5月のマロニエ



5月に入り、冬の気温からいきなり27℃の夏日になったイギリスでしたが、
翌日は0℃に下がるような、相変わらずの激しい変化を繰り返しながらも、
春から初夏へと季節は移りつつあります。
そして、木々の緑は日を追うごとに少しずつその色を深めています。

近くの町や村に買い物やランチに出る度にいくつか雑木林を通り抜けますが、
その新緑の美しさと、移り変わる微妙な変化を、
書く才能も撮る能力も持ち合わせていない私は、
ただただ目に染みるその色と姿を心に焼き付けようと、見つめるばかりです。



a0208116_03141721.jpg



さて、ヨーロッパでよく見かけるマロニエ(西洋トチノキ)の木ですが、
ここ英国でも公園や街角など、どこにでもあるありふれた樹木です。
大きくなると20m~30mにもなり、
雄大な姿は、親しみと同時に畏敬の念も抱かされます。
こちらではホースチェスナッツと呼ばれ、
秋に生る実は昔から子供たちの遊びに使われ親しまれています。

遊び方→■


a0208116_03131146.jpg



この木が最も美しいのは5月で、
手の平の形の葉を広げ始めた頃に白い花を付けますが、
大きな木一面に白い燭台が灯ったようになり、とても印象的な景色となります。



ところが、何年か前から、この木に異変が起こっています。

それについてはまた改めて書くつもりでいますが、
今のところは、5月の美しい姿をしっかりと見届けたいと思います。


(全体の写真を撮りたいのですが、
なかなかうまくいきませんので、またいつか。)




学名: Aesculus hippocastanum
英名: Horse chestnut
和名: セイヨウトチノキ(西洋栃の木)


[PR]

by lapisland2 | 2016-05-19 03:11 | 散歩道の植物たち | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/22835480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surume393939 at 2016-05-24 16:02
こんにちは。トチの木は山の中でしか見られない木だとおもっていましたが、ヨーロッパでは街路樹なんですね。何年か前に常念岳の登山口付近で沢山の実を落としていました。猿の好物らしいです。こちらで見るものと葉の様子が少し違いますが、実はおなじようにみえます。ツートンカラーの実が可愛かったので持ち帰って今でも時々手にとってながめています。
Commented by lapisland2 at 2016-05-25 04:23
surumeさん、こんばんは♪
日本のトチノキは山の中ですが、こちらは普通に街路樹に植えられています。
トチノキというと、食いしん坊の私はすぐに栃餅を思い出してしまうのですが、
こちらでも、戦争中の食糧難の時には食べていたそうですよ。
実はとても大きくてつやつやしていて、美味しそうに見えるのですが、毒があるので普通は食用にはできません。
(栗の木もたくさん生えていて、秋に拾って試したことがありますが、苦労した割には甘くなくてがっかりでした。)

セイヨウトチノキは赤花(紅花かな)もあって、白花に比べると少し遅れて咲き始めます。
普通のに比べると少し樹が小さめですが、それでもやはり公園くらいの大きさの庭でなければ到底植えられません。
開くと濃い目のピンク色で、遠くからでもよく目立ちます。

こちらはライラックが花盛りです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード