遅まきながら、8月の庭から   1.



いつのまにか処暑も過ぎて、イギリスはすでに初秋の気配です。
昼間の気温が20℃を越えることはなくなり、夜は10℃以下に下がっています。
昨日は一日中雨が降り、気温も13℃から上がらず肌寒い一日になりました。
今日も外は雨です。

ブログの更新をサボっている間に、
庭の花たちもどんどん咲き急いでしまいました。
少し時間を遡って、8月の庭を彩ってくれた花たちを。




a0208116_21275653.jpg

夏の間毎日花を付けてくれたへメロカリスも終わりに近づきました。
レモンイェローの爽やかな色は夏にぴったりですね♪
Hemerocallis 'Felicity'



a0208116_21300703.jpg

ダークレッドのH.'Stafford'も好きなへメロカリスの一つです。

他にも何種類かへメロカリスを植えていますが、
昨年から仲間入りをした黄色い小さな花がとても可愛いのですが、
どうにもうまく写真が撮れなくて・・・またの機会に。



a0208116_21310140.jpg

蜂やホーバーフライが大好きなエリンギウムもきれいなブルーの色を見せています。
Eryngium planum



a0208116_21314672.jpg

今年はジェラニウム ラザンネイが広がり過ぎて、
切り詰めたあと急に寒くなってしまったので、秋まで咲き続けるかどうかはわかりません。
Geranium 'Rozanne'



a0208116_21322120.jpg

ムラサキツユクサはありふれた地味な花ですが、
なぜか日本を思い出させてくれる花なので、いつも庭のどこかに植えています。
これは、オオムラサキツユクサの方。(ひょっとしたら交雑種かもしれませんが。)
Tradescantia varginiana



a0208116_21331971.jpg

このヒューケレラはまだ葉っぱがきれいだった頃に撮ったものですが、
このところの雨続きで見事にS&Sにやられています。
Heucherella 'Kimono'



a0208116_03013049.jpg


a0208116_06131187.jpg


八重のカシワバアジサイは、暖冬のせいもあってとても大きくなっていたのですが、
春の終わりに来た樹木医さんになぜか三分の一も勝手に剪定されてしまってがっかりです。

黒いエルダーは春の剪定が足りなかったのか、
ちょっと背が高くなり過ぎました。
来春は、もっと強剪定をしなければ!



a0208116_03020980.jpg

冬に強剪定をしたメギは、サイズもほどほどになり、
きれいな葉色がよく出ています。
2・3年弱剪定しかしていなかったのですが、
やはり冬にはしっかり強剪定をした方がよさそうです。

この夏はいいお天気が続いたせいか、アカンサス・モリスが計12本も花茎を上げてくれました。
日当たりがもう一つなので、少し背が低いのですけれど、
思いがけないボーナスになりました♪


[PR]

by lapisland2 | 2014-08-27 03:23 | 四季の庭 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/20139555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by poirot at 2014-08-27 12:50 x
そちらの気温は九州で言えば11月頃の気温です。
ヘメロカリスを初めいろんな花が咲いて、いいお天気の夏でよかったですね。当地は8月はずっと梅雨のような天気でした。

教えて頂いたGeoff Hamilton氏の本を取り寄せて、今読み始めています。結構面白そうで、しばらく楽しめそうです。ありがとうございました。
Commented by lapis at 2014-08-28 04:17 x
poirotさん、こんばんは。
残念ながらいいお天気は上旬までで、そのあとはまた雨の多い日々に戻っています。
気温は平年と比べても低めで、数日前はうちからそう遠くない所で1度まで下がった所があったとか!
(うちの辺りは4度)
毎年9月になると朝晩はヒーターを入れることが多くなるのですが、
今年は8月にカイロを使いましたよ。
そんなわけで菜園がやれるのも4~10月くらいの間になります。

Geoff Hamiltonの本、もう取り寄せられたのですね。早い!
彼のCottage Gardenの本は、コテージガーデン作りのバイブルのようになっています。
手作りのものもたくさん出てくるので、poirotさんには楽しんでいただけると思います。
またいい本がありましたらご紹介しますね。
Commented by するめ at 2014-08-28 23:04 x
Lapisさん こんばんは。和歌山も今日はとっても涼しいです。
夕方の散歩道ではツクツクボオシが鳴き、センニンソウの花の良い香りがしています。半袖ではちょっと寒いくらいです。
レモンイエローのヘメロカリス、きれいですね。六甲高山植物園でみたユウスゲの花の色に似ています。
Lapisさんの庭にはやっぱりツユクサがあったのですね。うちではもうすっかり終わってしまっていますが、種はよく飛ぶし、花後は何となくだらしなく汚い姿になってしまいますが、でもやっぱり好きな花です。ブルーの色がきれいですね。アカンサスの花も終わってしまいましたが、カシワバアジサイの立派な花の下にちょっこと見えている風知草は我家のとおんなじ姿をしていますね。
Commented by lapis at 2014-08-29 17:58 x
するめさんさん、おはようございます。
和歌山も涼しくなって、庭仕事も楽になってきたのではないでしょうか。
掲示板はいつも拝見していますよ。
自分のブログもなかなか更新していないような具合で、コメント入れなくてごめんなさい。

夏バテ状態だったのに六甲高山植物園に行って来られたようで、
たくさんの画像をありがとうございました♪
あの植物園は近場だけれど、やっぱりいいですねぇ!
ルリタマアザミの親戚のヒゴダイのブルーの色がとても冴えていてきれいです♪
うちのへメロカリスも少しキスゲに似ていますよね。

するめさんのお庭も、ノシランやサネカズラの花が咲いて、
秋の庭に変身しつつあるようですね。
サネカズラ、日本にいた頃は(神戸では)ビナンカズラと呼んでいましたが、
和歌山ではサネカズラの方が普通の呼び方なのでしょうか。
長いことサネカズラの実を見たことがありませんので、
実が赤くなった頃に画像を載せてくださるとうれしいです。
Commented by するめ at 2014-08-30 11:24 x
こんにちは。
今朝も涼しいです。庭も家の中も大掃除してます。昨日も外の物置をかたずけて、古い登山靴をゴミにしました。

こちらでもやっぱり[ビナンカズラ」が一般的です。友人はこの名前を聞いただけで「なに・それ?ほしい!!」って言ってました。美男にどうやら魅かれるみたいです。
赤い実も毎年なっていますので、忘れないように写真に撮りますね。
今年のミナノロバータが元気がよすぎます。つるがからみ合ってすごいことになっていますが、花芽がまだみあたりません。肥料が効きすぎたのかな?Lapisさんも以前「花が咲くまで長く待つでしょ」っておっしゃっていたような。。。待ち遠しいな~
Commented by lapisland2 at 2014-08-30 19:07
するめさん、
8月ももう終わりですね。
関西は30℃を下回るようになって、朝晩も随分しのぎやすくなっていることでしょうね。
こちらの冷え込みもこの週末で中休みのようで、来週は平年並みに戻るとのこと。

なんだかミナロバータがするめさんのお庭で定番になりそうですね♪
秋の花が待ち遠しいです♪
今年はいいお天気が続いたので、もし種まきしていれば、
うちでも例年よりはよかったと思うのですが、
残念ながら春から夏まで動けずで庭仕事も殆どできませんでした。
7月から歩く練習をして、最近やっと少しずつ距離を伸ばせるようになってきたところです。

実は今日で掲示板も8周年なのですが、この先どうするか迷っています。
細々とでも10年は続けるべきかどうか。。。
Commented by するめ at 2014-09-04 15:39 x
Lapisさん、続けましょ。といってもわたしの拙い書き込みと写真でもよかったら。。。という条件付きですが。
2年くらいアッという間に過ぎて行きそうな気がします。
Lapisさんとの交流が始まって私のガーデニングもずいぶんと進歩しています。それにとっても楽しいです。
私はとってもへそ曲がりなので流行りのものは苦手です。でもそんな私が育てている植物に感心をもってくださる方はいらっしゃるのかしら?細々と続けられたらうれしいです。
それよりもLapisさんの健康状態が心配ですね。そこは無理強いはしませんので、よくお考えになってお返事ください。お待ちしております。
止めたいとおっしゃるのであればそれはそれで受け入れますよ。
Commented by lapis at 2014-09-06 06:40 x
するめさん、こんばんは。
するめさんの庭にある植物は私も大好きなものばかりで、
いつも楽しみに拝見させて頂いていますよ♪
やっぱり日本のプランツはいいなぁと思いながらね。
私もかなりのへそ曲がりなので、イギリスに住んではいてもイングリッシュガーデンの真似をする気なんぞさらさらなくて、
いつもわが道を行く、です。
なぜ日本人は気候も土もまったく違うのにイングリッシュガーデンを作りたがるのか、私にはまったく理解できません。
もっと豊かな自生の植物を大切にして行かないと、今に取り返しのつかないことになると思いますよ。
イギリスには殆ど自生の植物がないから、よそから集めてこなければならなかったということなのにね。

掲示板、するめさんさえよければ、あともう少し続けましょうか。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード