「ほっ」と。キャンペーン

夏の日に輝く銀色のエリンジウム



a0208116_828075.jpg



エリンジウムの中でも、毎年欠かせないのがEryngium giganteum 。
なぜか、私は妙にこのエリンジウムに心惹かれてしまいます。


a0208116_8284175.jpg



定植した1年目は、ただのグリーンの葉っぱですが、
2年目になると、これが大変身をします。
夏が近づくに連れて、このトゲトゲのシルバーグリーンの花が
銀色の輝きを増して来るのは、まるでマジックを見ているようです。

夏の月の明るい夜に、この花が庭に白く浮かび上がっているのは、
とても印象的で、Ghostという名もなるほどと思います。


a0208116_830755.jpg



コーカサス地方からイランに掛けてが原産のこのエリンジウムは、
イギリスでは'Miss Wilmott's Ghost'と呼ばれることが多いのですが、
この名は19世紀の園芸家Ellen Wilmottに由来しています。
彼女は、他の人たちの庭にひそかにこの種を蒔き散らして、
思いがけない花が咲いて驚いている人たちの顔を見て楽しむという
茶目っ気のある人だったようですね。

このエリンジウムは広い庭だと、
こぼれダネが芽吹いて増えるようですが、
狭いうちの庭ではちょっと無理なので、
毎年種を蒔いて翌年の準備をすることになります。

エリンジウムの種蒔きは、どの品種も少々難しいのですが、
Eryngium giganteum の場合は、
冷蔵庫に入れたり出したりを繰り返すこともあり、かなり手間が掛かります。
でも、苗が売られていることが少ないので、
厄介でも自分で種蒔きをすることになります。

何回かに分けて少しずつ蒔いておけば、
ラッキーならばいくつかは成功して発芽するでしょう。
天候と気温任せで、あとは神さまにお願いするのみです。
(種蒔きの時期は2月~7月)

運よく神頼みが通じて発芽したら、
少し大きくなってから7.5cmのポットに植え替えて、
コールドフレームの中で冬越しをさせ、翌春に定植をします。




学名: Eryngium giganteum  AGM
英名: Miss Willmott's Ghost、Giant Sea Holly




[追記]

「花」と書きましたが、
真ん中の部分が花(散形花序)で、
周りのシルバーのトゲトゲの部分は「苞葉」です。 



 
[PR]

by lapisland2 | 2012-07-31 08:34 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(8)

蜂を呼ぶエリンジウム


エリンジウムは庭の常連のプランツのひとつです。
日当たりの良い場所を好むので、
拙庭には向かないプランツなのですが、
蜂や蝶を呼んでくれるプランツなので、
なんとか場所を作って植えることにしています。

エリンジウム(またはエリンギウム)はセリ科の植物で、
熱帯から温帯に掛けて約230種類が分布しているようですが、
トゲトゲした形はセリ科の植物とはとても思えないですよね。

ちなみに、日本で人気のあるきのこのエリンギは、
エリンギウムの一種Eryngium campestreの枯死した根から生える
きのこだそうですね。びっくり!
(エリンギの学名は Pleurotus eryngii )



a0208116_365728.jpg


このEryngium planum (エリンギウム・プラヌム) は、
東ヨーロッパの原産ですが、耐寒性が強いので、
よほど寒い冬でなければ、イギリスでも十分に冬越しします。


a0208116_354141.jpg


普通は70~90cmくらいの高さですが、
春からずっと雨が降り続いたせいか、
今年はなんと160cmにも伸びてしまいました。
そのせいで、大雨の日に1mくらいの所で折れてしまって、
支柱を立ててなんとか立っている状態ですが、
それでもたくさん花を付けてくれました。
半日陰なので、日向に比べるとそれほどきれいなブルーの色が出ないのが
残念ですけれど。

この花が開くと、一日中ハチやチョウ、ホーバーフライが集まって来て、
とても賑やかです。


a0208116_345849.jpg



冬場に雨の多いイギリスでは、根腐れを防ぐために、
植え付けの時に土にグリット(園芸用の細かい砂利)を混ぜて
水はけを良くする必要があります。
根がとても長いため株分けは難しいので、
種蒔きをして増やします。

種蒔きは発芽が不規則でなかなか難しいのですが、
10月~2月、または3月~9月に何回かに分けて少しずつ蒔いて、
ラッキーならば芽吹いてきます。(発芽期間は5日~90日)
発芽には低温に合う必要があるので、種蒔きの時期によっては、
冷蔵庫に2~3週間ほど入れておく(4℃)と発芽し易くなるようです。

多年草ですが、うちの庭ではそれほど長持ちはしないので、
数年毎に新しく植え直す必要があります。


'Blue Hobbit' 、'Jade Frost' 、 'Silverstone'、 'Blue Glitter' 、
'Blauer Zwerg' 、 'Blaukappe' などの園芸種が出回っています。




学名:  Eryngium planum
英名:   Flat sea holly。
和名:  マツカサアザミ(松笠薊)、 
別名:  エリンギウム、 エリンジウム


[PR]

by lapisland2 | 2012-07-31 03:21 | Perennial | Trackback | Comments(0)

小粋なクーニャンは元気です



今年もユリの季節が始まっています。
雨の降り続く中、リーガルリリーや上向きに咲くユリの仲間は咲き急いでしまい。
今はキコマユリが満開になりかけています。
小粋なクーニャンは、今年も元気いっぱいで
たくさん花を付けています。


a0208116_7152276.jpg



階段の途中の狭苦しい所では余りにも可哀想なので、
場所を移そうと思いながら、
降り続く雨で鉢を動かせないでいるうちに、
花が咲き始めてしまいました。


a0208116_7155994.jpg



a0208116_7164451.jpg




キコマユリについての詳細は →■



[追記]

一番上の写真のキコマユリの後ろに写っているリーガルリリーですが、
昨年3本のうちの1本が帯化現象を起こして花がたくさん咲いたということを書きましたが、
→ 

今年は3本のうちの2本に帯化現象が出てしまいました。
昨年は24輪でしたが、今年はなんとどちらも30輪以上花を付けました。
こうなると、リーガルリリーの優雅さなんか微塵もありません。
どうやら、帯化現象を起こしてしまった株は、翌年も同様になるようです。

このままどうなるのかもう一年観察を続けようか、
それとも新しく植え直そうか、
どうしたものか迷っています。


[PR]

by lapisland2 | 2012-07-27 07:27 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(0)

初夏に咲く白いピンクッション


今年もアストランティアの白と淡いピンクの花が咲く時期になりました。
水の好きなアストランティアは、降り続いた雨もあまり支障がなかったようです。


a0208116_1957989.jpg



a0208116_19434664.jpg



a0208116_19442168.jpg



濃いダークレッドのアストランティアは、
雨の降りしきる中を2ヶ月間以上も咲き続けて、
いつものように花の終わったあと、花茎も葉もバッサリ切り詰めて、
新しい葉が展開しているところです。

白やピンクの花はいつも一足遅れての開花時期になるので、
春の終わりごろから夏までの間、
随分長い期間この花を楽しむことができます。


a0208116_1946258.jpg


斑入りのアストランティアは、
春の芽吹きの時はこんなにきれいだったのですが・・・

雨続きのために、周りのプランツが茂りすぎて押し潰されてしまい、
花を付けるどころか、息も絶え絶えになっています。
どこか他の場所に植え替えてやる必要がありそうです。



この繊細でやさしい花を咲かせるアストランティアに、
ここ2年ほど大きな悩みが発生しているのですが・・・
そのことについては、またいずれ書くことにしましょう。




昨年のアストランティアについては、こちらを■ 




[PR]

by lapisland2 | 2012-07-26 19:59 | Perennial | Trackback | Comments(2)

ツリバナの碧い実




a0208116_175484.jpg



庭の片隅で、目立たない花を付けていたツリバナに、
いつの間にか碧い実がぶら下がっています。



a0208116_183843.jpg


雨がすきなのか、今年は例年よりもずっと数が多いようです。



秋の熟した実と紅葉はこちらで 


[PR]

by lapisland2 | 2012-07-25 01:14 | Shrub | Trackback | Comments(0)

芝生の張り替え before/after




狭い庭に芝生はない方が手が掛からないのですが、
英国人である同居人は、たとえわずかな場所でも
庭には芝生が必要欠くべからざるものという観念が強く、
頑固に芝生を維持しています。

そんなわけで、芝生の管理は私の管轄外なのですが、
冬の間も,毎日鳥たちに餌を与えるために、
雨や雪の中を芝生を踏んで庭の奥に通うことになり、
毎年春には、傷んで泥だらけになった芝を修復するために
いろいろと手が掛かります。
例年は、土の手入れをしてから禿げている場所に芝の種を蒔くのですが、
余りの状態の悪さに、今年は新たに張り替えることにしました。

芝生を張っている場所は二箇所ありますが、
もう一箇所の方は、数年前に張り替えをしたので、
今回は家に近い手前の庭の張り替えをしました。
(鰻の寝床のような長い庭なので、4つに分割して、
それぞれがまったく違う庭になっています。)

4月に張替えの予定が、余りの悪天候と低温に延ばし延ばしになって、
ようやく張り替えたのが6月の初めですが、
雨続きのために、芝生の伸びが早く6月下旬にはほぼ定着状態に。
もう少し長めにしておけばきれいなのにと思いますが、
丈夫な芝にするためなのか、毎週短く刈り込んでいます。


a0208116_18281677.jpg

4月にはすでに芝生をすべて剥がして、土の準備をしていたようですが、
数年前まで植わっていた大きな桜の木の根っこの残りが至る所を走り回り、
それを掘り起こすのが大変だったようです。

a0208116_18284513.jpg


6月初めの張替え直後。

a0208116_1829978.jpg

6月下旬の張替え約3週間後。


お天気が少しよくなったら、
周辺の部分を刈り込んで形を整える必要がありそうですね。



[PR]

by lapisland2 | 2012-07-20 18:35 | 四季の庭 | Trackback | Comments(0)

雨上がりに咲くブラック・ビューティー



雨上がりの庭の奥の木陰で、なにやら怪しげな気配が・・・。
そして、このなんとも言えぬ芳しい香りは・・・。





悪天候にもかかわらず、ドラゴン・アラムが花開きました。



a0208116_1863876.jpg




花はこの世のものとは思えないほど奇怪でありながら、
妖艶な美しさがあり、雨の多い今年は特に艶々と怪しい姿を見せています。

ワインレッドのビロードのマントから、
真っ黒な長い舌が突き出ているさまは、なんともいやはや。。。
これは、いったい神の造形物なのでしょうか、
それとも悪魔の仕業でしょうか。


花が開くと、花粉の交配に必要なハエを呼び寄せるために
腐った肉のような悪臭を放ちます。
私は嗅覚が鋭い方ですが、悪臭はほんの一日ほどのことなので、
我慢できないほどでもありません。
庭の奥に植わっていることもあって、
気が付かないうちにいつの間にか花が終わってしまっていることもあります。

花期が短いので、小旅行から帰って来ると、
すでに朽ち果ててしまっていました。



切れ込みの深い波打つ葉はマーブル模様が入り、
茎にもまだら模様が入りますが、
花が終わる頃にはデレンとなって枯れてしまいます。
葉っぱ好きの私には、この奇妙な葉っぱもなかなか魅力的です。

秋には実が朱色に熟します。
根に毒がありますが、処理を施して毒性を抜いたスターチ(Arum Arrowroot)は、
飢饉の時などに小麦粉の代わりに食用にしたようです。
日本のヒガンバナの話と似ていますね。

ギリシャ、クレタ島から地中海東部、
バルカンからトルコ南西部に掛けてが自生地のようですが、
エキゾチックな見かけによらず、
ここイギリスでも南部では十分に冬越しをします。
自生地では春に花を咲かせるようですが、
イギリスでは普通6月から7月上旬頃に開花します。
自生地ではかなり巨大なプランツのようですが、
ここではそんなに驚くようなサイズにはならないようです。





学名: Dracunculus vulgaris
英名: Voodoo Lily、Dragon Lily、Dragon Arum、
    Dragonwort、 Stink Lily、Black Arum、
    Black Dragon などなど


[追記]

1.「花」と書きましたが、詳しく言うと仏炎苞と肉穂花序です。

2.下のサイトに詳しい植物図が載っていますので、参考に。
(サイトのイラストはコピーライトで保護されているために、拝借できませんので、
リンクを張っておきます。)



[PR]

by lapisland2 | 2012-07-18 18:13 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(12)

イングリッシュ・ラベンダー



a0208116_17464843.jpg



大好きなイングリッシュ・ラベンダーも、
今年はいつもより1ヶ月近く遅いようです。


a0208116_17474090.jpg



ドライフラワーにするには、
これくらいで切るといいのですが・・・
それがなかなかできないで迷っているうちに、
いつも開き切ってしまいます。

雨続きで、どのラベンダーも形が乱れに乱れています。
今年はそれを理由に、早めに刈り取ってしまった方がいいかもしれませんね。



[PR]

by lapisland2 | 2012-07-14 17:51 | Shrub | Trackback | Comments(2)

はっぱふみふみ 2.


4月から6月にかけての雨量が記録破りに多かった今年ですが、
7月に入っても夏の兆しはなく、今日もまた冷たい雨が降っています。

葉っぱの多い庭の中でも、
最も数や種類が多く、狭い庭を占領しているのは羊歯とギボウシです。
どちらも雨が好きなので、大きな葉っぱを広げて、
元気いっぱいのようです。

シダは殆ど敵無しですが、
ホスタ(ギボウシ)の方は、最大の敵S&S軍団が徐々に勢力を広げてきていますので、
ボロボロになるのも時間の問題だろうと思います。

イギリスでのホスタ栽培には、
日本ではとても想像できない過激な戦いが付いて回ります。
春の芽吹きから秋の黄葉まで、
庭では無敵艦隊S&S軍団を敵に回しての壮絶なバトルが繰り広げられますが、
オーガニックガーデニングを実践している者にとっては、
これは殆ど勝ち目のない戦いです。
ビールを入れたトラップ、オーガニックのペレット、ガラスの粉、グリット、
銅線やコパーリングなどなど、ありとあらゆる武器を用いて戦いに挑みますが、
力尽きて白旗を掲げるのは、人間の方です。
時には10cm以上もある大王の姿を目にすると、
これはもうハハァ~~と膝間づくしかありません。
二年前の厳冬で、種族の数を減らした殻無し族でしたが、
この雨で勢力復活の兆しを見せていますし、
殻有り族の方は-10度も平気の平左、
殻無し族の衰退していた間に、どんどん占領地を広げてしまいました。

唯一の策は、庭にホスタを植えないことです。

でなければ、毎晩頭に懐中電灯をつけて、手には箸を持ち、
不眠不休の夜警団に加わることです。
でなければ、夏のホリデーにも出かけず、ホスタの警備に当たります。
でなければ、ホスタはすべて銅線でぐるぐる巻きにした鉢に植えることです。

そのいずれにも徹することが出来ない私には、
S&S軍団との終わりなき戦いが残されているのみです。


a0208116_1934973.jpg



というわけで、
まだ葉っぱがきれいな間に、ほんの少し顔見世興行をしておきましょうか。
ホスタは余りにも園芸種が多いので、
名札を失くすと品種名はわからなくなってしまいますので、
あしからず。


a0208116_199653.jpg


Hosta nigrescens
とても渋いブルーグレイの葉っぱですが、
残念ながら写真にはその色がでません。


a0208116_19111851.jpg


Hosta fortunei 'Spinners'
けっこう場所取りです。


a0208116_19153191.jpg


Hosta sieboldiana  'Elegans'
これも大きくて場所取りなのでまいっていますが、
純白の花と葉っぱの対比が美しいので、なんとか維持しています。


a0208116_19263246.jpg


名前失念。
うちにあるホスタの中では、一番きれいな花を咲かせますが、
葉っぱはS&Sの大好物らしく、花の咲く頃には葉っぱはボロボロになっています。


a0208116_19192841.jpg


Hosta 'Blue Skies'

とてもきれいなブルーの葉ですが、
どうも写真写りはよくないようで、実物の色は出てくれません。


a0208116_19242697.jpg


Hosta undulata var.univittata かな?
葉っぱが出始める頃はもっとクリンクリンです。


[追記]
Slug & Snailを略して、S&S軍団と呼んでいます。

[PR]

by lapisland2 | 2012-07-03 19:44 | Perennial | Trackback | Comments(6)

初夏に咲く雪の妖精ジレニア 2.


a0208116_2243054.jpg


ウィンブルドンが始まる頃に咲き始める小さな花ジレニア。
昨年ご紹介しましたが、大好きな花と葉っぱなので、今年も。

昨年の様子は、こちらで→ 

雨ばかりで気温の低い日が続いているため、
殆どの花の開花が1ヶ月近く遅れているイギリスですが、
ジレニアには余り影響がないのか、例年と同じ頃に咲き始めました。

a0208116_225350.jpg


ミツバシモツケソウという和名や、楚々とした風情から、
日本の植物だとばかり思い込んでいたこともあったのですが、
原産地は北米のマサチューセッツからジョージアにかけての
森や山麓地帯だそうです。

庭園などで大きな株に育っているのを見ると、
雪の妖精のような可憐な雰囲気があります。
狭い庭では、そこそこの大きさにしかできないのが残念ですが、
他のプランツたちとはうまく調和しているようです。

ジレニアは、湿気のある酸性から中性の肥沃な土を好むので、
日本の土によく合うようですね。
こちらでは、少し酸性土を加えてやる方がよさそうです。
日陰または半日陰を好むので、その点では拙庭にも合っています。

秋には、赤銅色に紅葉するということですが、
残念ながらうちでは黄色く変色したあと落葉してしまいます。




[PR]

by lapisland2 | 2012-07-02 22:10 | Perennial | Trackback | Comments(9)