「ほっ」と。キャンペーン

春の訪れを告げる希望の花  ウィンター・アコナイト




啓蟄とともに、イギリス南東部も急に暖かくなって来ました。

昨年10月以来、家から殆ど出ることもなく、
二階の窓から庭を見下ろすだけの毎日が続いていましたが、
ようやく5ヶ月ぶりで庭に出ることができました。

鳥たちのコーラスが高らかに響き渡り、
眩しい光の中で、スノードロップやクロッカス、シクラメン・コウムなどが満開になっています。
その中でも、際立って鮮やかな輝きを見せているのが Eranthis、
こちらではウィンター・アコナイトと呼ばれるキンポウゲ科の小さい花です。



a0208116_05063765.jpg



残念ながら、南東部ではもう花の時期は過ぎつつあるのですが、
一箇所だけ出遅れた花が咲き始めていましたので、急いで写真を撮りました。
時間帯が写真を撮るのにいい時間ではなかったので、
光りの当たり方がスポットライトのようになってしまいましたけれど・・・。



a0208116_05075919.jpg



イギリスの庭で見かけるウィンター・アコナイトは、
たいていがEranthis hyemalisという
バルカン半島、イタリア、南フランスの落葉樹林に自生する種になります。  

日本のセツブンソウの仲間ですが、セツブンソウより少し大きく、
花も葉も艶やかな光沢があります。
(年が明けるとスノードロップに先駆けて真っ先に蕾を付けてくれるので、
私は福寿草を連想してしまいます。)
10cmほどの茎の上に3cmほどの黄色い花を付けますが、
花びらのように見える部分は萼片で、
その萼片を取り巻くように切れ込みの深い苞状葉をつけます。
開花の頃になると根元に根生葉が出てきます。



a0208116_05085394.jpg


自生地の環境から見て、庭でも落葉樹やシュラブの下が最適の植え場所になります。
石灰質の土が最適ではありますが、それほど土を選ばないように思います。
日向でも半日陰でも育ちますが、水はけのよい土に植える必要があります。
スノードロップと同じく、tuber(塊茎)が乾燥するのを嫌うので、
こちらでは 'in the green' と言うのですが、
葉っぱの付いている状態の間(春先)に植えつけるのが
一番よく定着するように思います。
(私の経験では、秋に乾燥したtuberを植えても余りうまく育ちませんでした。)


太陽が顔を見せることの少ない英国の冬の庭では、
スノードロップと共に春への希望の光りを与えてくれる花です。




学名: Eranthis hyemalis     AGM
英名: Winter aconite
和名: キバナセツブンソウ (黄花節分草)





[追記]
☆地中海東部原産の Eranthis cilicicaを キバナセツブンソウ、
 そしてこのEranthis hyemalis をオオバナキバナセツブンソウというのですが、
 日本でよく出回っているものはこの二つの交雑種のようですね。

 最新の分類では、この二つは同一種として扱われることになり、
 学名は E. h. Cilicica Groupと表記するのが正しいとのことですので、
 ここでは一応和名は キバナセツブンソウとしておきます。

☆ウィンター・アコナイトのaconiteはAconitum(トリカブト)に含まれる毒のことで、
 ウィンター・アコナイトも有毒植物です。
 


[PR]

by lapisland2 | 2015-03-09 05:14 | Bulb/Corm/Tuber/Rhiz | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/20978170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bacuminnote at 2015-03-09 13:13
lapisさん
黄色の花(←すき)が咲くと、ぱあっとあたりが明るくなるようです。さいしょ福寿草かなと思いましたが、よくみたらちがいました。ウインター・アコナイト初めて知りましたが
〜冬から春にむかうときの黄色はまたかくべつですね。ウチのほったらかし庭も、いま山茱萸の木にかわいい黄色がいっぱいです。
Commented by lapisland2 at 2015-03-10 09:22
bakuさん、こんばんは。
bakuさんの好きな黄色い花だから、萎んでしまう前に写真に撮りたいと思っていたんですよ。
でも、やっぱり足腰が弱っているのでしょうね。久しぶりに庭に出たらちょっとの段差で躓いてこけてしまいました~。やれやれ。。。

山茱萸は大好きな木の一つです♪
この木に黄色い花が咲き始めると春の訪れを感じますよね。
秋には赤い実を食べたのを思い出します。
こちらにもそっくりなセイヨウサンシュユというのがあって、
花はサンシュユよりも少し大きめでしょうか。

「山茱萸に けぶるや雨も 黄となんぬ」 水原 秋桜子
Commented by bacuminnote at 2015-03-10 19:43
わ!たいへん。大丈夫ですか?
じつは最初 "庭に出ることができてよかったです♪でも足元には気ぃつけてくださいね"って書いて、いや、こんなん書いて、かえってこけはったらあかん、とコメントいっぺん削除して書きなおしたのでありました・・。
ほんま、お互い気をつけましょう。

秋櫻子の句〜いいですね。今日は雨が降ったり晴れたり、吹雪いたり!寒い一日でした。そう言うたら、いま読んでる梨木香歩の『丹生都比売(におつひめ)』にも山茱萸がでてきました。
Commented by lapisland2 at 2015-03-11 09:06
bakuさん、ほぼ1年近く歩いていなかったので、足腰の衰えはひどいもんです。
まあ、ぼちぼちリハビリを続けて行くしかないですよね。
でも、いつになったら帰国できるものやら・・・。

うちの周辺は坂ばかりなので、表の道から家まで数段の階段、
庭に出るのも階段を上って、庭自体が3段階と言った具合です。
そんな地形を生かして庭に滝を設えているおうちもあるくらいです。

こちらはこのところ日中は少し気温が上がっている(8~10度)のですが、
日本は寒の戻りで寒そうですね。
関西の友人から小雪が散らついたとメールがありました。
でも、お水取りももうすぐ終わるから、急に暖かくなるかもしれませんね。

Commented by surume393939 at 2015-03-12 20:20
こんばんは。きのうほどではありませんがやっぱり冷たい風が吹いています。寒いからと家に閉じこもってばかりだとよけいに寒いので散歩に出ました。梅のかおりが漂ってくるし、ウグイスの鳴き声も聞こえました。やっぱり春です。
こけはったんですか?(bakuさん風関西弁)小さな植物を踏みそうになったり、足元の植木鉢をよけたり、そんな時にバランスをくずしてしまいますよね。気を付けてください。
キバナセツブンソウの実物はまだ見たことがないのですが私が気がつかないほど小さな花なのかもしれませんね。福寿草やリュウキンカのようにテラテラと光っているのでしょうか?毒草なのも同じですね。
おひさまに照らされた黄色の花は風が冷たくてもそこだけあったかい春ですね。
Commented by lapisland2 at 2015-03-14 08:27
surumeさん、こんばんは。
こちらも今週末からまた少し寒くなりそうです。
梅の香りと鶯の鳴き声・・・春はもうそこまで来ていますね♪

まだ足元がおぼつかないので、気をつけていたのですが・・・。

掲示板の方に福寿草の写真を貼って下さったでしょう。
あのあとすぐにキバナセツブンソウを貼ろうと思いながら、
まだ貼れないでいます。ごめんなさい。

キバナセツブンソウは福寿草の花よりももっと小さいです。
そうそう、福寿草やリュウキンカみたいにピカピカですので、
晴れた日には写真が撮りにくいですよね。でも晴れないと開いてくれないし・・・。
うちでも黒葉のリュウキンカが咲き始めましたよ♪
春はやっぱり黄色い花が一番ですよね。
ニオイスミレもチラホラし始めています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード