「ほっ」と。キャンペーン

スイセンノウよりはフランネルソウ




a0208116_20123436.jpg


7月の好天気にスイセンノウが咲き始めて、最盛期はすでに過ぎましたが、
まだ次々と花を付けてくれています。
スイセンノウ(酔仙翁)の名のいわれはいくつかあるようですが、
それよりも花が咲き始めるまでの銀色のうぶ毛の生えたフェルトのような葉には、
フランネルソウという名の方がぴったり来るように思います。


a0208116_20133715.jpg



濃いローズ色の場合も、花が小さいことと、長い茎はシースルー効果があるので、
たくさん咲いても目立ちすぎるということがなく、
周りの花や葉っぱともよく合って、邪魔になりません。
一番可愛いのは、白の真ん中にポッとピンクが入る
‘Angel's Blush’という品種ですが、
これは種取りをして蒔いても同じ花が咲くとは限らないので、
苗が手に入った年だけ植えることになります。

原産地は南ヨーロッパとのことで、乾燥した岩の多い所に生えているのを想像しますね。
多年草ですが、短命なために普通は2年草扱いになります。
適地であれば、こぼれダネで増えますが、
狭い拙庭では無理なので、毎年種まきをします。
種まきは室内では3~4月に、直播をする場合は7~8月に。
こぼれダネで芽が出ている場合は、春もしくは初秋に定植をします。


a0208116_20143823.jpg


花色はローズ色の濃淡、白、白の中にピンクの入るものなどに加えて、
八重のローズ色もあります。
日当たりと水はけの良い場所が最適ですが、
半日陰でもけっこう次々と花を付けてくれます。
乾燥を好むのでドライ・ガーデンに植えられることも多いのですが、
私の経験では水切れすると、すぐに下葉が枯れてしまいます。
7月から9月まで長い間途切れることなく花を付けてくれる上に、
害虫なども殆ど付かないので、手間が掛からない花で、
私のような不精な者にはもってこいの花ということになります。
とは言っても、花期を長くするためには花殻摘みは欠かせませんけれどね。

そうそう、鹿やウサギの出る庭にはぴったりかもしれませんよ。
彼らはこの花には殆ど興味を示さないようですから。


a0208116_20154180.jpg






学名:Lychnis coronaria   AGM
英名:Rose Campion、Dusty miller、Rose cockle など
和名:スイセンノウ(酔仙翁)
別名:フランネルソウ

[PR]

by lapisland2 | 2013-08-22 20:19 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(4)

秋色に変身のエリンジウム 'Miss Wilmott's Ghost'


a0208116_21415135.jpg



夏の間 銀色に輝いていたエリンジウム'Miss Wilmott's Ghost'は、
すでに色褪せて、秋色になっています。

夏の様子は、こちら→ 






冷たい秋雨が続くようになり、
気温もだんだん低くなってきました。
庭の花たちも咲き急ぎ、
木々の葉が最後の彩りを見せてくれるのも、
もうすぐでしょう。


この週末にイギリスを発って、日本に里帰りします。
東京周辺で1週間ほど過ごした後、神戸に戻る予定です。
小さいPCを持って行きますので、
日本滞在中に時間が取れたら、
溜まっている庭園訪問の記事など書き込めたらと思っていますが、
普段は使っていないPCなので、
うまく画像が貼れるのかどうか気になるところです。

ではでは。

[PR]

by lapisland2 | 2012-10-12 21:47 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(4)

夏の日に輝く銀色のエリンジウム



a0208116_828075.jpg



エリンジウムの中でも、毎年欠かせないのがEryngium giganteum 。
なぜか、私は妙にこのエリンジウムに心惹かれてしまいます。


a0208116_8284175.jpg



定植した1年目は、ただのグリーンの葉っぱですが、
2年目になると、これが大変身をします。
夏が近づくに連れて、このトゲトゲのシルバーグリーンの花が
銀色の輝きを増して来るのは、まるでマジックを見ているようです。

夏の月の明るい夜に、この花が庭に白く浮かび上がっているのは、
とても印象的で、Ghostという名もなるほどと思います。


a0208116_830755.jpg



コーカサス地方からイランに掛けてが原産のこのエリンジウムは、
イギリスでは'Miss Wilmott's Ghost'と呼ばれることが多いのですが、
この名は19世紀の園芸家Ellen Wilmottに由来しています。
彼女は、他の人たちの庭にひそかにこの種を蒔き散らして、
思いがけない花が咲いて驚いている人たちの顔を見て楽しむという
茶目っ気のある人だったようですね。

このエリンジウムは広い庭だと、
こぼれダネが芽吹いて増えるようですが、
狭いうちの庭ではちょっと無理なので、
毎年種を蒔いて翌年の準備をすることになります。

エリンジウムの種蒔きは、どの品種も少々難しいのですが、
Eryngium giganteum の場合は、
冷蔵庫に入れたり出したりを繰り返すこともあり、かなり手間が掛かります。
でも、苗が売られていることが少ないので、
厄介でも自分で種蒔きをすることになります。

何回かに分けて少しずつ蒔いておけば、
ラッキーならばいくつかは成功して発芽するでしょう。
天候と気温任せで、あとは神さまにお願いするのみです。
(種蒔きの時期は2月~7月)

運よく神頼みが通じて発芽したら、
少し大きくなってから7.5cmのポットに植え替えて、
コールドフレームの中で冬越しをさせ、翌春に定植をします。




学名: Eryngium giganteum  AGM
英名: Miss Willmott's Ghost、Giant Sea Holly




[追記]

「花」と書きましたが、
真ん中の部分が花(散形花序)で、
周りのシルバーのトゲトゲの部分は「苞葉」です。 



 
[PR]

by lapisland2 | 2012-07-31 08:34 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(8)

秋の風に揺れるコスモス



a0208116_02053100.jpg



コスモスの原産地はメキシコの高原地帯なのに、
私にとっては日本の秋を思い出させてくれる
ノスタルジックな花です。
風に揺れているこの花を見ると、
いつも遠い彼方の秋の風景を思い浮かべます。
柿の木や、ススキの野原など、日本では普通の風景が、
胸が痛くなるほど懐かしいのです。

そんなわけで、毎年庭のどこかに必ずコスモスを植えます。
中でも定番は、'Psyche White'という白い半八重の花。
シンプルな一重の白も好きですが、
この'Psyche White'は、楚々とした中に、
少しあでやかさも感じられます。

コスモスは、原産地と同じ石灰質の土が合うせいか、
半日陰の庭でもよく咲いてくれます。
でも、日本のようにこぼれダネでは増えてくれないので、
毎年種蒔きが必要になります。


a0208116_0213984.jpg



a0208116_0223478.jpg



'Daydream 'は、どれひとつとして同じ花が咲かないので、
それも楽しみのひとつですね。


a0208116_0232681.jpg



これは袋咲きの'Seashells 'ですが、
実際の色は濃いローズ色なのに、
いつものように、私のコンデジではこういう系統の色は
なぜか出てくれないので、変な色に写っています。
ダークなローズ色を想像して見てくださいね。



♪ こんな小春日和の穏やかな日は
もう少しあなたの子供でいさせてください ♪

一昔前、この歌を歌った人は、
二十歳にも満たない年で、
こんなにしっとりした情感の歌が歌える人だったのですね。



学名: Cosmos bipinnatus
英名: Cosmos 、 Mexican aster
和名: コスモス、アキザクラ(秋桜)、オオハルシャギク(大春車菊)

[PR]

by lapisland2 | 2011-11-11 00:26 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(2)

秋のアサガオ


アサガオというと、すぐに盛夏を連想しますが、
こちらでは、晩夏から秋に掛けて咲くものが多いようです。

日本のアサガオは、何回か植えてみましたが、
どうもうまく育ちません。
種蒔きをして、苗が順調に育っても、
外に出してからなかなか気温が上がらないせいでしょうか。
6月になっても、霜が降りたり、ヒョウが降ったりすることも
ありますからね。
そのせいか、こちらではアサガオを温室の花として扱っている
庭園も多いようです。

『郷に入りては郷に従え』の言葉通り、
こちらでよく見かける丸葉アサガオはとても元気で、
霜が降りる頃まで次々と休むことなく花をつけてくれます。


a0208116_733516.jpg


うちの庭では、ここ数年、この「ヤルタの星」という
濃紺のアサガオが定番になっています。
花はシルクのような輝きがあり、
深いブルーの中にさらに深いインクブルーの縞が入り、
真ん中にはほんのりピンク色が覗くと言う素敵な色合いで、
丸葉アサガオなのに、どこか和風の趣があります。


a0208116_7335316.jpg


スカイブルーの’Heavenly Blue'や
淡い水色のConvolvulusと組み合わせても、
なかなかいいものです。


a0208116_73545.jpg





学名  Ipomoea purpurea 'Star of Yelta'
英名  Morning Glory

[PR]

by lapisland2 | 2011-10-12 07:40 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(6)

キツネのてぶくろ



a0208116_20482154.jpg



コテージガーデンには必須のフォックスグローブ。
2年草なので、毎年種まきが必要になります。

広い庭では、こぼれダネで勝手に広がりますが、
狭い庭では花が終わったら、種を付ける前に花茎を刈り取って、
新たに種を蒔いて来年の準備をします。

今年は白い花の種を蒔いたのですが、
なぜかピンクの花が咲いてしまいました。


a0208116_20495593.jpg



a0208116_20503396.jpg



a0208116_20511433.jpg



こちらの野に咲くフォックスグローブは、
濃いピンクのものがほとんどのようです。

学名: Digitalis purpurea 'Excelsior'
英名: Foxglove
和名: キツネノテブクロ  別名ジギタリス

[PR]

by lapisland2 | 2011-06-23 20:53 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(0)