純白の八重のさくら



巷では、ワイルドチェリーや山桜が散り始め、
先週あたりから八重桜の季節に移っています。
明日までこのいいお天気が続くとのことで、
例年ならば四月終わりから五月上旬に掛けて咲く八重桜も、
随分早い開花になりました。



a0208116_22545107.jpg


こちらには八重桜の種類も多いのですが、
私が好きなのは、この純白の八重。
遠くから見てたぶん白妙ではないかしらと思っていたのですが、
近づいて見ると花びらがもっと蜜に重なっているようです。
こちらではそう珍しくもなく、よく見られる桜です。



a0208116_22555074.jpg




a0208116_22571408.jpg




a0208116_22574955.jpg



写真を撮ったこの桜の木は村の教会の横にあって、
毎年楽しみに開花を待っていますので、
桜の季節になると何回も教会まで偵察に出かけます。
咲き始めの頃が好みではあるのですが、
春が駆け足どころか超特急で過ぎて行くこの春、
雑用に追われている間に、一気に咲き進んでしまいました。
でも、このぽってりした花びらの重なりも、
それはそれでまたいいものですね。



a0208116_22591176.jpg



a0208116_22595179.jpg





a0208116_23003515.jpg



残念なのは、2年ほど前に突然この桜の下にライトとサインボードが設置されたこと。
教会の横は大きな駐車場になっていますので、安全性を考えてのことだと思われますが、
なぜ桜の木の真下に。。。
と、思うのは私が日本人だからでしょう。

英国人にとっては、桜は特別な花ではないので、
小さなカメラを構えて写真を撮る私を、人は懐疑の目で見ながら通り過ぎて行きます。






「さまざまの こと思ひ出す 桜かな」          芭蕉


なんともシンプルそのもので、
五・七・五と指折れば小学生にも作れそうで、
それでいて「そうなのよね。」と、しみじみ納得する句でもあります。

日本人なら、だれにでも桜の思い出があります。





[追記]

学名はたぶん Prunus avium 'Plena'     AGM
この八重のものは'Multiplex', 'Grandiflora' だろうと思われます。
英名は単にDouble White Cherry

[PR]

by lapisland2 | 2014-04-18 23:08 | 散歩道の植物たち | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19694401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by するめ at 2014-04-24 14:59 x
真っ白な八重桜、きれいですね。日本で見る八重桜はほとんどがピンクのぼんぼりみたいな花なので、あまり好みではなかったのです。でもこの白い桜はいいですね。

なにとなく春になりぬと聞く日より
心にかかるみ吉野の山         西行

bakuさんお元気ですか?心地よい関西弁が大好きですよ。
Commented by lapisland2 at 2014-04-26 01:31
するめさん、こんばんは。
私もそうなんですよ。あの色とぼってりと重い感じがね。
でも、この桜は別でしょう♪
枝が垂れ下がっていると、ほんのりと香りが漂ってきます。
たぶん、日本の「白妙」だと思うのですが、こちらで見かけるのはどれも花びらの重なりが多いような気がします。
こちらではわりとよく見かける桜ですが、圧倒的に多いのはやはりピンクの八重です。

西行の歌は和歌山にお住まいのするめさんには親近感を覚える歌でしょうね。
彼の時代の人々も吉野の山の桜を心待ちにしていたのだと思うと、
日本人と桜の深いつながりがいっそう感じられますよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード