「ほっ」と。キャンペーン

7月の庭から   2.



a0208116_16282794.jpg



いつもより早めに咲き始めたダークレッドのユリ(名前失念)ですが、
いきなりやって来たヒートウェーブのせいで急ぎ足で散って行きました。



a0208116_16294869.jpg




夏のクレマティスも次々と咲き始めています。
これは勢力旺盛極まりないFukuzono。
他のクレマを制覇して、アーチの上まで駆け上っています。


a0208116_16301940.jpg



このClematis Arctic Queen は、
ドジな私が一重のSnow Queenと間違えて注文してしまったものですが、
植え場所が他のプランツの後ろで全くの日陰になってしまうので、
ちっとも大きくならずポツリポツリとしか花をつけてくれません。
本来ならば5・6月に花を付けますが、
今年は7月になってから咲き始めています。
葉っぱはS&Sにやられてボロボロ状態で、
大きな印象的な花でありながら、なんとも可愛そうなクレマです。



a0208116_16303830.jpg



a0208116_16311678.jpg


Beautyberry(Callicarpa bodinieri var. giraldii 'Profusion')の
花が咲いています。
小さく目立たない花ですが、秋の紅葉と、
そのあとのBeautyberryの名に恥じない鮮やかな紫色の実が今から楽しみです。
場所がないので鉢植えにしていますが、
水やりをしてもすぐに水切れするようになってきたので、
この冬か、来春には植え替えが必要なようです。


a0208116_16315387.jpg



今年はヴァレリアンの白花が元気がよくて、
6月からずっと咲き続けていますが、
この写真ではすでに二番花が咲き始めています。
ヴァレリアンとフランネルソウに囲まれて、
ネペタが息も絶え絶えになっています。

a0208116_16331261.jpg



離れて見ると殆ど印象に残らないような地味な花ですが、
こうしてクローズアップしてみると、なかなか味があります。


a0208116_16334014.jpg



以前は結構多くのフューケラを植えていましたが、
ここ数年少しずつ数を減らしています。
品種名失念のこの品種は、植え場所によって様々な色合いに変わるので、
これ一つでいろんな表情を楽しめます。


a0208116_16340663.jpg



庭のあちらこちらから勝手に生えてくるこのケシの花は、
こちらではオピウムポピーOpium Poppy(Papaver somniferum)と呼ばれていますが、
日本では法律(あへん法)で栽培を禁止されている花ですので、
海外で手に入れて持ち帰り、植えたりはしないように気を付けて下さい。
英国ではまったく問題にならず、道端にも生えています。
一重や八重、さまざまな色のがあって、
花後のケシ坊主がなかなか可愛いのですが、これが問題なんですなぁ。


a0208116_16344713.jpg



アジサイの花も次々と咲き始めています。
鉢植えの白花は、今年もたくさんの花をつけてくれました。



a0208116_16345308.jpg



ウズアジサイはあまりにも大きくなり過ぎたので、
春にばっさり強剪定をしたせいもあり、
蕾の付き始めるのも遅く、今年は花も少なそうです。


a0208116_16345946.jpg



八重のカシワバアジサイも春にかなりの強剪定をしましたが、
雨の多かった6月が幸いしたのか、例年より早く咲き始めました。
一重のカシワバアジサイを強剪定して枯らしてしまったことがあるので、
恐々の剪定でしたが、例年と変わらず花付きもよくホッとしています。


a0208116_16415049.jpg



数年前に植え替えした鉢植えのアガパンサスは、
葉っぱは元気に茂っているのですが、
まだ根っこがぎゅうぎゅうに詰まっていないのか、
今年もたったの二輪だけです。

[PR]

by lapisland2 | 2016-07-29 16:26 | 四季の庭 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/23088250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ポアロ at 2016-08-06 20:32 x
lapisさん、こんにちは
イギリスにも熱波がやってきたようですね

福岡は3年ぶりに猛暑の夏で、35度以上の猛暑日が続いています
ヒートアイランド現象がひどくなっているようです
私たちは隣町に住んでいて、最高気温も何とか33度台で推移していますが、
朝も26℃ぐらいあって、花壇の花たちも息絶え絶えになっているものがあり、
毎日朝夕、家内は水遣りで汗びっしょりになっています

いろんな花が咲いていて、見たことのない花たちもあって
いつも楽しませていただいています

先日の旅行ではオリエンタルポピーの種も買って帰りました
種の袋をみてオピウムではないことを確かめました(笑)

Commented by lapisland2 at 2016-08-07 04:10
ポアロさん、こんばんは。
日本は暑そうですねぇ!
いつも日本のお天気や気温をチェックしているのですが、
このところ猛暑の日が続いていますよねぇ!
お二人とも熱中症にならないように気を付けて下さいね。
こちらもまた少し気温が上がっています。

オリエンタルポピーは種からも簡単ですよ。
ポピーは移植を嫌うので、直播が一番いいのですが、
ポットで育ててある程度大きくなってから定植場所に植える方が
他のプランツと混植する場合にはいいと思います。

オピウムポピーが普通にその辺にいっぱいあること自体が日本人としては驚きですが、
ギョッとするような有毒植物が平気で子供の遊ぶ庭に植えてあったりするので、
びっくりすることがあります。
たとえばモンクスヘッド(トリカブト)はよく庭に植えられていますし、
生け花の花材として普通に花屋に並びます。
Commented by bacuminnote at 2016-08-08 21:05
lapisさーん。
もう暑うて暑うて、エアコン嫌いのわたしも(ウチは冬寒いぶん夏はけっこう涼しいのですが)さすがに身のキケンを感じて(苦笑)昨日今日は緩く設定してつけました。
せやからね、
ここに来て、かいらしい花、そのかたちにも色にも、うっとり。リフレッシュ!おおきに。またゆっくりおたよりします。
Commented by lapisland2 at 2016-08-10 17:43
bakuさん、おはよう。
今日も暑いことでしょうね。
上手にエアコンを使って、暑さをしのいでくださいね!
こちらはエアコンなんてないので、昨年は室内でまさかの熱中症になってしまいました。
ここ二日ほど夜間は肌寒くて10℃まで下がっていますが、今週末くらいからまた大陸から熱波がやって来て30℃越えになるとか。
この寒暖の差がこたえます。
以前のヨーロッパの猛暑の頃は連日40℃前後あって、死者がたくさん出ましたが。
あの頃はまだ元気だったのか、パリの街を日本から来た友人たちとうろついていましたよ。今から思うと信じられないです。
ホースでの水やりも禁止になって、庭にサボテン植えようかと思っていましたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード