春を告げる小さな青い花




日曜日に時計の針を1時間進めて、サマータイムが始まりました。

寒の戻りはあったものの、春は駆け足でやって来ているようです。
すでに彼岸桜も半分散って、葉桜になりかけています。

街ではレンギョウが満開になり、黄色いラッパ水仙と共にどこもかも黄色く染まっています。
春一番の黄色い花は、長く暗い冬を過ごした私たちに、
新しい生命の復活を感じさせてくれます。


でも、ちょっぴり天邪鬼の私ですので、庭の中で春を告げる青い花を探してみました。
黄色い花も、青い花があってこそ際立つと言うもの。
そして、その逆もまた然り、です。




a0208116_02002602.jpg

青い星を散りばめたChionodoxaや、



a0208116_02010794.jpg

隅っこでうつむき加減に花をつける Scilla sibirica。
私はどちらかと言うと、空を仰いで目を見張っているチヨちゃんよりも
うつむき恥らうシラーさんの方が、好みです。



a0208116_02020608.jpg

ワスレナグサよりもちっちゃな花を付けるBurunneraや、




a0208116_02025879.jpg

ピンク混じりの青い花を咲かせるPulmonariaも。




a0208116_02035323.jpg

そして、元気いっぱいの青い土筆の坊や ムスカリや、




a0208116_02044646.jpg

日陰でひっそり咲き始めるAnemone blandaも忘れてはなりません。




a0208116_02052838.jpg

そうそう、貧相になってからが可愛いヒヤシンスも、ね。

(頭でっかちの、甘すぎる香りぷんぷんヒヤシンスは、
フェイクそのもので、余り好きになれないでいます。
肥料も与えず、2・3年過ぎて背丈も花つきも貧相になった頃が、
アイ・アイ・アイと叫ぶのにふさわしい本来のヒヤシンスの姿でしょうか。)




こうやって青い花を並べてみると、
春の庭には寂しすぎて・・・、
黄色い花がほしくなりますね。


[PR]

by lapisland2 | 2014-04-01 02:11 | 四季の庭 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19629486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2014-04-01 17:50 x
いろんな花の青があるのですねえ。
信州の家のすぐそばの水飲み場(湧き水)には忘れな草とクレソンが〜あの忘れな草の可憐さをおもいだしただけで胸はきゅんとなります。
というわけで黄色もすきやけど、青もすきです。ああ、春ですね。
Commented by lapis at 2014-04-01 18:30 x
bakuさん、おはようございます。
こちらは花粉が飛び回っていて、私もひどい状態でなので、
出かける予定を取りやめて家にいます。ああ、春ですねえ。。。

湧き水の傍の忘れな草とクレソン・・・なんだか風景が目に浮かぶようです。
クレソンはきれいな水の所にしか生えませんから、きっと澄んだきれいな水なのでしょうね。
そこに可憐な勿忘草の水色の花。

ながれのきしのひともとは、
  みそらのいろのみづあさぎ、
   なみ、ことごとく、くちづけし
    はた、ことごとく、わすれゆく。

ウィルヘルム・アレント(上田 敏訳)の詩を思い出させるような風景ですね。
Commented by wilmslow at 2014-04-02 12:34
こんにちは。
そちらも夏時間になったのですね♪ 
夏時間になるとますます日が暮れるのが遅く、一日が長く感じますよね。

lapisさんのお庭には、この時期にも青い花がたくさん咲いているのですね。我が家は、BurunneraとVinca minorくらいかしら?
今年の我が家の庭は結局手入れを全くしていないまま春になってしまいました(笑)。
Commented by lapis at 2014-04-02 23:07 x
wilmslowさん、こんにちは。
サマータイムと共に、ひどい公害+サハラからの砂塵で
北京のように霞んでいるここ数日のイギリス南東部です。

Vinca は毎年わんさか抜いては減らしているのですが、昨年はやらなかったのでかなり広範囲に広がってしまって・・・花は可愛いので、少しは残しておきたいのですが、一度広がると根っこがすごいですものね。
春はどうしても黄色がメーンになりますが、少しブルーが入ると引き立てあっていいように思います。

私もこの冬は雨ばかりで何もできず、2・3月は閉じ篭りっきりで・・・庭も放りっぱなしのままです。
放りっぱなしのままでよい庭を目指していますが、それもなかなか難しいものです。
Commented by するめ at 2014-04-06 20:49 x
反省しています。うちの庭は黄色の花ばかりになってしまいました。シラーシベリカはどこに行ったやら今年は姿をあらわしてくれませんでした。ヒヤシンスの花が可愛いですね。あのドッタッとして、すぐに倒れてしまう肥満体はわたしも苦手です。
Commented by lapisland at 2014-04-10 21:48
するめさん、
シラーシベリカって、消えてしまうことが多いですよね。
うちの場合は、同居人がドカドカ踏み潰してしまうことが多いのですけれども。

こちらは 例年より半月ほど早く春が駆け足で過ぎていきます。
レンギョウに混じって、山吹が満開になっています。
黄色い花が多いのですが、野原でもワスレナグサや野生のアルカネットのブルーの花も一面に咲いていてとてもきれいですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード