5月の庭から  3.



5月も下旬になり、庭では雛に餌を運ぶ鳥たちが忙しく飛び回っています。

つい数日前にもヒョウが降りましたが、
それでも昨年と比べると随分暖かい5月なので、巷ではバラの花も咲き始めています。
と言っても、拙庭ではバラはいつも遅いので、
咲き急いでしまったのは、芍薬の花です。



a0208116_19462490.jpg



a0208116_19475088.jpg

代わりに、あちらこちらで頭をもたげているのは、アリウムたち。




a0208116_19491729.jpg

スズランもまだ咲き続けていますが、
しゃがめないので、写真を撮るのがむずかしいですね。




a0208116_19500558.jpg





a0208116_19502887.jpg

アクィリジアも満開になっています。
狭い庭では種を飛ばさないように、咲き終わる頃にすべて刈り取って、
初夏の花たちに場所を譲ります。





a0208116_19520685.jpg



a0208116_19525285.jpg


ソロモンシールもまだ咲き続けています。
今年は50本近く茎が上がり、
雨が多かったせいか、1m近く伸びているのもあります。




a0208116_19542876.jpg

アーチのオーナメンタル・グレープの芽が伸びて来ました。
冬に強剪定をしても、勢いが強いので夏場に数回の剪定が必要になります。




a0208116_19551952.jpg




a0208116_19550563.jpg

一昨年強剪定をしたタマリクスは、
花付きが少しよくなり、淡い霞のような花を付けています。



a0208116_19561441.jpg



ウツギも今年は早くから咲き始めました。
この国ではさまざまなウツギの花が咲きますが、
この花が咲き終わると、イギリスの庭は初夏へと姿を変えて行きます。



[PR]

by lapisland2 | 2014-05-26 20:05 | 四季の庭 | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19836265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2014-05-29 13:15
こんにちは~♪
芍薬、こちらは今ようやく咲きだしました♡
花弁がひらくまでの時間が長くて、まだかまだかと待っていたのですが、ようやく!と思っていたのも束の間、今日は夕方急に大雨が降ったので、重たくなった頭が下がってしまいました(笑)

裏庭の小道にアーチをようやく建てたのですが(実はクリスマスギフトでもらっていて私が半分建てたのですが、残りの部分を埋めこんでもらうのに主人に頼んだままガレージ放置ですでに半年が経過)、何をからませようかなぁと思案中です。
以前lapisさんのブログでグレープがなっているのを拝見して、グレープも素敵だなぁと思っていたのですが、グレープはかなり旺盛なvineのようで、我が家のアーチではもたないのではないかしら?とも思っています。。。
lapisさんのお庭のグレープは植えてどのくらいになりますか?
Commented by lapisland at 2014-05-30 00:05
wilmslowさん、こんにちは♪
うちでは八重の芍薬は本当にあっという間に終わってしまいました。
芍薬に雨はつらいですよね。

オーナメンタルグレープ、以外に面倒ですよ。
夏の間は何回も剪定するのに梯子によじ登って格闘しています。
普通のグレープよりはグンと小さいですが、それでも定着後はかなりアグレッシブになりますので、
余りアーチに絡ませているのは見たことがありません。
(実は数年前に重みでアーチが斜めに曲がってしまって立て直してもらいました)、
うちは植えて10年くらいだと思いますが、3年くらいまでちっとも大きくならなくて、
仕方がないので、クレマやバラを絡ませていたら、いきなりぐんぐん伸び始めて、
クレマもバラもだめになりました。
うちは他に場所がないのでアーチに絡めていますが、正直言って後悔しています。
(狭い庭に大きくなるものがあり過ぎなんですよね。) (-_-;)
他に場所があれば、大きなパーゴラに沿わせるとかの方が、もっと手が掛からないだろうと思います。
Commented by wilmslow at 2014-05-30 12:32
う~ん、やっぱりそうですか。
私もパーゴラか、もっとしっかりした組み立てのものでないと難しいかなぁと思っていたので、グレープはあきらめます。。。
でもlapisさんの、あの実のなった写真は素敵でしたよぅ。

バラも大きな実がなるタイプのものだといいかなぁって思ったりもするのですが、毎日霧雨状態のこちらの気候じゃ、やっぱりバラは自殺行為かなとも考えたり。Akebia/chocolate vineとかどうでしょう?アメリカではvine that invades forested areas throughout the eastern United Statesと紹介されているのですが、こちらではそんなにアグレッシブだという話は聞かないのですが。確かlapisさんがお持ちだったような?(間違っていたらごめんなさい)
今のところ、今年はポットに豆でも植えたのをからませようかしらって思っています(笑)。
情報ありがとうございます!
Commented by lapisland at 2014-05-31 07:35
wilmslowさん、こんばんは。
Akebiaはイギリスでも確かにアグレッシブではありますよね。
放っておけば10m位まで伸びるのではないかしら。。。
うちは一番奥のワイルドエリアの塀に絡めているのですが、
幹はすでにかなりの太さになっています。
でも、花友の一人は狭い前庭に大きなコンテナー植えにして根を制限しているせいか、
10年くらいになりますが、ほどほどの大きさをキープしているみたいですよ。
ただ毎年強剪定をしているようです。だから花はそれほど期待していなくて、
葉っぱを楽しんでいるようです。
(続く)
Commented by lapisland at 2014-05-31 07:38
(続き)
余り重さの掛からないものと言えば、クライマーのバラやクレマ、ハニーサクルになりますよね。
(ハニーサクルも年と共にすごいことになりますけれども、毎年根元から剪定しておけば大丈夫かも。)
Solanumのクライマーもいいですが、ちょっと耐寒性が気になるところですよね。
あと宿根スイトピーとか、Trachelospermumの斑入り葉はそれほど旺盛には伸びませんね。(うちの場合)
それと、(もしうまく行けば)ライムグリーンの葉っぱのホップがすっごくきれいです。

そうそう、クライミングビーンズとか、1年草のクライマーもいいかもしれませんね。
ラブラブビーンなんて、花もサヤもきれいだし、食べられますしね。(ここ数年、種の値段も下がっています。)
Commented by するめ at 2014-05-31 16:28 x
エルダベリーでしたかしら?Lapisさんの庭のこの木が好きで昨年の秋に通販でてに入れ、春に庭植えにしました。
まだまだ小さな苗なので花は咲きましたが今日見ると結実してないようです。友人が蓼科の超有名な庭を見に行くと、イングリッシュブルーベルがいっぱい咲いていて、西洋ニワトコの花も
咲いていたそうです。北海道や信州ややっぱり涼しい気候がイングリッシュガーデンには向くのですね。
Commented by lapisland at 2014-05-31 19:28
するめさん、こんにちは♪
黒いエルダー植えられたのですね♪
うちのも今小さい蕾が出てきているようです。
広い庭でない限り、木にしてしまうとすごく大きくなりますから(特に黒いのは横に広がるように思います)、
来年はそのまま伸ばして、再来年の冬の終わりにかなり下の方で剪定してやるといいと思います。
うちのも毎年剪定していますが、今年はちょっと切り詰め方が足りなかったようで、かなり伸びてきています。
(続く)
Commented by lapisland at 2014-05-31 19:29
(続き)
日本にもイングリッシュ・ブルーベルが輸入されるようになったのですか?
数年前までは、入っていなかったみたいですよ。
実はその頃、かのMさんに種を頼まれてナーサリを探したのですが、保護植物に指定されているようで、輸出には別費用がかかり、手続きその他で半年くらい掛かることがわかり、
結局その話は立ち消えになってしまったのです。
で、その時にいろいろ検索してみたら、日本のサイトでEブルーベルとして出てくるものはすべてスパニッシュでした。
Mさんのサイトに集まるかなり専門家の人たちも、いつかは育ててみたいと言うようなお話だったのですけれどね。
数年前に例の宝塚のフォーシーズンズに行った時は、花が終わりかけで開き過ぎていてEかSかは見分けがつかなかったです。
やたら大げさな「イングリッシュブルーベル」の立て札だけが目立ちましたけれども。

その庭がバラクラのことだったら、いろいろ英国と繋がりのあるオーナーの庭だから、そういう関係で入ったのかもしれないですね。
でも、スパニッシュも植えてあるようで、それならば簡単に交雑してしまいます。
Commented by するめ at 2014-05-31 21:33 x
こんばんは。コメントを送信後、バラクラのサイトを見たら、どうも大きなブルーベル。やっぱりSですよね。友人はSかEかわからなかったのかもしれません。私が「ブルーベルのさざなみ」になってたの?と聞くと「なってたよ。」と言っておりました。
でも、サイトの写真では、Lapisさんの写真とはあまりにも違いすぎてがっかりしてしまいました。
エルダーは確かに横に広がって枝を伸ばしています。1年間我慢した後に思い切って剪定ですね。ありがとうございました。
早くあの美しい黒い実がみれるとよいな~。
Commented by lapisland at 2014-06-02 06:13
するめさん、こんばんは。
ブルーベルのSとEって、こちらの人でもわからない人がけっこう多いんですよ。
それに交雑するとまったくわからなくなってしまいます。
また、きちんと違いを書き込むことにしますね。
今年は暖かい春でブルーベルの開花も早く、ちょうど満開の頃に雨が続いて、
とうとういつも行く場所に見に行けませんでした。
うちの周辺の雑木林はブルーベルが多いので、出かける度に車の中からは見ていたのですけれどね。
またいつか過去のブルーベルでも載せる事にいたします。
Commented by するめ at 2014-06-02 22:21 x
こんばんは。実のところわたしもEとSのブルーベルの違いについてはよくわかってないのです。是非このブログにも詳しく載せてください。待ってます。
MさんのところのLapisさんのレポートも読み返しました。やっぱり本物をみたいですね。香りも嗅いでみたいです。レポートは’07年のものでしたから随分と時間も経過してますし、イングリッシュブルーベルの森が変わってないことを願っています。
シクラメンもフクシアのレポートもみました。見たことのない葉っぱの模様を見て原種シクラメンを育ててみたいと思ったのでした。フクシャは4~5年前からオレンジの筒形の花と葉っぱの色が好きで育てています。
育て方を調べているうちにYoYoさんのサイトに行きつきました。それが今回LapisさんのレポートのなかにYoYoさんを見つけてしまいました。ビックリです。Lapisさんとは以前からのお知り合いだったのですね。
今年のフクシアの株はとても充実しているので、うまく夏越しができ花が沢山咲くといいなと思っています。
Commented by lapis at 2014-06-04 00:27 x

するめさん、
関西は夏日が続いているようですね。
こちらは相変わらずのうっとうしいお天気です。

数年前に見つけたヒミツのブルーベルの森に行って来た人の話では、
雨が降った直後で道がぬかるんで森の中を流れる小さな水場も溢れていて歩くのも大変だったとか。
とても今の私の足では行けそうにもありませんが、ブルーベルは例年以上に素晴らしかったそうです。
一昨年の写真がありますので、またいつか。

日本でフクシアを栽培する人たちは北海道に多いのですが、
YoYoさんは珍しくフクシアには難しい地域である関西でトライされている方で、かなりお詳しいですよ。

>4~5年前からオレンジの筒形の花と葉っぱの色が好きで育てています。

ひょっとして、それって 'Thalia'のようなTriphyllaタイプのフクシアのことかしら?
それなら私も好きで、晩夏になって咲き始める貴重な鉢植えまたはハンギングプランツです。
株が充実しているなら、今の間に挿し木を作っておかれるといいと思います。
Commented by poirot at 2014-06-04 12:03 x
イングリッシュ・ブルーベルの球根が昨冬、初めて近くのナーセリーで売られていて20球ほど買って植えつけました。そして4月の上旬に花が咲きました。花や葉の特徴からたぶんイングリッシュだろう思います。
まだ植えている人はあまりいないと思っていたら、ご近所の玄関の植栽にたくさん咲いているのを見つけて驚いてしまいました。
Commented by lapisland at 2014-06-04 19:59
poirotさん、
↑のするめさんのお話もあり、いずれはブルーベルのことについて詳しく書きたいと思いながら、
なかなか時間が取れなくて。
冬に時間を見つけて・・・とは思っているのですが。。。

近くのナーサリーで球根を求められて・・・というのは、ちょっと???かな。
交雑種のような気もしますが。。。
交雑していると、葉っぱの細めのものや花茎が垂れるものや、かすかに香りのあるものさえあるんですよ。

ちょっと日本のサイトを検索してみたのですが、
昨年辺りから「本物のイングリッシュブルーべル入荷」って書いてあるナーサリーがけっこうありますよね。
でも、価格とか見ると余りにも安すぎる。
もし、英国から輸入したのならなぜ英国の販売価格よりもずっと安いのか???
オランダからの輸入の場合は交雑種のことも多いようです。
13年前にオランダから輸入した球根が広がっていると言う庭園のものも、
こちらの野生のものとはどう見ても違うように見えますし、
イギリスで球根を買ってきたというのがまったくの別物だったり・・・で、
100くらいのサイトをチェックした限りでは、私には事実は掴めませんでした。
(続く)
Commented by lapisland at 2014-06-05 01:01

(続き)
それと、仮に日本にEが入るようになったとしても、
すでに日本中にSが広がってしまっている状態なので、
よほどの山の中に隔離しない限りは交雑は免れないと思われます。
肝心のイギリス自体が、野生のものは瀕死の状態になっております。

信頼度が高い購入場所としては、ポールスマイザーさんの所が2012年から販売を始めているのと、
広島のパスタイムさんの所で今春入荷していたようです。
パスタイムさんは、非常にマニアックな方なので、間違いは少ないように思われますけれど・・・。

ポールスマイザーさん
http://www.gardenrooms.jp

パスタイムさんのお店情報
http://pastime.hatenablog.com

ラベルがEになっていて、本物の写真が添付してあっても、
実は殆どが偽物だと言うことをお忘れなく。
poirotさんの手に入れられたのが本物なら、とてもラッキーだったと思います。
Eには強い香りがあります。
イングリッシュブルーベルの森に入ると、
花の時期には森全体からなんとも言えない甘い香りが漂ってきます♪
Commented by wilmslow at 2014-06-05 01:13
lapisさん、こんにちは♪
Trachelospermumの斑入り葉のもの、画像を見てみましたらなかなかきれいですね♡
アーチに絡ませる植物候補に入れておきます!
ありがとうございます。

今年は種播きしていたビーンを少し大きめのポットに移植してアーチの下に置いてみました。上手くからんで実もなってピックできればいいんですけど(笑)。

このコメントへの返信は不要ですので、ありがとうございました♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード