Emmetts Gardenのブルーベルを訪ねて 



これは、2010年春に Emmetts Gardenのイングリッシュ・ブルーベルを訪ねた時のものですが、
平らな雑木林に生えることが多いブルーベルが、ここではかなり急勾配の丘に広がっているのが面白いのではないかしらと思い、
再掲載しておくことにします。

再掲載の理由は他にもあるのですが、それはまたのちほど。


しばし、ブルーベルの花をお楽しみ下さいね。




4月22日、ケント州にあるナショナルトラストの Emmetts Gardenに行って来ました。
ここは19世紀の後半にFrederick Lubbockによって作られた庭園ですが、
彼はWilliam Robinsonの友人だったのでその影響が強く、
中国やヒマラヤなどの珍しい樹木やプランツなどもたくさん集められています。

今の時期はブルーベルでも有名なのですが、
まだ少し早いだろうとあまり期待しないで出かけたのに、
お天気に恵まれて、すばらしい光景に出会うことができて、ラッキーでした。
残念ながら、実際に目で見るその美しさ(や香り)は写真ではとても表わせませんが、
「ブルーベルのさざなみ」もしくは「青い海原」のお裾分けです。



a0208116_23585841.jpg

庭園のある場所は
この写真から想像できるようにかなりの高台になっています。
日本でなら、里山とでも言えるような場所ですね 。



a0208116_00003289.jpg

ブルーベルの広がっている場所は、崖に面した急斜面で、
その間に複数の小道が作られていて、
上からも下からもブルーベルが見えるようになっています。



a0208116_00005880.jpg

見渡す限りブルーベルの青い海原が続いていて、




a0208116_00013533.jpg

woodland全体がやさしく甘い香りに包まれています。



a0208116_00015354.jpg

近寄って見ると、
そり返った花弁がとても可憐で、妖精の花と言われるのも改めて納得できますよね♪



a0208116_00022778.jpg

ブルーベルのさざなみの中に所々、伐採したログで作ったこんなベンチが置かれています。
ブルーベルに取り囲まれて、そのやさしい香りに包まれて、
この人たちも幸せなひと時を楽しんでいるのでしょうね。



a0208116_00025363.jpg

大きな日本のモミジの樹とブルーベルが珍しい組み合わせになっています。




a0208116_00032821.jpg

前景のブルーベルの花の向こうは急斜面になっていて、
中景に霞んで見えるブルーの色はかなり深い谷底なのですが、
残念ながら写真には遠近が全く出てくれませんね。




a0208116_00040688.jpg

たま~にこんな白花が混じっています。
私が見つけたのはこの広い場所でたったの2輪だけ。



a0208116_00043710.jpg

ブルーベルの海原に所々白い波が立って・・・。
でも、お互いに邪魔せずに住み分けているようです。



a0208116_00045659.jpg

白い波はワイルドガーリック(Allium ursinum)。
こちらではブルーベルと前後する時期に、葉が広がって花をつけます。
小川のほとりやウッドランドの湿地のような場所がこの白い花で埋め尽くされます。
(匂いを別にしたら、この白い群生もとても綺麗ですよ♪)



a0208116_00051782.jpg

フタリシズカのようなチャラン属のプランツもブルーベルと住み分けていました。

(チャランって、調べてみたら原産は中国なんですね。
英国っていろんな所からやって来た植物が帰化を通り越して、
元からあったような大きな顔をして生えている、そんな不思議な国でもあります。)



a0208116_00071228.jpg

静かなwoodlandの中に聞こえてくるのは鳥たちのさえずりだけと言う至福のひと時でした。
そして、香りがなんとも言えないのです。
さわやかな甘さの本当にやさしい香りですよ。




a0208116_00063976.jpg

ここはたくさんの人が訪れるのに、柵も仕切りの綱もありませんでした。
唯一この場所にのみ柵がありましたが、これはブルーベルを守るためというよりは、
この辺りが急勾配の坂になっているため、人が摑まるための柵のようでした。



香りをお届けできないのが残念ですけれど、
ほんのちょっぴりブルーベルの森にいる雰囲気を味わって頂けたでしょうか。


[PR]

by lapisland2 | 2015-05-21 00:16 | Garden Visit + | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/21248539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surume393939 at 2015-05-26 21:25
Lapisさんこんばんは。今日もいちにちいいお天気で暑かったぁ~。
ブルーベルのさざ波の林の中を歩きたくなります。
先週届いたサ〇〇の通信販売カタログにヒスパニカ3色セットとイングリッシュブルーベルの球根が載っていました。
交雑していない貴重な球根のようです。
やっぱりlapisさんがおっしゃるように広い場所で沢山の花をみるのがいいですよね。
庭のスパニッシュの球根を抜いてしまうほうが先ですね。全部抜けるのかしら?
Commented by lapisland at 2015-05-27 18:40
surumeさん、日本は暑そうですねぇ!
こちらはまだ朝晩はヒーターを入れていますよ。
でも、来週から気温が上がるそうです。
気温低めの日が続いたせいか、今年はブルーベルの開花期間がいつもより長かったような気がします。
そろそろスコットランドで開花が始まっているようですよ。

サ○○はオランダの業者と関係が深そうなので、オランダからの輸入かもしれません。
北海道のナーサリーの名前、思い出しましたので、またメールでお知らせしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード