さわやかなイエロージャスミン




a0208116_04151737.jpg



今年は春以降例年よりもずっと暖かく晴れる日が多かったせいか、
鉢植えのイエロージャスミンが珍しくたくさん花をつけてくれました。
いつもはチラホラで終わってしまうので、うれしいボーナスです。
6月下旬ごろから咲き始めて、最盛期は過ぎましたが、まだ咲き続けています。

ロンドンの街中やウォールガーデンなどでは、
かなり大きな株になっているのを見かけることもありますが、
うちの周辺ではあまり見かけることがありません。
耐寒性はかなりあるようなのですが、
強風の吹く地域には合わないということなのかもしれません。
一つ一つは小さい花ですが、レモンイェローに近いくっきりとした黄色なので、
満開になると目を引きます。
香りは日向だともう少し濃厚なはずなのですが、
うちでは半日陰のせいかそれほど強くはなく、
そばを通り過ぎてからその存在を思い出すと言ったところでしょうか。


a0208116_04164842.jpg



原産地はアフガニスタン、パキスタン、ネパール、ミャンマー、ヒマラヤ、
中国中部から南西部、チベットなど広範囲に広がるようなので、
暑さにも寒さにも強いということになるのでしょうが、
うちでは Jasminum Officinaleほど耐寒性はないように思います。
旅先のシシリー島やギリシャなどでよく見かけましたので、
Italian jasmineと呼ばれる別名にも納得です。



a0208116_04160481.jpg


場所があればシュラブとして育てると、
ゆるやかに垂れ下がる枝がなかなかいい姿なのですが、
場所の限られる拙庭では塀に添わせてクライマーにしています。
大きさは縦横共に1.5-2.5mくらいですが、
花後の剪定で大きさは適当にセーブできます。
暖地では常緑のようですが、うちでは冬場はほぼ葉を落としてしまいます。



学名:Jasminum humile 'Revolutum'    AGM
英名:Italian jasmine  yellow jasmine
和名:キソケイ(黄素馨)
   流通名:イエロージャスミン、ヒマラヤジャスミン




[追記]

ちなみに、日本でよく見かけるカロライナジャスミンは全く別物です。
(カロライナジャスミンは、マチン科のプランツで、
別名イエロージャスミンと呼ばれますが、
モクセイ科のジャスミンJasminum humile とは別物です。
カロライナジャスミンはジャスミンのような香りがあり、花も似ていますが、
全草が有毒で、口にすると目まいや、呼吸機能の低下などの中毒症状を呈し、
死に至ることもあるので、
くれぐれもジャスミンティーなどにして飲まないように気を付けてください。)

カロライナジャスミンの毒性の詳細についてはこちらを参照→


[PR]

by lapisland2 | 2017-07-27 21:06 | Climber | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/237377959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ezaffashz at 2017-07-31 22:20
lapisさん、こんばんは!月イチです。
これ、前々から欲しいと思っていたら、今年偶然、京成バラ園のガーデンセンターで入手することができました。
バラのベストシーズンを狙って出掛けたら時ならぬ猛暑になり、同行者ともども熱中症になりかけて、バラ鑑賞の方は散々でしたが、イエロージャスミンが入手できたのでよしとします(笑)。
ただ、冷え込む長野で越冬できるか、不安ではあります。

ジャスミナム・オフィキナーレはこれより耐寒性が強いのですか!?
日本だと最近ゴールドリーフのものが出回っているのですが、基本種が売ってないので残念なんですよね・・。
Commented by surume at 2017-08-01 09:47 x
Lapisさん おはようございます。早朝からkクマゼミがうるさいです。
イエロージャスミンの黄色の花と濃い緑の葉が涼やかです。これだけ茂っても暑苦しく
ないのがいいですね。
和名のキソケイの方がわかりよいですね。どこかで見たような、でもイエロージャスミンの名はあまりきかないし、調べているうちにようやくわかりました。
鉢植えでもこんなに立派に育つのですね。我が家にも植えたくなりました。
Commented by lapisland2 at 2017-08-02 07:23
月イチさん、こんばんは。
長野の冬の気温はよくわかりませんが、うちの辺りは最低気温ー7~-8℃と言ったところです。
私が体験したのでは数年前にー15℃まで下がったことがありましたが、なんとか生き延びてくれました。
うちの周辺は雪は少ないのですが、冬の間中ずっと雨が降り続くので、寒さというよりは根腐れで殆どの植物がやられてしまいます。
たぶん雪の下の方が植物にとってはよいのではないかしらと思います。
うちではJasminum Officinaleの方がこのイェロージャスミンよりかなり耐寒性があるように思います。拙庭には斑入りのもあるのですが、そちらも耐寒性は普通のに比べて少し劣るかなと言った程度です。
こちらは春以降の気温がなかなか上がらないので、寒い冬の後の芽吹きはどの品種もかなり遅くなります。

今RHSのサイトを見てみたら、
Jasminum Officinale,the common summer jasmine, is frost hardy and suitable for outdoor cultivation against a sunny, sheltered wall in mild UK regions only.
とありましたので、チルターンという強風の吹くロンドンよりはかなり寒い土地でうまく育っているのはラッキーなのかもしれません。
Commented by lapisland2 at 2017-08-02 07:30
surumeさん、こんばんは。
そちらは猛暑の毎日のようですが、こちらは毎日雨ばかりです。
イエロージャスミン、和歌山の気候は私の所よりもずっと適しているのではないかと思いますが、日本では庭木としてはあまり出回っていないみたいですね。
すっきりした黄色なので、夏でも暑苦しいという感じにはならないし、ジャスミンは葉っぱがきれいなので、花が殆ど付かない年でもまあいいかなと思っています。
鉢植えと書きましたが、実際は塀に添って置いた大きめの長方形のコンテナーで、
根元の空いた場所には季節によって違ったグランドカバープランツを植えてマルチングの代わりにしています。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード