9月の庭仕事


9月になりましたね。
こちらイギリスは7・8月と欧州からのヒートウェーブが何回もやって来て、
寒暖の差が激しく、人だけでなく植物や鳥たちも戸惑っているように思います。
8月末の短い熱波でいよいよこれで夏も終わりかと思っていたら、
9月に入ってからまた熱波がやって来ました。
秋はもうそこまで来ている気配はそこここに感じますが、ぶり返す暑さに足踏みをしているようです。
でも、鳥たちはすでに庭に戻り始め、少しずつさえずりの声が大きくなってきています。
庭では夏の花たちも色褪せて、
野ではすでにヤナギランやアザミの綿毛も飛び去り、
ナナカマドやサンザシの実が色づいています。
季節は終焉に向かい始めると同時に、新しい季節への繰り返しの準備も始まっているようです。

ガーデナーにとっては、今月も忙しい月になりそうです。


a0208116_18072254.jpg



☆冬までに定着するように、
 できるだけ早く耐寒性1年草の種まきをする
 (必要ならば、フリースやクローシェで保護する)
 キンセンカやニゲラ、poached egg plant(Limnanthes)、
 カリフォルニアポピー、ナスタチウム、
 ヒメコスモス、コーンフラワー、ラークスパー、など

*今の時期に蒔いておくと、来年花が早く咲く

☆2年草の苗を定植する
 
 ウォールフラワー、ワスレナグサ、フォックスグローブ、
 スィートウィリアムス、オネスティなど

*ウォールフラワーの種まきをし損ねた場合は、
 これからの時期ガーデンセンターやマーケットで束にして売られる苗を
 買って植えるとよい

☆コルチカムの球根の植え付け

☆秋植え球根を植えつける

 特にダフォディルやFritillaria imperialis などは早めに

(水仙の根は晩夏に伸び始めるので、
 その時期に植えると水分や栄養分をよく吸収するため)

*ただし、チューリップは11月まで待つこと!

☆芝生に小さい球根(クロッカスやフリティラリアなど)を植え込む

*リスが掘り返すのを防ぐために、
 植えた球根の上からワイヤーネットをかぶせるのを忘れずに!

 (普通のネットでは喰いちぎってしまうので注意)

☆クリスマス用の水仙やヒヤシンスを植える

*preparedと書いてある球根を買う

☆引き続きbedding plants の花がら摘み・水遣り・施肥を
 定期的にして、花期が秋まで続くようにする
   ↓
ボーダーの花が終わった所に多年草の鉢を置いたり、
プリムラやパンジーなどを植えて秋から冬までの間も
花が続くようにする

☆ハンギングバスケットやポットの寄せ植えも、
 花がら摘み・水遣り・施肥を定期的にして、
 花期が秋まで続くようにする

☆引き続き、晴れた日を選んで種取りをする

(採った種は紙袋に入れて乾燥した所に吊るして数日乾かした後、
 ごみなどを取り除いてからラベルをつけ、密封容器に入れて、
 冷蔵庫や涼しい場所に保管する。あるいはすぐに蒔く)

☆花が終わった宿根草は、根元から刈り取って、コンポストに

*ゲラニウム、プルモナリア、ユーホビア、ぺオニーetc.

☆カメリアに水遣りと施肥を忘れずに

*イギリスの場合、南東部など石灰質の地域では、
 水道水よりも溜めておいた雨水をやる方がよい

☆秋の嵐に備えて、支柱の点検をしておく

 ダリア、ジャパニーズアネモネ、アスターなど

☆クライマーを植えつけるのに最適の月なので、
 植えつける場所を選び、土の準備をする。

☆ダリアも今月は最盛期になるので、花がら摘みを忘れず、
 支柱がしっかりしているかどうか確かめる

 毎週の施肥も忘れずに!

☆アルパインのプランツにグリットでマルチングをする

☆クライミング・ローズ、ランブリング・ローズの花後の剪定をする

 (剪定した茎を挿し木に使える)

☆バラの黒点病やさび病の兆候のある葉は、
 すべて市町村の収集するグリーンビンに入れるか焼却し、
 下に落ちた葉もすべて拾って同じように処分する

*家庭のコンポストは温度がそれほど上がらないので、入れないこと!

☆植えてから3~4年経った宿根草は勢いがなくなるので、
 今の時期に株分けをする

 (ただし、粘土質の土なら春に株分けする方がよい)

☆ミクルマスデージー(アスター)はウドンコ病が発生しやすいので
 水遣りを忘れないようにする

*どうしても必要な場合は、2週間おきにオーガニックの薬剤を散布するが、
 ウドンコ病に耐性のある品種を選ぶようにした方がいい

☆挿し木やさし芽はまだできるので、早めにする

*耐寒性のない宿根草などのさし芽も今のうちに 

  ヒューシャ、パラゴニウム、ペンステモン、バーベナ、マーガレットetc.

☆根付いた挿し木、さし芽の鉢上げをする

 市販のpotting compostまたは、コンポストに砂やパーライト(3:1)を混ぜた土に植える

☆外に出していたハウスプランツを室内に取り込む

☆9月はヘッジ(垣根)の刈り込みをする最後の月なので、
 寒くなる前にトリミングをしておく

*時期が遅れるとコニファーなど枯れ込むことがあるので注意

*電動機具(electric trimmer)を使う時は、
 ゴーグルや手袋などの装備を忘れずに!

*hedgeのすぐ傍にボーダープランツを植えないようにする

(そこだけハゲになってしまう)

*下に行くほど少し広がる感じで刈り込むと、根元までよく日が当たる

☆休眠期に入る前に、伸びすぎたシュラブや樹木の軽いトリミングをする

Carpinus(Hornbeam)、Laburnum(キングサリ)、Robinia(ニセアカシア)、
ジャスミン、チョイシアなど

*モミジ(Japanese Acer)は、9月~11月の間に形を整える程度の剪定をしてやるとよい 

☆芝刈りと施肥

*4月~10月までは週1回の芝刈り
 日照りが続く時は短く刈り過ぎないようにすること!

(芝刈り機のブレードを2.5~ 3cmに設定する)

* 施肥は3~4週に1回程度

☆夏の間にできた芝生のはげた部分に種を蒔く

 (今なら数週間で新しい芝が生えてくる)

☆クリスマスに使うヒイラギの実などにネットを掛けて、鳥から守る

☆冬までにコンポストの切り返しをしておく



☆池の管理

◎引き続き blanketweedやduckweedを取り除く

◎ホテイアオイやウォーターレタスなど、
 水面を覆っているプランツを間引いて数を減らす

◎増えすぎた水草も引き上げて量を減らす

◎スイレンなどの枯れた葉が水中に沈まないように、刈り取る

◎落葉樹の落ち葉が池に落ちるのを防ぐために、ネットを張る

*カエルなどの出入り口を確保するのを忘れないように!

◎冬に備えて、水温が低くなる前に魚に高タンパク質の餌を与えて、
 病気に対する抵抗力をつける

*隔日にフレークまたはペレットを与える (20分以内に無くなる程度の量)

 気温が下がり始めたら、餌の量を減らす

◎もし、新しく池を作る予定なら、今の時期に準備を始めるとよい 



☆★これはイギリス南東部基準に書いていますので、
  日本とは少し違ったところもあります。
  お住まいの地域の気候に合わせて、作業を前後して下さい。
  内容について質問のある場合はどうぞお尋ね下さい。









[PR]

by lapisland2 | 2016-09-06 22:02 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/23197803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoyo at 2016-09-08 05:32 x
lapisさん、ご無沙汰しております。お変わりありませんでしょうか。
今年のフランスは、春から初夏にかけて長く雨が続いたせいで、農家の野菜や果物が大きなダメージを受けました。
それから7月中旬になるとずっと晴れの日が続いて、今度は水不足。
今日は29℃とフランスの9月にしては、随分暑い日になりました。

私も新しい花壇をつくったり、コツコツとガーデニングに励んでいます。
今年初めて日本から種を送ってもらい、きゅうりと茄子を作りました。
茄子は美味しいんですけど、時々きゅうりが苦くなってしまいました。
それとこれから小さな池を作る予定で、できれは睡蓮を育ててみたいと思っています。
わからないことがあったら、ご相談してもよろしいでしょうか。
lapsさんもたくさんお仕事があるんですね。
どうぞ腰に気をつけて、ぼちぼち畑仕事に励んでくださいね。(^^)
Commented by lapisland2 at 2016-09-09 03:45
yoyoさん、こちらこそご無沙汰しています。
そちらほどの暑さではなかったですが、こちらも数日前は27度まで上がりました。
30℃を超えた地方もあったようで、9月にしては珍しいですよね。
私の方は体調戻らず庭は放りっぱなしで、畑も全くできないままで夏が過ぎてしまいました。

こちらに来てからはキュウリを作ったことはないのですが、日本だと夏の暑さや乾燥で苦くなることがありましたよ。
こちらの場合は春から初夏にかけて気温がなかなか上がらないので、それも影響しているかもしれませんね。

新しい池作りは秋か春に始めるのがいいのですが、もしこの秋にと思っていらっしゃるのなら、まだ暖かいうちに準備を始めるといいと思います。
でも、春ならば、冬の間にゆっくり計画を練って準備を進めることができると思いますよ。
水生植物が出回るのは4~5月頃ですから、それまでに作って、少し環境が落ち着いたころに植え込みになります。

昔と違って今は池も割と簡単に作れます(コンクリートで固めない方法なら)が、あとは管理の仕方だと思います。
イギリスでは15年ほど前に池作りが流行って、猫も杓子も池を作ったのですが、
あとの管理ができなくて、アオミドロと蚊の住処にしてしまった人が多かったようです。
スイレンを植えるのなら日向の方が向いていると思います。
(うちのような半日蔭ではなかなか花が咲いてくれません)
また詳しくは遠慮なくメールでご相談くださいね。

Commented by yoyo at 2016-09-09 06:32 x
いまワイン樽の中に水生植物を育てているんですけど、
蚊対策に金魚を二匹入れたら、ボウフラは発生しませんでした。
なので、池にも金魚を入れようと思っています。
睡蓮は日向の方がいいんですね。それならちょうどいい所があります。
lapisさん、体調の方があまり良くないようですね。
あれから日本にも帰れないままなのでしょうか。辛いですね・・。
ゆっくり養生なさってください。どうぞお大事に。
Commented by lapisland2 at 2016-09-10 02:44
yoyoさん、こんばんは。
以前の家の池はかなり大きかったので鯉を入れていましたが、
今の池(というよりは、水溜まりと言った方がいいくらいの小さな池)は、うちでも金魚を蚊対策に入れています。
地球温暖化もあって、英国の夏も以前と比べると随分暑くなっていますので、蚊やブヨがすごく増えているんですよ。
昔は涼しいだけの夏だったので、こちらの人はボウフラというものを知らない人が多くて、うちの相方もそうだったのですが、「池に小エビがたくさんいるよ」と嬉しそうに言うので行ってみたらボウフラがいっぱい湧いていて、びっくりして金魚を飼い始めたような次第でした。
金魚の数も池の大きさに比例して何匹入れるかを買う時に相談した方がいいと思います。
スイレンを中心にして、酸素を出す水草や周囲に植えるマージナルプランツなど、いい池の環境を作るのはじっくり考える楽しみがあると思います。
Wildlifeに関心の強いyoyoさんだから、きっと楽しんで池作りができることと思います。

今年も今月下旬からクリスマスまで治療とリハビリに帰ります。
英国の医療は原則全国民無料なのですが、その分十分な医療が行き届かず、すでにこの国の医療制度は崩壊してしまっています。
私のように古傷が原因の患者はプライベートの保険も使えないので、何かがあると日本で治療することになります。
そういうわけでいまだに日本での健康保険や医療保険も掛け続けています。
2週間ほどは相方も一緒なので、お守りでどこかに連れていくことになりますが、あとは病院通いだけですので、遠慮なくいつでもメールして下さいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード