チェルシー・フィジックガーデンの Snowdrop Days   その1.



間違って、先に2009年のを入れてしまいましたが、
2008年のフィジックガーデンの Snowdrop Days の様子です。

(これも、東北の某有名M掲示板にメモリアルとして残して頂いている記事から。)



☆2008年2月9日


ポカポカ陽気の土曜日にチェルシー・フィジックガーデンの Snowdrop Days に出かけてきましたので、
寒~い日本のみなさまにほんの少しだけ小さな春の兆しをお届けいたします。
(とは言うものの、東京でのスノードロップ開花時期は1月中旬だったようですね)

今年は暖冬で、かなりの品種がすでに開花を終えていたのは残念でしたが、
春を告げる最初の花をお楽しみくださいね。


a0208116_01554306.jpg

Snowdrop Theatreと呼ばれるひな壇です。
オーリキュラのひな壇飾りがよく知られていますが、
スノードロップもこんな展示の仕方がされるようです。
小さな「雪の耳飾り」が引き立つように、外側はスカイブルーですが、
内側は黒いひな壇にダークブルーのカーテンです。

ちょっと大袈裟にも思えますが、昔のイギリスは今よりずっと寒かったらしいので、
スノードロップを待ち焦がれる気持ちがもっと強かったせいかもしれませんね。
それに「チューリップマニア」のように、「スノードロップマニア」
(言葉はちょっと違って、マニアとは言わないのですが)が流行した時代もあったので、
お金持ちは見せびらかしたかったと言うこともあるかもしれません。

まずは、その雛段の展示の中から。


a0208116_01571008.jpg
Galanthus 'Anglesea Abbey'


a0208116_01572609.jpg

Galanthus 'Blond Inge'


a0208116_01574410.jpg
Galanthus plicatus 'Wendy's Gold '

首の部分が黄色いスノードロップの中では一番ポピュラーな品種。
この手のスノードロップは高価なものが多く、1本1万円なんてのもあります。


a0208116_02003887.jpg
Galanthus 'Brenda Troyle'


a0208116_02013340.jpg
Galanthus nivalis 'Scharlokii'


a0208116_02021698.jpg
Galanthus 'Merlin'


 
上段の方のは逆光で中が暗いのと、人が多くてうまく撮れませんでした。
ひどいピンボケですがいくつか。ご勘弁を!
撮ったものの、画像が流れてしまったものの中に、可愛いのやレアものがあって残念でした。


a0208116_02030518.jpg
Galanthus 'Ginns Imperati'


a0208116_02043616.jpg
Galanthus 'Ophelia'


ガーデンに地植えのものは、もう花が終わってしまっていたものが多くて残念!


a0208116_02053081.jpg
Galanthus 'S. Arnott'


a0208116_02060566.jpg
Galanthus 'Magnet' 


a0208116_02070939.jpg
Galanthus plicatus 'Gerard Parker'

 
名札の見つからないものや読み取れないものもあったのですが、これもご勘弁を。
名札がないとスノードロップの同定というのは、まったく不可能ですよね。


a0208116_02094117.jpg


a0208116_02101533.jpg


a0208116_02104748.jpg





帰宅してから写真をパソコンに取り込んだら、
この日撮った写真の後半の部分がすべてメチャメチャな画像になっていまして・・・
カメラが壊れたみたいです。
翌日曜日、バッテリーのチャージをしてカードを換えて、
微かな希望を抱きながらスノードロップの秘密の群生地に出かけたのですが。。。
だめでした。(T_T) 


と言うわけで、「スノードロップの白いさざなみ」は、またの機会に。





a0208116_02114593.jpg

おまけ画像はウィズリーの自生地風植栽。たぶん品種はGalanthus 'Magnet'




[PR]

by lapisland2 | 2014-02-28 02:20 | Garden Visit + | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19514476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2014-02-28 02:58
おはようございます♪
イギリスは本当にたくさんの種類のスノードロップが栽培されていますよね!
こちらではナーサリーにでかけても、販売されている場所はほんの小さなスペースだけで、あとはそのほかの球根類やら、あとは圧倒的にプリムラが多いです。販売されているのも、Galanthus nivalis common snowdropとしか書かれていないんですよ。

少し前になりますが、柏葉アジサイの強剪定のことをお尋ねしたことがあったのですが、今回やっとすませました。
ありがとうございます。
もう少し強く剪定しようかな、とも思ったのですが、怖くてできませんでした(爆)。アドバイスいただいた通り、秋に一応挿し木もとっておきました。もう少しばっさりしてもよかったかしら?(笑)

体調はいかがですか?
まだ激痛が続いていると畑のほうで読みました。
本当ににっくき、フィジオですよ!
少しは気が紛らわすことができるものがあればよいのですが。。。お大事になさってください。
Commented by baku at 2014-02-28 10:53 x
わあ。かいらしなあ。
にわか俳句熱がつづいていますが、花がでてくるのが自分でもおどろき。
lapisさんとこのブログにであったおかげで、「花より団子」やったのが「団子も花も」(苦笑・・まだお団子が先にきますが)になったもよう。ありがとう。いまおたよりかいてるところ。
Commented by lapisland2 at 2014-03-01 20:28
wilmslowさん、こんにちは。
スノードロップ、コレクションしている庭園に出かければ種類は多いですが、
こちらでも普通のガーデンセンターではGalanthus nivalisばかりです。
それに八重が加わるくらいでしょうか。
それ以外のものは、展示会などやスノードロップに力を入れているナーサリーでなければ手に入りません。
でも、こちらでスノードロップと言えば、この普通のG. nivalisのことですし、
一番人々に愛されていて、可愛いのもこれだと思います♪

柏葉アジサイの剪定、済まされたようですっきりしましたね。
夏にいい樹形になっていることを祈ります。

激痛が始まってからすでに1ヶ月以上です。
GPからは更にきつい鎮痛剤が出ていますが、私は服用できないのでひたすら我慢です。
昼間の痛みは少し間隔が空くようになってきたのですが、夜は激痛が戻ってくるので困ったものです。

この冬は雨ばかりで気温が高めのせいか、シュラブもどんどん芽を吹いているようで気になりますが、
仕方がないなぁと家の中から眺めるばかりです。
Commented by lapisland2 at 2014-03-01 20:33

bakuさん、スノードロップ、可愛いでしょう♪
冬の長い国では、この花が咲いたら「春遠からじ」って気持ちになるので、
本当に待ち焦がれる花です。

「団子も花も」って、ずばり、私もです♪
和歌や俳句で、思いがけないところに思いがけない花の名が出てくるのを見つけると、
なんだかうれしくなります。

「団子」と言えば、bakuさんのブログにあった災害時の食物アレルギーのこと、実感しながら読みました。
私自身が食物に限らずいろんなものにアレルギーがあることや、周りにも食物アレルギーの人や子供を持って悩んでいる人がいるので実感できますが、
これって、そういうことのまったくない人にはわかりにくいことなのでしょうね。
自分の当たり前が、ある人にとっては当たり前でないと言う認識、それを理解して距離を縮める努力をするって、本当に大事なことですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード