5月はブルーベルの香りで始まる



季節はどんどん駆け足で過ぎて行って、
嵐と共に桜も散ってしまいました。

好天気の長く続いた4月のせいで、今年は何もかもが早くて、
二週間ほど前から雑木林の中は、ほんのりとブルーに染まり始めました。




a0208116_21584850.jpg



あっという間に過ぎてしまうブルーベルの季節ですが、
幸いなことに、先週末からの雨と気温の低下で、少し足踏みをしていたようで、
うちの近辺では例年通り5月上旬の開花になったようです。
たぶん、この週末が見ごろだったかもしれません。




a0208116_22000568.jpg



残念なのは、今年は秘密のブルーベルの森に行けそうにもないこと。
そこに辿り着くには傾斜のきつい地道を
かなりの距離登って行かなければならないのですが、
雨でも降ろうものなら、泥に足をとられて身動きできなくなってしまいますので、
今の私の脚では少々難しいのです。




a0208116_22011767.jpg




人に見せるための森ではないので、森の中をゆっくり歩きながら、
遠くまで続くブルーのさざなみとそのやさしい香りを楽しんでいても、
聞こえて来るのは鳥たちのさえずりや栗鼠の駆け回る音だけで、
人に出会うことはめったにありません。




a0208116_22004962.jpg





a0208116_22021401.jpg




ブルーベルの花には、随分と思い入れがありますので、
改めて書くことになると思います。



[PR]

by lapisland2 | 2015-05-11 22:09 | Garden Visit + | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/21217187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surume393939 at 2015-05-12 16:54
Lapisさんこんにちは。お昼前から雨がふったりやんだりしています。雨の中どうしても植え替えたいものがあり少し濡れながらやってしまいました。

ブルーベルと若葉の林がきれいです。どんな香りなのかしら?
lapisさんの写真を拝見する度にそう思ってしまいます。植物の香りはいつまでも記憶に残りますね。先日久しぶりにシロツメクサの懐かしい香りを嗅ぎ、あれ?記憶していた匂いとちょっと違う。もっといい香りで私の一番すきな香りだとおもっていたのですが。生えている場所が悪かったかな?

掲示板にnicさんから柳生慎吾さんの訃報が届きました。お元気に活躍されていたころの彼の笑顔をおもいだし、しんみりしてしまいます。
lapisさん リハビリ頑張ってくださいね。秋、あきですよ。
お会いしたいと切に願っております。色んなことがあっても楽しみが後にまわっても願がかないますように・・・
Commented by lapisland at 2015-05-13 04:59
surumeさん、そちらは台風の影響は免れたようですね。
私は今年も殆ど庭仕事はできそうにありませんが、ここ数年ほったらかしの庭は大変なことになりつつあり、この冬から相方が少しずつ改造を始めていますが、どうなりますことやら。
何もやってくれない方がいいような。。。

植物に限らずいろんなものの香りや匂いというのは、人の記憶や思い出に繋がる重要な要素の一つになりますよね。
ブルーベルの香りは、同じ仲間のヒヤシンスの香りに似ているとよく言われるのですが、室内でヒヤシンスを栽培すると、あの甘ったるい香りは安物の香水のようでむせ返りそうになります。
でも、ブルーベルの香りはもっとやさしいほんのりした香りで、森の中の小道を歩くと森全体がふんわりとその香りに包まれているような感じになりますよ。

柳生真吾さんのことは、発表があった日にネットニュースで知りました。 
菜園日記の方に短い追悼文を入れてから掲示板を開いたら、nicさんが書き込みをされていたので、八ヶ岳に関係の深いnicさんもがっかりされたことだろうと思います。
いつも素敵な笑顔の人でしたよね。

秋までしっかりとリハビリをしないといけませんねぇ。
のんびり者ですので、時々ハッパをかけて下さいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード