms C.stolonifera 'Flaviramea')             黄色




a0208116_851642.jpg

                                              ( 画像はT&Mから拝借)
C.sanguinea  'Winter Flame'( 'Winter Beauty')      黄色+ オレンジ




a0208116_737349.jpg


C.sanguinea 'Midwinter Fire'       落葉直前にオレンジイエローに紅葉し、
                       冬は 黄からオレンジのグラデーションに



a0208116_7373973.jpg

C.kesselringii          黒紫



いずれも非常に丈夫で、耐寒性があります。(-25度までOKとの事)
こちらでは石灰分の多い土地に自生していますが、殆ど土を選びません。

Cornusは植えた翌々年から、毎年早春に根元からまたは丈の三分の一まで切り詰めると
色鮮やかな枝になります。
何年も放って置いたものは地上5センチ位まで切り詰めてもOKです。 
ただ、オレンジ系のものは、軽く剪定。
(あるいは、1年おきに半分ずつ古いのを根元から剪定)





☆Cornusよりも大株になるSalix(willow)も、Cornusとの混植などでよく使われます。



a0208116_738028.jpg


S.alba 'Chermesina'           オレンジ



a0208116_7382658.jpg


S.alba 'Vitellina'              黄

Salixは、1年おきに早春に根元から剪定。



★手元にあるウィリアム・ロビンソンの "The Wild Garden" の中に、
Cornus と Salix についての記述がある箇所を見つけましたので、書き写しておきます。

Of our native Dogwoods (Cornus), one (sanguinea)is an excellent
native shrub, the beauty of which is very effective in gardens
where it is grouped in bold and artistic ways. The winter effect
is bright and good, and the plant fine for association with our
handsomer native willows: this Dogwood being used as undergrowth
near the largest willows.




[PR]

by lapisland2 | 2015-02-23 08:02 | Garden Visit + | Trackback | Comments(10)

冬の彩り  ウィンターガーデンから




遅まきながら年明けからイギリスにも本格的な寒さがやって来ました。
昨年からの体調悪化で、庭仕事どころか外出もままならない状態が続いていますが、
日本の某有名サイトに掲載してもらっている英国便りの中から、
いくつか記事を選んで少しずつこちらにも載せて行きたいと思っています。

今回はグレー一色の世界が広がるイギリスの冬だからこそ、
その存在が際立つウィンターガーデンの様子をご紹介いたします。
しばらくの間色鮮やかな冬の庭で温まってくださいね。


私がウィンターガーデンの美しさに目覚めたのは、
15・6年前、かのウィリアム・ロビンソンのマナーハウスに滞在した時でした。
いつもは夏や初秋に訪れることが多かったのですが、
その時は初めて冬に訪れ、凍りつくような朝の冷たい空気の中を散歩していて、
立ち込める霧の中からぼぉーっと浮かび上がるさまざまな色のコーナスの姿に
どこか異次元の世界のような美しさを感じたのでした。

残念ながらその頃の写真はフィルムでしたので、ご紹介することはできませんが、
いまでもあの情景はくっきりと心の底に焼きついています。



今回ご紹介するのは、The Royal Landscapeの一部にあるSavill Gardenから。
ここのウィンターガーデンは規模は小さいのですが、とても色鮮やかで大好きな場所でしたが、
残念ながらもう存在しません。
数年前にもっと規模の大きいウィンターガーデンに様変わりして、
デザインもすっかり変わってしまいました。



a0208116_00513064.jpg



a0208116_00551729.jpg

11月初め、ウィンターガーデンはまだ黄葉たけなわです。




a0208116_00562228.jpg

11月下旬になると、殆どのものが落葉しましたが、
まだコーナス(ミズキ)の一部や画像右手前の Rubus(キイチゴ )のブルーグレーの葉っぱは残っています。
Rubusは葉を落とすと、真っ白の印象的な枝が現れます。



a0208116_00572526.jpg

グランドカバーのHebe(日本ではヒービー)の中から葉を落としたモミジAcer pensylvanicum 'Erythrocladum' が
目立ち始めます。



a0208116_00582908.jpg


Cornus alba `Sibirica'(サンミズキ) は早くから真紅に燃えています。
数ある紅いミズキの中でも最も際立つ真紅になる品種ですね。



a0208116_00591390.jpg

黄葉のきれいなコーナス  たぶんC. stolonifera 'Flaviramea'。



a0208116_00595505.jpg

黒と白の取り合わせですが、まだ濃い色が出ていません。




a0208116_01003801.jpg

年が明けて寒さが厳しくなるにつれて、ウィンターガーデンの色が冴えてきます。




a0208116_01012804.jpg

黒と白の組み合わせもコントラストがはっきりしてきました。
白いRubusの足元の黒いオオバジャノヒゲの間からは、このあと可愛いスノードロップが顔を出してきます。



a0208116_01023314.jpg


黒いコーナスはC. kesselringii。
寒さと共に殆ど黒に近いダークブラウンに染まった Pittosporum tenuifolium 'Tom Thumb' と、
まっ白い幹が印象的な白樺 Betula utilis var. utilis 'Silver Shadow' の組み合わせがとても印象的です♪



a0208116_01031526.jpg

邪魔になるおじさんがいますが、無視して下さい。
本人はガイドのつもりでいるようです。 (-_-;)



a0208116_01041960.jpg


お邪魔おじさんが指差す方向に咲くピンクの花は、厳冬の1月から2月にかけて咲くツツジなんですよ!
Rhododendron dauricum 、品種名もずばり'Midwinter' 。

(Rhododendron dauricumは、エゾムラサキツツジのことで、
北海道では雪解け一番に開花するそうですが、
当地の方の話では、雪圧で潰れるために凄い樹形になるとのこと。
北海道には大群落があるそうです。)

北海道を含めてかなり広範囲の寒い地域(サハリン、北東中国、韓国、北モンゴル、
アルタイ山脈からシベリアにかけてなど)に分布していて、-25℃まで耐寒性があるとのこと。
それで、これを使った交配種がいろいろ作り出されているようです。
'Midwinter'もその一つですが、あと白い 'Madison Snow'や 'Arctic Pearl'などもよく見られます。
(白花は春先に咲きます。)



a0208116_01045662.jpg


咲き始めた黄色いハマメリス(マンサク)の根元では、
寒さと共にチョコレート色に染まった Bergenia purpurascens( ヒマラヤユキノシタ)が、
光を受けて艶やかです。




a0208116_01065251.jpg



C. sanguinea 'Midwinter Fire'の黄色とオレンジのグラデーションも鮮やかです。





最後はウィズリーで締めくくりましょうか。



a0208116_01075426.jpg


水辺に植えられた色鮮やかなコーナスやSalix(ヤナギ)などが水面に映り、
ちょっと幻想的な雰囲気ですね。



a0208116_01084365.jpg


葉を落としたRubus phoenicolasius (ワインベリー)の冬の姿。
このアーチの下をくぐるのは痛そう!



a0208116_01092001.jpg

こんな風にいろいろな色が渾然一体となっているのもまたいいものです。
白いのはRubus biflorus。


a0208116_01104474.jpg

これはコーナスではなく、Salixをポラード仕立てにしたもので、
コーナスと同じく冬になると鮮やかな黄色やオレンジ色の枝が目立つようになります。


[PR]

by lapisland2 | 2015-02-14 04:59 | Garden Visit + | Trackback | Comments(11)

冬の楽しみはアマリリス



イギリスでは厳しい寒さが続いています。
中部や北部では雪の日が多く、南東部でも雪がちらつき零下になる日が増えています。

庭仕事のできない冬の間の楽しみの一つは、
ハウスプランツ(日本のインドアプランツのこと)を育てることですね。
1年を通じてけっこうたくさんのハウスプランツを育てていますが、
日本の明るい冬(「日本」というと私の場合は関西基準になってしまいます)と違って、
こちらの冬は日が射さない暗い日が多いので、
冬に栽培できる植物も限られてきます。

でも、そんな悪条件の中でも、アマリリスは短期間で花を咲かせてくれる
なんとも貴重なプランツです。

数年前に友人からクリスマスプレゼントにもらったアマリリス→以来
毎冬、アマリリスを植えるようになりました。
自分で選ぶ時には少し繊細で地味なスパイダー系の花を選ぶことが多いのですが、
暗いイギリスの冬には気分を明るくしてくれる大きな花の方がいいかもしれません。
英国人からのプレゼントの場合は、いつも派手で大きな八重の花になります。
(こちらでは、アマリリスはクリスマスプレゼントに使われることが多いので、
促成球根が晩秋から冬にかけて出回ります。)


そんなわけで今年のアマリリスは、大輪の白い八重 'Ice Queen'。
こちらの花友からのプレゼントです



a0208116_05470226.jpg



鉢と、ココヤシのタブレット、そして球根がセットになっています。
このタブレットに水をかけてふやかし、培養土を作ります。



a0208116_05474520.jpg



こんな風に球根の首を1/3~1/4くらい出して植えつければ、それでOK。

あとはできるだけ明るくて、夜間も10℃以上を保てる場所に置きます。
水遣りは土の表面が乾いたらやる程度ですが、
こんなキットは鉢底に穴の開かないポットの場合が多いので、
水のやりすぎに気をつけるようにします。


今年の植え付けは、1月12日でした。




a0208116_05483069.jpg



a0208116_05490823.jpg



植え付けから2週間後の2月1日に芽が出始めて、6日現在はこんな感じです。
どうやら花茎が2本伸びそうです。

(たくさん鉢を置いているので、水遣りの時によく水をこぼすので
カバーを掛けているため光が反射して見苦しいのですが、お許しを。)

[PR]

by lapisland2 | 2015-02-07 05:56 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(7)

2月の庭仕事



暦の上では立春になりましたが、
毎日寒い日が続いています。
2月は、まだじっと我慢の月ですが、
確かに少しずつ日が長くなるのを感じるようになって来ました。
スノードロップがそっと花開き、
冷たい空気の中を蝋梅やマンサクの甘い香りが漂ってくるのももうすぐです。

種のカタログなどを眺めながら、
頭の中はもう春の計画でいっぱいかもしれませんね。
雪深い地方でなければ、寒い間にやっておく庭仕事もけっこうあります。
私もせいぜい相方のお尻を叩いて、
冬剪定をやってもらうことにしましょうか。



a0208116_20393302.jpg
                      
                               (画像はSkimmia × confusa 'Kew Green'
                               長い冬の間をライムグリーンの蕾で過ごし、春に白い花を咲かせます)




☆引き続き、アームチェア・ガーデニングの季節です。

「1・2月の庭仕事の余りできない間に、
カタログを取り寄せたり、ネット上でカタログを見たりして、
春からのプランを立てましょう」
ということなのですが、
冬の夜長のんびり紅茶やワインを楽しみながら
カタログを眺めて春からの庭作りを考えるのもいいものです

☆種の注文をして、
 温室のある場合は、夏花壇用の花の種まきを始める
(スィートピーなど)

*温室のない場合も、窓辺や加熱プロパゲーターで種まきを始める


☆ダリア、カンナ、ユリ、グラジオラスなどの球根類や
 種、苗などの注文をする

☆引き続き 冬剪定の時期です
 *少し暖かい日が続いている時に剪定をする

  dogwoods、willow、 buddleia、lavatera、elder バラetc.

◎フロリバンダやハイブリッド・ティーのバラは
 昨年伸びた部分を選定し、全体の形も整える(2月~3月)
(傷んだ枝やクロスしている枝などを、
 全体の半分から三分の二くらいまで剪定
 外向きの芽の上で切る)

◎花の終わったマホニア(ヒイラギナンテン)や
 ウィンタージャスミンの枝を剪定する

◎ウィステリア(藤)の冬剪定は今月中に終える
(ウィステリアは夏・冬と2回の剪定が必要)
 冬は約5cm切る

◎常緑のシュラブや垣根の大きくなり過ぎたものは、
 今の時期に強剪定しておくとよい

◎シモツケソウ、ユキヤナギ、コデマリなどの強剪定をする
(これをやっておくと、コンパクトな株をキープできるのと、
  黄葉のものは発色がいいようです)

◎夏咲き(6月以降)のクレマティスは、
 今月末までに剪定をする

(C.orientalis, C.texensis, C.viticella, C.vitalba,
 大きい花の咲く品種など)

剪定をしておかないと、上の方にばかり花がつく

*原則は、一番下の芽のすぐ上で剪定するが、
 同じ高さでバッサリ剪定せずに、30~100cmの間で
 高さを違えて切っておくと、違う高さに花が付くのでお勧めです

◎dogwood はできるだけ根元に近い所で剪定
 強剪定することによって、新しい枝の成長を促し、枝の色も鮮やかになる
 willow やスモークツリーなども強剪定をするか、
 coppicingしたい時は、好みの高さのところで、剪定のこぎりで切る

◎常緑の斑入り葉の樹木やシュラブが先祖返り(reversion)していないか
 どうかチェックをして、みつけたら枝元から剪定しておく
 夏に、もう一度チェックをし直す

*落葉するものは、葉が出始めてからチェックする

☆引き続きroot cutting(根挿し、根伏せ)の時期

*オリエンタルポピー、フロックス、エリンジウム、アカンサス、バーバスカムなどの多年草や
 ライラック、クレロデンドロン(ゲンペイカズラ)などのシュラブ

 これも簡単ですので、ぜひトライして下さい。

*やり方の詳細は→

☆今月後半から3月初めにかけて、
 グラス類や宿根草の古い茎や葉を取り除く
(新しい葉が出てくる前にしておく)

*株の根元でカエルが冬眠をしている事があるので、注意をすること!
(イギリスのカエルは土色をしているので、見逃す事があるので気をつける)

☆epimedium(イカリソウ)の古い葉をすべて刈り取る

☆シダの汚い葉や古い葉を根元から刈り込んで、
 周りをマルチングしておく

☆アルカミラ・モリスの古い葉を刈り取って、
 株分けをして植え付ける

☆ヘレボルスの有茎種は、耐寒性がもうひとつなので
 夜間はフリースなどで防寒する
 花茎が伸びるものには支柱を立てる

☆引き続き土を耕して、
 コンポストを花壇や菜園に入れる
 (早く種まきをする場所にはシートなどをかけておく)

*苔が生えていたり土が固い場合は、
 表面を少しフォークで耕しておくと
 空気の流通や水はけなどが随分違う

*耕すのが体力的に大変な人は、
 冬の間にコンポストを上に広げておくだけでも随分違ってくる

☆bare root(地掘り苗木) のバラや樹木・シュラブの植えつけは、
 今月中に終わらせること!

☆引き続き小さい木やシュラブなど、移植したいものは今が適時

☆新しく植えた木の支柱がしっかりしているかどうか確認する

☆ユリの植え付けはまだ間に合うので、すぐに植える

☆密集しているスノードロップやwinter aconiteの株分けをして、
すぐに植え付ける

☆春咲き球根の芽が出かけているものは周りに肥料をばら撒く

☆室内で栽培していたヒヤシンスやスイセンなどは
 花後に花茎を切ってから、庭に深めに植えつける(7~10cm)
 水と液肥を与えて、葉が枯れるまでそのままにしておく

☆堀上げて貯蔵した球根類のチェックを忘れないように
  (腐ったりカビが生えたものを取り除く)

☆急な寒波の到来に備えて、
 いつでも使えるようにフリースの準備をしておく
(カメリアの蕾や花などはすぐにやられてしまうので、注意する)

☆積雪のあと雪の重みで枝が折れるのを防ぐ工夫を!
 (常緑樹やコニファー類)

☆宿根の雑草を掘りあげる
 春になって活動を始める前にやっておくとよい

☆ハウスプランツの植え替え

☆暖かい日には温室の空気の入れ替えを忘れずに!

☆春の気配と共にS&Sが活動を始めるので、
 コパーリングをデルフィニウムなどの株の周りに置いて、
 早めに被害の予防をする

☆球根の芽が出始めたら、
 リスや鳥避けに掛けていたチキンワイヤーを取り除く

☆樹木やシュラブの周りにラビット保護ガードを巻く






a0208116_20403425.jpg
                         (画像はLong-tailed tit   wigglywigglersから拝借)



☆Wildlife

◎新しい巣箱をかけるのに最適の時期ですよ~♪

すでに巣箱を設置してある場合は、
  取り外して巣箱をきれいに掃除する
       ↓
  沸騰したお湯をかけて消毒し、乾燥させる
       ↓
  新しい藁や乾燥した苔などを入れて、元に戻す

*巣箱をかける場所は、餌場とは離れたシェルターな所を選ぶ

◎鳥の巣作りに必要な材料を庭に準備してやるとよい
 細めの木の枝や、シュラブの茎、枯れ葉、苔、柔らかい鳥の羽根、
 藁、ペットを買っている場合は犬や猫の毛、ウールなどなど

*ウールを入れて木の枝にぶら下げられるフィーダーも
 ペットショップやガーデンセンターで売られているが、
 ウールをボール状に丸めて周りに糸を掛け、ヒモでぶら下げられるようにするだけなので、
 簡単に自分でも作れますので、お試しを。

 (うちでは、こういう準備をしておかないと、
  盆栽鉢の苔をすべて剥がされてしまいます (>_<) )

◎樹木やシュラブにバードフィーダーを吊るしたり、
 バードテーブルを置いて、餌が途切れないようにする

*残りもののパンを与える人が多いが、
 冬場は特にもっと栄養分の多いものを準備する

(ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
 ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、キャットフード、
 フルーツケーキやビスケットなどの残り、ラードやfat ball、mealworm など)

*鳥の種類によって好物が違うので、
 いろんな種類の餌を用意するといろんな鳥が来てくれますよ♪
 木の上で餌をとる鳥もいれば、地面で餌をとる鳥もいるので、
 地面に置くバードフィーダーも忘れないように。
(既成のものでなくても、鉢の受け皿で十分です)

*イギリスの場合、庭にやって来る鳥たちは冬に野生の餌がとれなくなると
 死んでしまう場合が多いのです。
 数年続きの厳冬で、数の減少した鳥も多いようです。
 夏には餌を与えない人も、冬場だけでも鳥の餌を準備するようにして下さい。
 特に急な冷え込みが来たり、雪の降った翌日には餌がとれなくなるので、
 庭に餌を撒くなどして頂ければ、うれしいです。

暗くて長い冬の間、鳥たちが庭にやって来てくれるのを見るだけで、
私たちは十分に大きなお返しを受ける事になるのですから♪

◎バードフィーダーやバードテーブルの定期的な掃除を忘れないように!

*不潔なバードフィーダーから、感染病が広がることも多いとのことです

*サルモネラやE.coliなどの人への感染を防ぐためにも、
 餌やりや掃除のあとには必ず手洗いを決行すること!!!

◎水の補給も忘れずに!
 
 鳥を庭に呼びたいなら、
 餌台の設置だけでなく水飲み場兼水浴び場を作ること!
 常に水浴び場をきれいにして、新しい水に取り替える
 氷が張った朝は、水のみ場の氷を溶かすのをお忘れなく!

◎池に魚を飼っている場合は、氷の張らない場所を一箇所キープしておくこと
(テンスのボールを浮かべたり、pond heater の設置その他)
 
 小さい池の場合はお湯で氷を溶かす

*冬眠中のカタツムリなどを集めて置いておくと、Song thrushなどの餌になる




繰り返し鳥や小動物、虫たちのことを書いていますが、
彼らのヘルプ無しにはオーガニック・ガーデニングはできないのだと言うことを、
いつも心に留めておきたいものですね。





庭仕事はイギリス南東部、特に私の住んでいるロンドン郊外を基準に
書いていますので、日本とは少し違ったところもあります。
時期については、お住まいの地域によって調整をして下さい。
内容について質問のある場合は、どうぞお尋ね下さい。

なお、畑仕事(野菜やハーブ、果樹)については、
菜園日記 の方に書き込みをしています。



[PR]

by lapisland2 | 2015-02-04 20:56 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(2)