「ほっ」と。キャンペーン

冬の彩り  ウィンターガーデンから  (補足)


ウィンターガーデンに使われることが多いCornusとSalixの主な品種をまとめておきます。


☆Cornus(ミズキ)の主な品種



a0208116_730181.jpg

C.alba 'Sibirica'                   これが1番真紅になります。




a0208116_7312551.jpg


a0208116_7314488.jpg

                                 (画像はRHSとjacksonsnurseriesから拝借)
C.alba 'Elegantissima'             葉は エッジが白い斑入り     ダークレッド




a0208116_7323988.jpg

                                         ( 画像はpaghat.comから拝借)
C.alba 'Ivory Halo'          これは'Elegantissima' のコンパクトな品種で、
                      'Elegantissima' のように大きくならないので、狭い庭に向いています。



a0208116_7332139.jpg

                                         (画像はRHSから拝借)   
C.alba 'Spaethii'                 葉はエッジが黄色い斑入り    赤




a0208116_734381.jpg

C. sericea 'Flaviramea'
(Synonyms C.stolonifera 'Flaviramea')             黄色




a0208116_851642.jpg

                                              ( 画像はT&Mから拝借)
C.sanguinea  'Winter Flame'( 'Winter Beauty')      黄色+ オレンジ




a0208116_737349.jpg


C.sanguinea 'Midwinter Fire'       落葉直前にオレンジイエローに紅葉し、
                       冬は 黄からオレンジのグラデーションに



a0208116_7373973.jpg

C.kesselringii          黒紫



いずれも非常に丈夫で、耐寒性があります。(-25度までOKとの事)
こちらでは石灰分の多い土地に自生していますが、殆ど土を選びません。

Cornusは植えた翌々年から、毎年早春に根元からまたは丈の三分の一まで切り詰めると
色鮮やかな枝になります。
何年も放って置いたものは地上5センチ位まで切り詰めてもOKです。 
ただ、オレンジ系のものは、軽く剪定。
(あるいは、1年おきに半分ずつ古いのを根元から剪定)





☆Cornusよりも大株になるSalix(willow)も、Cornusとの混植などでよく使われます。



a0208116_738028.jpg


S.alba 'Chermesina'           オレンジ



a0208116_7382658.jpg


S.alba 'Vitellina'              黄

Salixは、1年おきに早春に根元から剪定。



★手元にあるウィリアム・ロビンソンの "The Wild Garden" の中に、
Cornus と Salix についての記述がある箇所を見つけましたので、書き写しておきます。

Of our native Dogwoods (Cornus), one (sanguinea)is an excellent
native shrub, the beauty of which is very effective in gardens
where it is grouped in bold and artistic ways. The winter effect
is bright and good, and the plant fine for association with our
handsomer native willows: this Dogwood being used as undergrowth
near the largest willows.




[PR]

by lapisland2 | 2015-02-23 08:02 | Garden Visit + | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/20921896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2015-02-24 09:28
こんにちは。
cornusがもうひとつ欲しくて、黄緑色の枝のものにしようか、オレンジ色の枝のものにしようか、迷った挙句に、オレンジと黄色のグラデーションが美しく一目ぼれしたCornus sanguinea `Arctic Sun`を買ってしまいました。
しかもこの記事がでるちょっと前に!(笑)

Arctic Sunも今あるIvory Haloと同じくドワーフタイプのようで、ちょうど斜め前後になるように植えてみました。
今度写真にのせますね♪

畑のブログのほうで、1人で外出できるようになられたと知り、遠慮しようかな、とも思いましたが、嬉しくなってこうして続きざまにコメント残しています(笑)。
春も少しずつ近づいていますので、体調もこのままどんどん回復されることをお祈りしています。
Commented by lapisland2 at 2015-02-25 23:34
wilmslowさん、こんにちは。
前にドワーフタイプの'Ivory Halo'を植えたとおっしゃっていたので、
その斜めうしろに大きくなる黄色いstolonifera 'Flaviramea'(確かこれは北米西部の自生種です)、
もしくは 'Winter Flame'か 'Midwinter Fire' 、あるいはこれも自生種の'Cardinal'などを植えると
高低差がつくので奥行きが出るかしら・・・などと思っていたのですけれど。
広い庭の場合は遠くからでも目立つものをバンと植える方が見栄えがすると思いますので。

でも同じドワーフの `Arctic Sun`もすてきですよね♪
コンパクトにまとまって、大きいのほど暴れないので、
殆ど剪定も要らないのではないかしら。
写真を楽しみにしています。

Cornusの新品種も次々作られているようで、新しいものはもう名前が覚えられません。
Commented by wilmslow at 2015-02-27 00:33
ぎゃっ!
さすがお師匠、するどい!
実は、仰る通り結局winter flameかmidwinter fireを探しにナーサリーにはでかけていったんですよ(爆)。

私のコメント入力ミスで「斜め前後」になっていましたね!「斜め前」の間違いです。ごめんなさい。

買う直前に自分の庭の写真をスマフォで再確認して、ivory haloの背後に植えるスペースがどうにもなくて、斜め前か横側に植えるのに背が高くなりすぎるなぁと考えていたところ、同じような色柄で背丈の低いarctic sunが目に止まってひとめぼれしちゃったんですよ(笑)
それにしてもなんという千里眼!
恐れ入りました(笑)。
Commented by lapisland2 at 2015-02-28 04:10
wilmslowさん、
'Arctic Sun'は確か黄葉もきれいだと思いますから楽しみですね♪

ウィンターガーデンの本当の美しさは、やはり大きな庭園(そして雪が少なくてかなり寒い場所)でなければ出ないと思いますが、
wilmslowさんのお庭なら、一部をすっかり小規模のウィンターガーデンにすることもできると思います。
Cornusは丈夫だから、移植も平気なので、植え場所が悪いなと思えば適時に植え替えてしまえばいいと思います。

私も「立体感が出る」と書くところを「奥行きが出る」と書いてしまいました。
Commented by telly1214 at 2015-03-02 21:26
lapisさん今晩は
先日の鳥の話の中から
私は子供のころから社会人になってまで何回もスズメを飼っています。
覚えているのは最後に飼った彼の話
傷を負って近所の子供が連れてきました、怪我が治っても頭の蝶手の毛がモヒカンみたいになっていました。
彼は何年も我が家の中で放し飼い状態でしたが同居のネコと喧嘩もせず(猫が手出しをしなかった)、自分で居場所を冷蔵庫の裏、放熱板が暖かいからでしょう。
でもそのうち自分で家の中に家で調達できる材料で巣を作りました、彼女もいないのに。
障子紙を細く短冊状に切ってエアコンの粗に運んでいるのです。
覗いてみると私の給料明細(細長いシート状)が何枚か、きっと数カ月かけて運んでいたのでしょう、私の方はそれが無くなっている等気にもしていませんでしたから。
すっかり家人になりきっていたある日、私たちは2回の部屋に寝ていたのですが、朝階段をトントンと上がってくる音が聞こえた後戸をコトコト叩く音がするんです、私はひょっとしたら彼かなと思って開けたらやはりでした。
彼が私たちを起こしに来たのです、それも階段をとぶのではなく一段二段歩いてです。
私はすずめがすごくなつく事を知っていたので判らなくもなかったのですが、女房が信じられないと。
今でも言ってます、こんなことを言っても皆は信じてくれないでしょうねと。

彼の話はまだまだあるのですがまたこの次に。
Commented at 2015-03-02 21:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lapisland2 at 2015-03-05 00:02
tellyさん、こんにちは。
そちらはもう随分暖かくなっていることでしょうね。
春咲きのクレマティスの芽も元気に伸びていることでしょう。

楽しいスズメのお話、ありがとうございます♪
私は信じられますよ~!
野鳥の場合でも、毎日間近かで過ごしているとよくびっくりするようなことに出会います。
以前住んでいた家では、毎朝ブルーティット(アオガラ)が窓をコツコツやって起しに来てくれましたし、
うちでは私よりも相方の方が動物や鳥になつかれるようで、
散歩をしていてキツネに出会ったりすると、私は5m以内には接近させてくれませんが、
相方は1mくらいまで近寄らせてくれるので、1m離れた所で寝転んでキツネと話しています。
ただし、キツネ語は話せないので、エイゴではありますけれど。

また楽しいお話を聞かせてくださいね。
Commented by lapisland2 at 2015-03-05 00:11
鍵コメさん、
ブログの書き込みのタイトルの右側にある「編集」をクリックして投稿画面が出たら、
そこから何回でも訂正できますよ。

コメント欄は一度画面に出てしまうと残念ながら訂正ができないようで、
私も仕方がないので画面に出たものを一度削除してからまた入れ直しています。
削除はコメントの上の日付の右横のX印をクリックするだけです。

エキサイトって、他のに比べるとそれほど機能のいいブログではないように思います。
投稿画面もよく変更になっていて戸惑うことがあります。

長い文を書き込んでから再書き込みはつらいので、
私は「テキストメッセージ」に下書きをして、
訂正もそこでしてから投稿するようにしています。

それでもあとから変換間違いに気づくことがありますよね。
Commented at 2015-03-05 23:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lapisland2 at 2015-03-09 07:24
wilmslowさん、こんばんは。
リンクはどうぞご自由に。
あとで、ブログの方にお伺いしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード