2月の庭仕事



暦の上では立春になりましたが、
毎日寒い日が続いています。
2月は、まだじっと我慢の月ですが、
確かに少しずつ日が長くなるのを感じるようになって来ました。
スノードロップがそっと花開き、
冷たい空気の中を蝋梅やマンサクの甘い香りが漂ってくるのももうすぐです。

種のカタログなどを眺めながら、
頭の中はもう春の計画でいっぱいかもしれませんね。
雪深い地方でなければ、寒い間にやっておく庭仕事もけっこうあります。
私もせいぜい相方のお尻を叩いて、
冬剪定をやってもらうことにしましょうか。



a0208116_20393302.jpg
                      
                               (画像はSkimmia × confusa 'Kew Green'
                               長い冬の間をライムグリーンの蕾で過ごし、春に白い花を咲かせます)




☆引き続き、アームチェア・ガーデニングの季節です。

「1・2月の庭仕事の余りできない間に、
カタログを取り寄せたり、ネット上でカタログを見たりして、
春からのプランを立てましょう」
ということなのですが、
冬の夜長のんびり紅茶やワインを楽しみながら
カタログを眺めて春からの庭作りを考えるのもいいものです

☆種の注文をして、
 温室のある場合は、夏花壇用の花の種まきを始める
(スィートピーなど)

*温室のない場合も、窓辺や加熱プロパゲーターで種まきを始める


☆ダリア、カンナ、ユリ、グラジオラスなどの球根類や
 種、苗などの注文をする

☆引き続き 冬剪定の時期です
 *少し暖かい日が続いている時に剪定をする

  dogwoods、willow、 buddleia、lavatera、elder バラetc.

◎フロリバンダやハイブリッド・ティーのバラは
 昨年伸びた部分を選定し、全体の形も整える(2月~3月)
(傷んだ枝やクロスしている枝などを、
 全体の半分から三分の二くらいまで剪定
 外向きの芽の上で切る)

◎花の終わったマホニア(ヒイラギナンテン)や
 ウィンタージャスミンの枝を剪定する

◎ウィステリア(藤)の冬剪定は今月中に終える
(ウィステリアは夏・冬と2回の剪定が必要)
 冬は約5cm切る

◎常緑のシュラブや垣根の大きくなり過ぎたものは、
 今の時期に強剪定しておくとよい

◎シモツケソウ、ユキヤナギ、コデマリなどの強剪定をする
(これをやっておくと、コンパクトな株をキープできるのと、
  黄葉のものは発色がいいようです)

◎夏咲き(6月以降)のクレマティスは、
 今月末までに剪定をする

(C.orientalis, C.texensis, C.viticella, C.vitalba,
 大きい花の咲く品種など)

剪定をしておかないと、上の方にばかり花がつく

*原則は、一番下の芽のすぐ上で剪定するが、
 同じ高さでバッサリ剪定せずに、30~100cmの間で
 高さを違えて切っておくと、違う高さに花が付くのでお勧めです

◎dogwood はできるだけ根元に近い所で剪定
 強剪定することによって、新しい枝の成長を促し、枝の色も鮮やかになる
 willow やスモークツリーなども強剪定をするか、
 coppicingしたい時は、好みの高さのところで、剪定のこぎりで切る

◎常緑の斑入り葉の樹木やシュラブが先祖返り(reversion)していないか
 どうかチェックをして、みつけたら枝元から剪定しておく
 夏に、もう一度チェックをし直す

*落葉するものは、葉が出始めてからチェックする

☆引き続きroot cutting(根挿し、根伏せ)の時期

*オリエンタルポピー、フロックス、エリンジウム、アカンサス、バーバスカムなどの多年草や
 ライラック、クレロデンドロン(ゲンペイカズラ)などのシュラブ

 これも簡単ですので、ぜひトライして下さい。

*やり方の詳細は→

☆今月後半から3月初めにかけて、
 グラス類や宿根草の古い茎や葉を取り除く
(新しい葉が出てくる前にしておく)

*株の根元でカエルが冬眠をしている事があるので、注意をすること!
(イギリスのカエルは土色をしているので、見逃す事があるので気をつける)

☆epimedium(イカリソウ)の古い葉をすべて刈り取る

☆シダの汚い葉や古い葉を根元から刈り込んで、
 周りをマルチングしておく

☆アルカミラ・モリスの古い葉を刈り取って、
 株分けをして植え付ける

☆ヘレボルスの有茎種は、耐寒性がもうひとつなので
 夜間はフリースなどで防寒する
 花茎が伸びるものには支柱を立てる

☆引き続き土を耕して、
 コンポストを花壇や菜園に入れる
 (早く種まきをする場所にはシートなどをかけておく)

*苔が生えていたり土が固い場合は、
 表面を少しフォークで耕しておくと
 空気の流通や水はけなどが随分違う

*耕すのが体力的に大変な人は、
 冬の間にコンポストを上に広げておくだけでも随分違ってくる

☆bare root(地掘り苗木) のバラや樹木・シュラブの植えつけは、
 今月中に終わらせること!

☆引き続き小さい木やシュラブなど、移植したいものは今が適時

☆新しく植えた木の支柱がしっかりしているかどうか確認する

☆ユリの植え付けはまだ間に合うので、すぐに植える

☆密集しているスノードロップやwinter aconiteの株分けをして、
すぐに植え付ける

☆春咲き球根の芽が出かけているものは周りに肥料をばら撒く

☆室内で栽培していたヒヤシンスやスイセンなどは
 花後に花茎を切ってから、庭に深めに植えつける(7~10cm)
 水と液肥を与えて、葉が枯れるまでそのままにしておく

☆堀上げて貯蔵した球根類のチェックを忘れないように
  (腐ったりカビが生えたものを取り除く)

☆急な寒波の到来に備えて、
 いつでも使えるようにフリースの準備をしておく
(カメリアの蕾や花などはすぐにやられてしまうので、注意する)

☆積雪のあと雪の重みで枝が折れるのを防ぐ工夫を!
 (常緑樹やコニファー類)

☆宿根の雑草を掘りあげる
 春になって活動を始める前にやっておくとよい

☆ハウスプランツの植え替え

☆暖かい日には温室の空気の入れ替えを忘れずに!

☆春の気配と共にS&Sが活動を始めるので、
 コパーリングをデルフィニウムなどの株の周りに置いて、
 早めに被害の予防をする

☆球根の芽が出始めたら、
 リスや鳥避けに掛けていたチキンワイヤーを取り除く

☆樹木やシュラブの周りにラビット保護ガードを巻く






a0208116_20403425.jpg
                         (画像はLong-tailed tit   wigglywigglersから拝借)



☆Wildlife

◎新しい巣箱をかけるのに最適の時期ですよ~♪

すでに巣箱を設置してある場合は、
  取り外して巣箱をきれいに掃除する
       ↓
  沸騰したお湯をかけて消毒し、乾燥させる
       ↓
  新しい藁や乾燥した苔などを入れて、元に戻す

*巣箱をかける場所は、餌場とは離れたシェルターな所を選ぶ

◎鳥の巣作りに必要な材料を庭に準備してやるとよい
 細めの木の枝や、シュラブの茎、枯れ葉、苔、柔らかい鳥の羽根、
 藁、ペットを買っている場合は犬や猫の毛、ウールなどなど

*ウールを入れて木の枝にぶら下げられるフィーダーも
 ペットショップやガーデンセンターで売られているが、
 ウールをボール状に丸めて周りに糸を掛け、ヒモでぶら下げられるようにするだけなので、
 簡単に自分でも作れますので、お試しを。

 (うちでは、こういう準備をしておかないと、
  盆栽鉢の苔をすべて剥がされてしまいます (>_<) )

◎樹木やシュラブにバードフィーダーを吊るしたり、
 バードテーブルを置いて、餌が途切れないようにする

*残りもののパンを与える人が多いが、
 冬場は特にもっと栄養分の多いものを準備する

(ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
 ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、キャットフード、
 フルーツケーキやビスケットなどの残り、ラードやfat ball、mealworm など)

*鳥の種類によって好物が違うので、
 いろんな種類の餌を用意するといろんな鳥が来てくれますよ♪
 木の上で餌をとる鳥もいれば、地面で餌をとる鳥もいるので、
 地面に置くバードフィーダーも忘れないように。
(既成のものでなくても、鉢の受け皿で十分です)

*イギリスの場合、庭にやって来る鳥たちは冬に野生の餌がとれなくなると
 死んでしまう場合が多いのです。
 数年続きの厳冬で、数の減少した鳥も多いようです。
 夏には餌を与えない人も、冬場だけでも鳥の餌を準備するようにして下さい。
 特に急な冷え込みが来たり、雪の降った翌日には餌がとれなくなるので、
 庭に餌を撒くなどして頂ければ、うれしいです。

暗くて長い冬の間、鳥たちが庭にやって来てくれるのを見るだけで、
私たちは十分に大きなお返しを受ける事になるのですから♪

◎バードフィーダーやバードテーブルの定期的な掃除を忘れないように!

*不潔なバードフィーダーから、感染病が広がることも多いとのことです

*サルモネラやE.coliなどの人への感染を防ぐためにも、
 餌やりや掃除のあとには必ず手洗いを決行すること!!!

◎水の補給も忘れずに!
 
 鳥を庭に呼びたいなら、
 餌台の設置だけでなく水飲み場兼水浴び場を作ること!
 常に水浴び場をきれいにして、新しい水に取り替える
 氷が張った朝は、水のみ場の氷を溶かすのをお忘れなく!

◎池に魚を飼っている場合は、氷の張らない場所を一箇所キープしておくこと
(テンスのボールを浮かべたり、pond heater の設置その他)
 
 小さい池の場合はお湯で氷を溶かす

*冬眠中のカタツムリなどを集めて置いておくと、Song thrushなどの餌になる




繰り返し鳥や小動物、虫たちのことを書いていますが、
彼らのヘルプ無しにはオーガニック・ガーデニングはできないのだと言うことを、
いつも心に留めておきたいものですね。





庭仕事はイギリス南東部、特に私の住んでいるロンドン郊外を基準に
書いていますので、日本とは少し違ったところもあります。
時期については、お住まいの地域によって調整をして下さい。
内容について質問のある場合は、どうぞお尋ね下さい。

なお、畑仕事(野菜やハーブ、果樹)については、
菜園日記 の方に書き込みをしています。



[PR]

by lapisland2 | 2015-02-04 20:56 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/20846605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2015-02-08 04:38
こんにちは、lapisさん。
今月の庭仕事を読んでいくうちに、すっかり忘れていた水仙の球根の上に置いてあったチキンワイヤーのことを「はっ!」思い出しました。完全に忘れていました(笑)。
ありがとうございます。

鳥の巣箱もまだ掃除していないので、急いで掃除しなければ。晴れていた先々週に庭の掃除をしていたら、冬眠中のカエルに遭遇しました。アイリスの枯れた葉っぱの間で寝ていたようで、切りとっていた時に気がついてよかったです(汗)。
Commented by lapisland2 at 2015-02-12 00:53
wilmslowさん、こんにちは。
今年はそちらは随分暖かい冬のようでよかったですね。
冬の間の庭仕事もグンとはかどる事と思います。

こちらはようやくスノードロップのつぼみが膨らんで来ましたが、
スイセンの葉っぱなどはまだちょこっと出てきたところです。
(と言っても、まだ2階の窓から見ているだけなのですが・・・。
どうしてそんなに長い間庭に出られないのかと思われそうですが、
なんせうちの庭は段差がきついので、足腰が弱るとまったく処置ナシです。)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード