アジサイの季節




今年は冬からずっと暖かい日が続いたせいか、
6月の中頃からアジサイの花が咲き始めました。
例年よりも1ヶ月以上早い開花です。

日本では紫陽花は6・7月の花で、梅雨の最中に爽やかな美しい色を見せてくれますが、
日本の暖地に比べると1ヶ月ほど花の遅れるイギリスでは
どちらかというと夏から初秋にかけての花になります。

アジサイは故郷の市花でもあり、子供の頃から親しんだ懐かしい花ですが、
残念ながら石灰岩の多いイギリスの地に咲くアジサイは、
日本のようにブルーの花は少なく、ピンクの濃淡や濃い赤系統の色になります。
たまにスコットランドなどの旅先でブルーのアジサイに出会った時には、
同行の英国人に不審に思われるくらいに感動の声をあげるほどです。

また、車で南西部を旅して西に走っていくと、
突如としてアジサイの花色がピンクからブルーに変わる地域があり、
ああ、コーンウォールに近づいて来たなとわかるような面白い体験もあります。

思い出の中にあるような青い紫陽花の花を咲かせるために、
こちらに来てから随分長い間、あらゆる苦労(!)を重ねてきました。
青い花が咲く品種の紫陽花をいったい何鉢買ったことでしょう!
(売られている鉢植えのアジサイは薬品処理で青い色にしてありますので、
翌年からの花はピンクに変わってしまうのですが・・・
わかっていながら、ついついきれいな青い色に惹かれて買ってしまっては、
あとでがっかりするのを何回繰り返したことか。。。)

水遣りはすべて溜めて置いた雨水を使い、
培養土は、酸性土好みの植物用に作られているエリカシアス・コンポストを、
年に一度は花色をブルーにしてくれると言う魔法の薬をふりかけて・・・、
いかに手立てを講じても、
紫陽花の花は頑固にピンクの色を保っています。

今では、ピンクや赤のアジサイも、
それはそれでいいじゃないかとすっかり諦めの境地に至りました。
それに、白い花ならば、土に関わらず白い花を咲かせてくれますものね。




と言うことで、まずは白いアジサイから。


a0208116_19372942.jpg



a0208116_03263267.jpg



a0208116_03273367.jpg

これは友人宅のアジサイから挿し木をとったもので、今年が始めての開花になります♪
自分で種まきや挿し木から育てて、
初めて花が咲いた時のうれしさは何ものにも代え難いものがありますね。

Hydrangea macrophylla  'Madame Emile Mouillere'  (たぶん)





a0208116_03281795.jpg

これくらいで止まってくれれば、ピンクの花も可愛いのですが・・・。





a0208116_03284835.jpg

日本で人気のあるアナベルは、
残念ながら日陰で雨の多いうちの庭には合わないアジサイです。
これくらいの時はいいのですが、
大きくなると細い茎は大きな花を支えきれず、四方八方にだらしなく広がって、
見苦しい姿になってしまいます。

Hydrangea arborescens 'Annabelle'





a0208116_03292287.jpg



a0208116_03295874.jpg

これは比較的新しい品種ではないかしらと思いますが、
花のない時期も、黒紫色の茎はなかなか渋い感じです。





a0208116_03341310.jpg



a0208116_03344789.jpg



a0208116_03354900.jpg

そして、ウズアジサイは雨ばかりの秋や冬を越したせいか、
ピンクに少しブルーが掛かった微妙な色になっています。
でも、暑さが続いていますので、雨水だけでは足りなくて、
水道水を与えていますので、もうすぐピンクに戻ることでしょう。

大きくなり過ぎたので、春にばっさりと株の三分の一を伐採しました。

ウズアジサイの詳細については→



カシワバアジサイも今年は例年よりも早くから花を付けていますが、
それはまたの日に。


[PR]

by lapisland2 | 2014-07-20 03:43 | Shrub | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/20015351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ポアロ at 2014-07-20 06:40 x
アジサイの色のコントロールは難しいのですね。確かに、我が家のアジサイはピンクの品種も植えましたがブルーになっています。

狭い通路に植えているのですが、大きくなりすぎて通りにくくなり、花の高さも高くなりすぎたので、2週間ほど前に1/3ぐらいの高さに剪定しました。
Commented by lapis at 2014-07-21 02:44 x
ポアロさん、こんばんは♪
今日はプラントフェアに出かけて、植える場所もないのにまたいくつか買い込んでしまいました~。
帰って来てから全英ゴルフ見て、ツールドフランスをチェックして、夜はF1レースのハイライト見て、
と忙しい週末でした。
こちらも珍しく日本並みに暑い夏が続いています。

アジサイ、日本だと酸性土の地域が多いからブルーの花になりますよね。
アジサイもかなり大きくなるから、時には剪定が必要になりますよね。。
Commented by するめ at 2014-07-23 16:46 x
こんにちは。暑いです。梅雨明け宣言したのが確か7月21日。庭にたくさんのセミの抜け殻のお土産をみつけました。
いつも不思議なんですがアジサイが夏~秋が花期なのですね。
最初の白い花と濃い緑の葉、薄い緑でなく白を引き立たせる濃い緑、きれいです。
沢山のライラック色のウズアジサイもきれいですね。でも何となく私がいつも見ているアジサイの「和」のイメージでなく洋風にみえますね。

Lapisさん何を買い込んだのですか?
またいつか拝見させてくださいね。わたしはこの間、ホスタ「ノーザン・エクスポージャー」というのを購入。これは大型らしいのですが、大きな鉢で育てようかと考えています。
Commented by lapisland at 2014-07-24 04:44
するめさん、こんばんは♪
梅雨明けしたら、また暑いことでしょうね!
これからの長い猛暑の季節、しっかり食べて乗り切って下さいね。
こちらもこのところ30℃越えの日がありましたよ。
今年は珍しく晴れの多い夏ですが、いつまで続くかな。

アジサイ、日本に比べると花期が遅いので、剪定が翌年の春になってしまうのです。
ホント、こちらのは「アジサイ」ではなくてやはり「ハイドレンジア」ですよね。

この冬は雨続きで根腐れになって枯れたものがけっこう多いので、
その補いみたいなもので、珍しいものではありません。
あまり世話ができないので、手の掛からない丈夫なものばかり買うようになりました。
昨年の同じプラントフェアでほしかった色のカラマツソウを見つけて買ったのですが、
冬を越せなかったので、今年は横目で見ながら買わずじまいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード