春の香り  沈丁花




a0208116_08224689.jpg




関西人の私にとって、春になくてはならない花、それはもちろん沈丁花です。
街にも庭にも沈丁花のなんとも言えないあの芳しい香りが満ちると、
「ああ、春だなぁ」と実感したものです。

ところが、石灰分の多いイギリスの土に沈丁花は合わず、
何回トライしても結局は枯らしてしまいます。
枯れなくても、下葉が落ちたり葉色が冴えなかったり。
でも、春にはどうしても沈丁花の香りがほしくて、今は鉢植えで楽しんでいます。

エリカシアスコンポスト(酸性土)に植えて、水遣りは雨水のみにします。
(イギリス南東部の水道水は石灰がきついので、結局は枯らしてしまうことになりますので。)
耐寒性もそれほどないし、拙庭のような風のきつい庭では
冬は鉢を取り込んだり、フリースを掛けたりする必要があります。

根が弱いプランツなので、本来は植え替えの必要のない地植えがいいのですが、
鉢植えの場合は、植え替えの時は根を傷めないように細心の注意が必要になります。
それと、水はけのいい土を好むので、
地植えの場合でも、日本では少し土を盛り上げた所に植えていたのを思い出して、
鉢植えの場合もそれに近いような状態にしています。



日本の植物は、イギリスの土に合わないものが多いので、
日本では簡単に育つものでも、こちらでは栽培の難しいものがけっこうあります。




a0208116_20595697.jpg



これは葉っぱの縁にクリーム色が少し入る斑入りなので、
花のない時期にも楽しめます。

いきなりやって来た春に、急いでフリースをはずすと
最初の数輪が開き始めていました。
雨と強風の連続だった長い冬を乗り切ってくれたようです♪





学名: Daphne odora 'Aureomarginata'     AGM
英名: Variegated Winter Daphne
和名: フクリンジンチョウゲ(覆輪沈丁花)


[追記]

沈丁花は全草が有毒で、汁にかぶれることもあるので手袋をはめるなどの注意が必要です。


[PR]

by lapisland2 | 2014-03-16 21:05 | Shrub | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19574025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2014-03-17 10:01 x
ここ数日「一枚薄着」の陽気です。まだ、もう一回くらいは寒くなりそうやけど。
沈丁花って、俳句ではさみしいのが多いけど、可憐ですよねえ。
lapisさんの写真(すてき!)からも香ってくるようです。
今朝出会った句。『沈丁に呼ばれてひらく障子かな』 (延川五十昭 )
Commented by lapis at 2014-03-19 00:50 x
bakuさん、こんにちは。
こちらは週の中頃からまた寒くなりそうで、沈丁花の鉢もまたフリース(不織布)を掛ける事になりそうです。

実はね、この書き込みのうしろに若山牧水の句、
「沈丁花 いまだは咲かぬ 葉がくれの くれなゐ蕾 匂ひこぼるる」
を入れるつもりでいたのですが、もう開いちゃってるなぁと思って、やめたんですよ。
「くれなゐ蕾 匂ひこぼるる」ってところが、なんとも言えず、いいなぁと思うのですけれどね。

最近知った、佐藤佐太郎の
「いづくにも沈丁花かをり一人にて行くとき二人にて行くとき楽し」
ってのは、なんともほのぼのとあたたかいです。
Commented by するめ at 2014-03-22 14:56 x
昨日は風も強く、又冬のコートをひっぱりだしました。クリーニングに出さなくってよかった~と思っていたら今日は暖かな良いお天気です。
沈丁花もフリースを羽織りましたか。早いな~と思っていました。
咲き始めるとすぐにあの香りに気づきますが今年はまだなんですよ。
ウグイスは2月の終わりころに鳴きはじめ、最近は随分と上手に鳴いています。
ここで一句・・・なんてね。lapisさんとbakuさんの素晴らしい文化的なコメントのやり取りに感心しています。
Commented by baku at 2014-03-22 22:01 x
ほんまに、昨日はほんまに寒かったですよね〜するめさん。長い丈のダウンはもうかっこわるいかもなあ、とちらっと思ったけど、なんのなんの、風のつめたいこと。ちょうどよかったです。
今日は春の陽気で、近くのマンションの庭に沈丁花。あ、lapis さんとこで見たお花!とうれしかった。(って、沈丁花も知らんかったん?って笑われそうやなあ・・)
Commented by lapisland at 2014-03-24 00:54
するめさん、こんにちは♪
こちらも先週末からまた寒くなって、強風が吹き、雪の所も多いようです。
うちの辺りは昨日激しいヒョウとアラレが降りましたよ。

沈丁花、2週間ほど前のポカポカ陽気に慌てて開き始めたようですが、
例年はもっと遅いです。
その時の陽気で、今はどこもかも彼岸桜が満開になっています。
今年は枝垂桜もすでに咲き始めているんですよ。

ああ、ウグイスの声、なつかしいなぁ。。。
数年前に春に帰った時に、1週間ほど京都で過ごしたのですが、
どこかのお寺の縁側に座ってお庭を見ていたら、ウグイスが鳴き始めて・・・
聞き惚れてしまいました。
その時のウグイスは、練習を重ねたのかとても名調子でしたよ。
Commented by lapisland at 2014-03-24 00:56

bakuさん、こんにちは♪
関西も今年はいつまでも寒そうですね。
こちらでは4月になってもダウンジャケットが離せない年が多いです。

でも寒いとは言っても、もうお彼岸も過ぎたし、沈丁花発見!で春もそこまで来ていますね。
沈丁花って、なんとも言えない官能的な香りですよね。
お花に興味を持って下さってとてもうれしいです♪
一句ひねるときにもぐんと世界が広がるのではないでしょうか。

コメント欄で、するめさんとbakuさんがお話なんて、なんとなくいいですねぇ♪
Commented by baku at 2014-03-24 12:05 x
この間から洗濯ものを庭に干して、庭のすみに黄色い花咲く木に気づきました。前から咲いてたはずやけど(←ええかげん)、近づいて見たら、ミモザ?かと思いましたが、しらべたら山茱萸 でした。
ほんま、ここに暮らして今春10年にもなるしケッコンしてからの年数考えると、「いまさら何言うてんの」な、お恥しい話ですが(苦笑)
というわけで、lapisさんやlapisさんちのお庭に集う方たちのおかげで
自分ちの庭木の黄色がうれしい春♪ おおきに。
Commented by lapisland2 at 2014-03-25 00:09
bakuさん、
お庭に「山茱萸発見!」なんて、うらやましい限りです。
山茱萸は私の好きなプランツの一つなんですよ。
日本では庭木としてもけっこう植えられているので、
春に日本に帰国した時はこの花を見るのがとても楽しみなのです。
中国原産なので、イギリスにも入ってきていると思うのですが、
こちらでは見ることが少ないのです。
もし手に入るものなら植えたいくらい。
と言ってもけっこう大きな木になるので、うちの狭い庭にはこれ以上植える場所がないのが現実ですけれどね。

日本には、本当に素晴らしい花木がいっぱいあるのに、
西洋のものばかり植えたがるアホな日本人が多いのは本当に残念なことです。
(イギリスと言う国には元々何にもないので外国から集めまくったわけですが、
この国の半分以上の植物が中国や日本から来たものなんですよ。)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード