「ほっ」と。キャンペーン

スキミアは、つぼみのうちが華なのよ



a0208116_20203779.jpg



西日本では、山に行けば普通に見られるミヤマシキミですが、
日本では庭に鑑賞のために植えるということは少ないですよね。

欧米では、赤い実や蕾・花、そして常緑の葉を観賞するために、
庭園や庭によく植えられます。
また小さい株は、冬の寄せ植えの材料としても人気があります。

ミヤマシキミの仲間は、こちらではスキミアと呼ばれていますが、
たぶん、shikimi が skimmia になったものと思われます。

a0208116_20515939.jpg


動物や鳥が食べないこともあって、
秋から冬の間ずっと真っ赤な実を付けてくれるので、
さびしくなる庭には、貴重なプランツです。

スキミアの殆どが 雌雄別株なので、
実をたくさんつけるためには雄株が必要になりますが、
'Rubella'  が使われることが多いようです。

a0208116_2022631.jpg


a0208116_2026081.jpg


'Rubella' は秋になると、ダークレッドの蕾を付けますが、
その粋で渋い蕾の色は、長くて暗いイギリスの冬を彩ってくれる
大切なシュラブのひとつです。
いつまでもつぼみのままでいてほしいくらいですが、
そうも行かず、春になると甘い香りのクリーム色の花を咲かせます。

もう一つ、冬の間ずっと蕾の色を楽しめるスキミア(雄株)には、
'Kew Green' があります。

a0208116_20242943.jpg


ライムグリーンの蕾は、
ダークレッドの 'Rubella'  と隣り合わせに植えると、
とてもいい組み合わせになります。

a0208116_20391599.jpg


スキミヤの仲間はヒマラヤから、東南アジア、東アジアにかけての原産ですが、
いずれも、日陰から半日陰を好み、
日向では葉が日焼けしてしまいます。
酸性土を好むので、
イギリス南東部の石灰質の土には合わないので、
鉢植えにした方が葉色もいいようです。
酸性土をたっぷり入れて、地植えにしたことも何回かありますが、
どうもうまくいかないようで、葉が落ちたり黄色くなってしまいます。

小さく保つには、花後に軽く剪定をします。
地植えで、植え場所がよくない時は、冬の間に植え替えるといいでしょう。

イギリスは雨が多いので、時々カイガラムシが付きますが、
ブラシでこすり落として石鹸水をスプレーしておけば、
問題はありません。
葉にはアルカロイドが含まれ、実も有毒なので、ご注意。


a0208116_2025234.jpg




学名  Skimmia japonica
英名  Skimmia
和名  ミヤマシキミ (深山樒)

ダークレッドの蕾のは
     Skimmia japonica 'Rubella'
ライムグリーンのは、
     Skimmia x confusa 'Kew Green'  


[PR]

by lapisland2 | 2012-01-22 20:53 | Shrub | Trackback | Comments(2)

ヘビ模様の葉っぱ


秋の初めに、毒々しい色の鎌首を持ち上げていたこいつたちは


一度この世におさらばして、
晩秋になると、見事な変身を遂げて再び出没します。


a0208116_20304558.jpg


長い冬の間、雪にも氷にも負けず、
ヘビ模様の葉っぱを広げて、
さびしくなった庭に彩りを添えてくれる貴重なプランツですが、
毒々しい実だけでなく、全草が有毒ですので、ご注意を!

私はフラワーアレンジに葉っぱを使うので、
必ず手袋をはめて触るようにしています。




学名   Arum italicum ssp italicum var marmoratum  
英名   Italian arum  Italian Lords-and-Ladies
和名もしくは流通名  アルム・イタリカム


a0208116_20363211.jpg


[追記]

品種名については、私が購入した時には'Pictum'となっていました。
私は'Pictum'と覚えたので、今でもこの名前を使っていますが、
'Marmoratum'と言うのが正式名かも知れません。
RHSでは'Pictum'と'Marmoratum'は同じものとして取り扱っているようですが、
欧米のナーサリーでは区別して売っている所も多いようで、混乱があるようです。
というのも、この斑入りのものは、
植える場所や気候によって、斑の入り方が微妙に違ってくることが、
はっきりしない理由の一つかもしれません。
他にも何種類か、違う斑入り品種が出回っています。

[PR]

by lapisland2 | 2012-01-15 20:38 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(0)

冬に咲くアイリス




クリスマス・お正月と暖かい日が続いたので、
カンザキアヤメが咲き始めています。
冬に咲く花は、白や黄色が多い中で、
きれいなブルーは目に沁みます。


a0208116_0433048.jpg



昨夜から天候が一変し、今朝はきつい霜が降りました。
週末にかけて零下の気温が続くとのことなので、
アイリスの花びらも、凍って溶けてしまうことでしょう。

でも、心配はいりません。
気温が上がれば、再び小さなつぼみを持ち上げてくれます。
そして、冬から早春まで、硬い葉っぱの陰から、
次々と花を咲かせ続けてくれます。

英名では、なぜかAlgerian irisと呼ばれることが多いのですが、
原産地はギリシャから エーゲ海諸島、そして北アフリカにかけての
広い範囲に渡り広がっています。
地中海気候の乾燥地帯が原産なので、
イギリスでは、南向きの塀のそばに植えるなどの保護が必要になります。
うちでは、昨年の厳冬で、すっかり枯れてだめになってしまいましたが、
春になると新しい葉を出してくれて、ほっとしました。

花をたくさん咲かせるためには、
夏の間に灼熱の太陽に焼かれる必要がありますが、
この国では到底無理なこと。
冬に日本に帰ると、
関西では冬の日差しを浴びて、たくさん花をつけているのを見かけるのは、
夏の暑さが幸いしているのでしょうね。

雨の多いイギリスでは、グリットを混ぜた水はけの良い土に植え、
水遣りも施肥もしない方がいいようです。
株分けは6~7月に。
でも、株分けの翌年は花を付けてくれないので、そのつもりで。

名札を失くして、品種名はわかりませんが、
他にもちょっと珍しい白花などがあります。



学名  Iris unguicularis
英名  Algerian iris 、Winter-flowering iris
和名  カンザキアヤメ (寒咲き菖蒲)

[PR]

by lapisland2 | 2012-01-14 00:48 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(0)

有毒なのにおめでたいとは



日本の代表的なお正月の枝ものというと、
南天が上げられると思いますが、
こちらイギリスでは、切花としてはまったく出回りません。


a0208116_3165286.jpg



庭植えのプランツとしても、
一昔前には、ガーデンセンターで見かけることもまれで、
たまに見かけると、びっくりするほど高価でした。
でも、お正月の生け花や、お料理に添えるのに、どうしても南天がほしくて、
一株は15年ほど前に植えましたが、今では大株になっています。
保険のつもりで、もう一株を10年ほど前に植えましたが、
これもうまく定着してくれたようなので、
ここ数年は背の高くなりすぎた枝を順に切り詰めて、更新しています。

病害虫もなく、まったく手のかからないプランツですが、
雨の日が多い上に、年中強風の吹く地域なので、
花はたくさん咲いても結実しないことが多く、
実がついてもその殆どが風で吹き飛ばされてしまいます。
日本では、梅雨の時期に花が咲いて、雨を気にしていましたが、
こちらでは雨風共に気になって、袋を掛けたりはずしたり。

日本にいた頃は、ひよどりに食べられないように、
お正月用に取っておきたい何本かには、
秋になると袋を掛けていましたが、
幸いなことに、こちらの鳥たちはヒイラギの実の方が好みのようです。
おかげで、冬の間ずっと赤い実が残ってくれます。

実だけでなく、芽吹きの頃のダークレッドの新葉も、
古い葉のコパー色の紅葉も楽しむことができます。

a0208116_3204232.jpg


プランツ全体に hydrocyanic acid (青酸、正確にはシアン化水素) を含む
有毒植物だということなのに、
中国や日本ではおめでたい植物として扱われており、
日本では料理の飾りにも使われるのは、まったく腑に落ちませんが、
調べてみると、青酸を含んでいるにもかかわらず、
人には害がないとのことで、ほっと一安心です。
そして、実はアルカロイドを含むので、草食性動物やネコには有毒だけれど、
鳥には影響がないのだそうです。
欧米では、その毒性を生かして、
ウサギや鹿の侵入を防ぐために植えられることもあるようです。

a0208116_3193144.jpg


原産地は、ヒマラヤ以西の東アジアから日本にかけて。
イギリスには、1804年にスコットランド人の William Kerrによって紹介されましたが、
最初は耐寒性がわからないために、温室植物として栽培されたようです。

南天は USDAではゾーン4~10まで耐寒性ありとされており、
昨年の厳冬(-10℃以下)でも大丈夫でしたが、
実をたくさん付けるには、イギリスの気候は適していないようです。

ここ数年、グランドカバーや冬の間の鉢物として、
オタフクナンテンに人気が出てきました。
ちなみに、センリョウはこの国では地植えは無理なので、出回っておらず、
マンリョウは温室栽培になります。



学名:  Nandina domestica
英名:  Nandina 、Heavenly bamboo、Sacred bamboo
和名:  ナンテン(南天)


[PR]

by lapisland2 | 2012-01-13 03:31 | Shrub | Trackback | Comments(0)

A Happy New Year '12



a0208116_5491743.jpg

[PR]

by lapisland2 | 2012-01-04 05:50 | Green House/Indoor | Trackback | Comments(0)