夜もすがら、フロックスの香り漂う



a0208116_22295427.jpg



日向の少ない拙庭には向かないとはわかってはいながら、
ずっと気になるプランツがいくつかありますが、この花もそのひとつです。
何年か前にウィズリーで見かけて以来ずっと気になる花だったのですが、
なんとなく耐寒性がなさそうな、か弱い感じで、
うちではとても無理だろうと思っていたのですが・・・。
ここ2・3年の間に近所のガーデンセンターでも出回るようになったので、
育て易い品種ができたのかもしれないと思い、
今年は鉢植えで試してみることにしました。

英国での花期は6月~8月とのことですが、
うちではなぜか4月からずっと咲き続けています。

少し調べてみると、
南アフリカ原産( Drakensberg Mountainsの辺り、南アで最も高い山脈 )の植物のようですが、
なぜこの小さなプランツに舌を噛みそうな16世紀のボヘミアン植物学者
Adam Zaluziansky von Zaluzianの名がつけられているのかは不可解です。
南アフリカには54種のZaluzianskya があるそうですが、
つい最近まで園芸種としての紹介はなかったようです。
(私が初めて見たのは個人のコレクターがショーに出したものだったのかもしれません。)

草丈は20cmくらいで、常緑の香りのある葉は、
ドーム型にコンパクトにまとまります。
もし耐寒性があれば、グランドカバーにぴったりなのですが、
やはり耐寒性はもう一つとのことで、冬には取り込むことになりそうです。


a0208116_22322770.jpg



日中は花は閉じて、小さな紅色の蕾のままで過ごし、
夕闇が迫る頃になると、
いつの間にか蕾が開き真っ白な花たちが顔を見せてくれます。
花そのものが愛らしいという一言に尽きるような形をしていますが、
何よりも思いがけないボーナスはその甘い香りです。
夜が更けるにつれて香りは強さを増し、濃厚になっていきます。
ジャスミンとガーデニアを合わせたような香りとでも言えばいいでしょうか。
パティオに置く一鉢は、夏の夜の庭を甘い香りで満たしてくれることでしょう。
朝早い時間にはまだ花は開いたままですが、
寝坊をしても昼間はまんまるの蕾の可愛さを愛でることができます。


a0208116_22334204.jpg



日当たりの良い場所を選び、
土は水分を保つ肥沃な土で、しかも水はけのよさを要求します。
日照りの日には気が付くとぐったりしてしまっているので、
水切れにならないように注意が必要です。
(水切れを起こすと茎がwoodyになるとのこと)
花が終わったら、すぐに切り詰めるのを忘れないように。

簡単に挿し木ができるようなので、
トライしようと思っています。

久しぶりにまだ育てたことのないプランツに挑戦です♪




学名: Zaluzianskya ovata
英名: night phlox
和名: (流通名)ザルジアンスキア、ナイトフロックス 「ムーンライト・フラグランス」



[追記]
さすがなんでも早い日本のこと、既に流通しているようです。
日本の場合は夏越しが難しいので、一年草扱いのようですね。
(こちらは寒さで一年草扱いになりそう。)
日本では、花期は4~6月頃のようです。
それと、日本はなんでも安いので、春に出回るこの苗も500円前後で、
楽天なんかだと299円。
こちらでは1200~1400円くらいですよ。

[PR]

by lapisland2 | 2016-06-09 22:39 | Perennial | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/22891017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-06-10 14:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by boomama@仙台 at 2016-06-10 21:59 x
Lapisさん こんにちは♪

この香りの良いナイトフロックス(こちらではこの名前で流通しておりました)、2種類ありまして、、学名がすぐに出てきませんが、友人が種から苗を作り送って下さりあの甘い香りを堪能しておりました。

その後、色々なショップにて販売されるようになったナイトフロックスがLapisさんのお持ちのタイプだった記憶があります。
確か多年草タイプと書いてありました。 友人が作った苗は1年草タイプの方でした。
うちでは屋外では越冬してくれませんでしたね。 高温多湿にも弱いみたいです。

それにしてもイギリスでは1株のお値段が、、お高いんですね、ビックリしました。
Commented by lapisland2 at 2016-06-11 00:00
ポアロさん、こんにちは♪
拝見して来ました。
(何回トライしても、やっぱりコメントつけられませんでした。どうしてでしょうね。)

クチナシ、日本だと東京以西では地植えにできるからうらやましい限りです。
こちらでは外ではとても無理です。数年前から、外でも大丈夫だという品種が売り出されてはいるのですが、ロンドン辺りではOKかもしれませんがうちではだめでした。
トビラも日本だと普通に庭にありますが、こちらではあまり見かけません。
香りのある植物はいいですよね♪
このナイトフロックスは、いつも昼間に見ていたので、夜にこんなに香ることを知らないで購入しましたので、うれしいボーナスになりました。
(フロックスという英名からもしかしたらとは思っていたのですけれど)
日本では40cmくらいになる別のナイトフロックスも売られているようですが、
花はムーンライト・フラグランスの方が可愛いように思います。

7月のコッツウォルズはかなり混むと思いますが、いいご旅行になることを祈っています。
お会いできる機会があればいいですね。
よろしければ、こちらのメルアドなどお知らせしますので、鍵コメでご連絡頂ければうれしいです。
Commented by lapisland2 at 2016-06-11 00:10
boomamaさん、こんにちは♪
ナイトフロックスは1年草と多年草があるようですね。
日本でもう一つ出回っているのは草丈がもっと高くなるタイプだと思いますが、大きくなると株の形が乱れるとのことです。
日本だと秋に種まきらしいですが、苗が安いからその必要もないかもしれませんね。
たぶん、こちらでは冬越しができず、1年草扱いになるだろうと思います。

こちらはなんでも高いですよ~!!!
みんな、どうして生活しているのだろうといつも思います。
日本の植物の値段をネットで見る度にため息が出ます。
こちらで安いのはバラくらい。
EU離脱することになると、ポンドは崩壊して日本から遊びに来るにはよくなるかもしれませんが、それでも物価はもっと上がるだろうと思います。
国民投票が近づいているので、このところすでにポンドは下がりつつあります。
私も秋の帰国に備えて、今の間に円に換金するべきかなぁと思っているところです。
と、変なところに話が行ってしまったので、この辺で。
Commented by ezaffashz at 2016-06-11 03:32
Lapis さん、こんにちは。
これとミニョネット(レセダ・オドラータ)、育ててみたいと思いつつ、1年草ということで頑なに育てずに来ましたが(オルラヤのようにこぼれ種で毎年出てくれるもの以外の一年草は、「使い捨て」感があって敬遠してしまう性分なのです・・(笑)、そこまで素晴らしい香りと聞いて、使い捨てでもいいから一度育ててみようという気になってしまいました。花屋さんに行くのは昼間なので見かける時は蕾で匂ってみても当然まったく香りは感じられず、「ま、一年草だから買うわけでもないしいいや」とあっさりスルーしていました。
最近もよく行く店で見かけた記憶があるので早速走って見ようと思うのですが、そう言うときに限ってなくなったりしてるんですよね(笑)。

しかし苗の値段がそんなに高いとは驚きです。
私が去年利用したウェールズの球根専門ナーサリーさんは、日本では入手困難な純正イングリッシュブルーベルやガランサス・ニバリスの球根が100球で5,000円程度の£だった記憶があるのですが、トリリウムなんかは確かに高かった記憶があるので、nativeの球根もバラのように例外的に安いものなんですかね?
Commented by lapisland2 at 2016-06-11 07:32
月イチさん、こんばんは。
私も、1年草は種まき以外は使い捨てになるので敬遠していますが、
これはもう何年も横目で見ていたプラントなので、花の可愛さでまあ1年草でもいいかと思って購入しました。
普通は、購入したその年のものはブログには書かないのですが、
今年っきりになる可能性ありということで、書き込んだ次第です。

案外イギリスの人たちは、何でも使い捨てにするんですよ。
この傾向は、バブル景気の時以来のようで、生活すべてに関してそうです。
その当時のGardeners'World(日本のシュミエンをもっと大規模にしたようなBBCの番組)のプレゼンターが2日間で庭を作るとかそういうコンセプトで(おそらく社会全体がそうだったので、BBCの意向もそうだったのでしょう)、
それ以来使い捨てプランツが当たり前のような感じになってしまいました。
リーマン以降不景気になってようやく野菜作りや種まきなどが復活したように思います。

苗が高いのも、生産者がすぐに見栄えがするような大株にしてから売るからだと思います。
小さい苗(プラグと言います)は冬や春先にハンギングバスケット用の素材が売られますが、それも庭に温室があることを前提にしていますので、うちのように温室のない場合は時期的に問題外になります。
球根は特殊なもの以外はまとめて買うとかなり安いです。
少々疑問に思うのは、ブルーベルの球根を海外に輸出できるのかしらということです。
ブルーベルの国内での販売は、ナーサリーで増殖したものであれば問題ないですが、海外に出す場合には、正規の輸出はややこしい手続きがあって、それにかかる費用(送料とは別に)もあると思うのですが・・・。税関手続きが長いので注文してから半年以上待たなければならないのではないかと・・・。
それともここ10年以内に法律が変わったのかしら?
Commented at 2016-06-11 08:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ezaffashz at 2016-06-11 08:21
Lapis さん、たびたびのコメント失礼します。
日本だと基本の苗の規格は口径7.5~9センチポットで、これはイチキュッパ(198円)~500円以下ですが、15センチ以上のポットでの苗(宿根草に多く1年草は見たことがありません、)は「養成品」とか言って1000円以上しますので、英日似たようなものかも知れませんね。
イングリッシュブルーベルとスノードロップの球根の件ですが、私はイギリス出張が年に何回かあるので、イギリス国内の友人のところに一旦送ってもらって、それを帰国の時に手荷物で持って帰る(もちろん税関申告はします)というやり方をしています。
ガランサスはEU域内から出すときは特別なサーティフィケイトが必要で、日本でも隔離栽培対象植物というのを読んだことがあるのでしたことはありませんが、イングリッシュブルーベルはヒースローでも成田でも、ベアルートで数が少なく個人用だからOK ってことで、球根の種類すら聞かずにすぐ通してくれました。
なので法律違反はしていないと思うのですが、現場係官の裁量ひとつのような感じで、例のリリービートルのようなものがいた場合、知らずに最悪の悪事に荷担するような可能性にもなりかねないので、慎重になった方がいいのかもしれませんね。
Commented by boomama at 2016-06-11 22:49 x
Lapisさん こんにちは♪

日本でもうひとつ出回ってるのがあるんですか?
40cm位になる、、もしかして1年草タイプの方はひょろっとしてまとまりがなくなりますが、、そっちの事でしょうかね。
Night Phlox Midnight Candy これ、1年草タイプの名前でした。

イギリスは物価が高いんですね、うちだったらとても生活していけないと思います~。
秋に日本にですか? 楽しみですね~♪ まだ先ですがお気を付けて帰ってきて下さいませ♪

月イチガーデナーさん 
レセダ・オドラータ、はぃ、以前育てましたよ~~♪
とても良い香りでしたぁ~~♪ ぜひあの香りを堪能して下さいませ!
Commented by lapisland2 at 2016-06-13 19:08
鍵コメさん、おはようございます。
了解いたしました。
メールしますね。
Commented by lapisland2 at 2016-06-13 19:10
月イチさん、
ガランサスよりも、Eブルーベルの方が法律的には守られているように思うのに、
税関もいい加減なものですよね。
私もポプリだったかをお土産に持ち帰った時にイネ科の植物が混じっていたので念のためにと植物検疫に行ったのに、
「イギリスからですか?けっこうですよ。」ってな感じで検査もせずにOKでしたので、国によって差別しているのかしらなんて思ったことがありました。
病害虫の持ち込みだけは恐いので、正規の輸入できちんと消毒を済ませたものをと心がけています。
種も、日本では禁止のケシ(オピウム系)なんかこちらでは普通に売られているので、
気が付かずに持ち帰る人たちも多いのではないかしらと思います。
Commented by lapisland2 at 2016-06-13 19:12
boomamaさん、
もうとっくに日本の園芸事情には疎くなっているので、ネットで見ただけのことですが、たぶんそれのことではないでしょうか。花弁の外側がもっと黒紫っぽい色をしている品種だと思います。

物価も高い、消費税も高い、税金も高い。
かつては、北欧やスイスが一番物価高だったと思いますが、今は英国じゃあないでしょうかしら。

モクセイソウはハーブとして育てたことがありますが、場所取りなので料理に使わないものはやめてしまいました。
地味だけれど、いい香りですよね。
Commented by ichihime at 2016-06-23 06:00 x
先ほどスパイダーリリーにコメントを書きましたら、2014年度の記事だったことに気づきました。。失礼しました。
このナイトフロックいいですね。そちらの近くの園芸店に有るとか。。こちらもあるか探してみます。 
Commented by lapisland at 2016-06-26 16:52
ichihimeさん、
おはようございます。
スパーダーリリーの方に返信させて頂きましたが、
古いところにコメントつけて下さっても一向に構いませんよ。

ナイトフロックスは、こちらでは(たぶんこちらにお住まいの方と思いますが・・・?)、
1年草扱いになると思います。
来年も咲かせたいと思われるのなら、花後に念のために挿し木を作っておかれることをお勧めします。
ガーデンセンターには短期間しか出ないので、もし見つからないようでしたら、また来年ということになると思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード