5月の庭から  1.





「一日の中に四季がある」と言われるくらいに、変わり易いイギリスの天気ですが、
その言葉通り、このところ雨が降ったかと思うと次の瞬間には晴れ間が覗き、
ホッとしている間もなく、一点俄かに掻き曇り・・・と言った毎日が続いていました。
数日前には、それに激しいヒョウが加わって、
地植えにしたばかりの苗や出たばかりの新芽をだめにしてしまいました。

でも、そんな目まぐるしい天候にもかかわらず、
日を追うごとに新緑の色は鮮やかになり、
植物たちは少しずつ初夏への準備を始めているようです。

と、ここまで書いて・・・
昨日はマイナーな手術を受けたので、少なくとも1週間は動けない状態になりました。
皮肉なことに、昨日から天候が一変し、真っ青な空に太陽が輝いています。
週末までこのすばらしい五月晴れが続きそうなのですが、
私自身はまたしばらく庭仕事もできそうにありませんので、
ここ1~2週間ほどの庭の植物たちの様子を。



a0208116_20183379.jpg


咲き乱れていたクレマティス・モンタナもその勢いが衰え始めています。
ちょうどその頃庭の片隅でひっそり咲き始めるこのクレマティスですが、
大き目の花にしてはぼかしのピンクなので、きつい感じにはなりません。




a0208116_20190527.jpg

ブルネラに大きな葉が出始めているので、
そろそろ花も終わりになりそうです。




a0208116_20193271.jpg

スモークツリーにもようやく葉っぱが出て来ました。
ちっちゃな蕾もすでにできているようですね。
晩秋にバッサリ切ってもらったので、下半分が枯れこんでしまいました。
やはり早春に剪定すべきだったと、後悔しています。




a0208116_20214618.jpg

今年はセイヨウカナメモチの花がにぎやかです。



a0208116_20222442.jpg

モックオレンジも葉が広がり、蕾が付いています。





a0208116_20225589.jpg

ノルウェー・メープルはオレンジ色の芽吹きから
鮮やかな黄緑色に変わりつつありますが、まだ半分ほどしか葉を開げていません。





a0208116_20234015.jpg


一番奥のワイルド・エリアの藤は冬場に強剪定をしたのですが、
届かない高い所に花がたくさん。


[PR]

by lapisland2 | 2014-05-15 20:31 | 四季の庭 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19799088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2014-05-15 22:33
lapisさん、おはようございま~す!
早速ブログにお邪魔しにきましたよ(笑)。
それにしても、こうして拝見するとlapisさんのお庭には本当に色々な種類のプランツがありますね!
下のくねくねハシバミ、実は前から欲しいと思っていたのですが、あの枝の曲がり具合が最高ですよね。

実は、ライラックのところで質問がありました。
昨年、花後すぐにライラックを少し強めに剪定したら(植えて5年目でしたので、そろそろ強く剪定してもいいかな、と思い)、ぐんぐん伸びてきてしまいなんだか前よりもずっと大きくなってしまっいました(笑)。今年の秋に移植を考えていますが、また強く剪定しても大丈夫でしょうか、それとも移植するなら花だけ処理してこのままのほうがいいのかしら?
すみません、術後すぐの質問ですぅ。
Commented by lapisland at 2014-05-16 04:43
wilmslowさん、こんばんは。
大丈夫ですよ。
足上げて座っているだけなので、退屈していますので。
思ったよりも、手術そのものは簡単に終わりました。
ちょっと面白いかもしれないので、菜園日記の方に『英国仰天病院体験記』として書こうかしら。

くねくねハシバミ、広い庭で大きく育てるとなかなか面白いと思います。
冬場のくねくねの枝に黄色いカトキンがいくつもぶら下がっている姿もいいものですが、
うちのように強剪定をしてしまうと、カトキンは少ないのが残念です。

ライラック、花後はいずれにしても軽く剪定の方がいいと思います。
この間質問下さった方にお答えしたように、花の付いていたすぐ下の枝分かれした所で切って下さいね。
枝の途中で切らない方がいいと思います。
移植をして落ち着いてから、きちんとした剪定をするなら早春がいいと思います。

日本の南部などでは、ライラックの剪定はちょっと用心深くしなければならないと思いますが、
冷涼な地域ではとても丈夫な木(と書きましたが、ライラックってシュラブなんですよね)だと思います。
Commented by baku at 2014-05-16 23:18 x
わあ、lapisさん。いまごろ気づきました!術後いかがですか?
どうぞお大事にしてくださいね。
昨日ひさしぶりに万博公園に行ってきました。(民芸館の特別展「インドの染織と絵」を見に)行きは曇り空、帰りは小雨がふって緑がきれいでした。途中「この木はなんでしょう?」というプレートが木のそばにあって、葉っぱみて「サンシュユ」とわかった自分がうれしかった!(←大笑い・・でも、えらい成長ぶり)

↑ブルネラのブルー?かわいらしいですねえ。
Commented by lapisland at 2014-05-19 01:38
bakuさん、こんにちは。
術後、かなり痛むだろうと覚悟していたのですが、
痛みはそれほどでもないので助かっています。
でも、足上げて座っていたり、足引きずって歩いているので、
腰痛と膝痛がまた出てしまいました~。
術後の薬はまったく無しで、毎日足を塩水につけるという一昔前のような治療です。
面白いでしょう。

万博公園の民藝館って、けっこういろんな催しものがあっていいですよね。

植物の名前がわかるようになるって、うれしいですよね。
植物の和名って、とても面白いものが多いんですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード