大変身のニューサイラン



a0208116_02042510.jpg



ひところグラス類に凝った時期があって、
庭にはありとあらゆるグラスやアーキテクチュアルなプランツを植えていた頃がありました。
前庭もグラスで構成したシャープなデザインでしたが、
このニューサイランはその頃に植えたものです。


a0208116_02075552.jpg


でも、その時植えたのはこんなに大きなものではなく、
コンテナー向きの60~90センチにしかならないという品種でした。
名札が残っていないのではっきりしませんが、
ローズ色にクリームのストライプが入る、
たぶん'Rainbow Sunrise’ではなかったかしらと思います。
大きなタブに数種類のグラスと寄せ植えにして、
数年間はとても鮮やかな色をキープしていました。

すっきりした前庭は、道行く人々も立ち止まって見るくらいだったのですが、
グラス類は環境が合えば、どんどん大きく育ちますので、
そのうちに形は乱れ、いくつかのグラスは種を飛ばして石畳の隙間から生え・・・。
仕方なくグラスは諦めることになり、
ニュウーサイランは、大きくなりすぎて隣から苦情が出ていたニセアカシア・フリーシア
(前住人が植えたもの)を掘り上げたあとに地植えすることになりました。

根っこを制限するものがなくなり、自由を謳歌するようになったニューサイランは
どんどん大きくなり、いつのまにやらストライプは消滅し・・・
気がつくと今のような巨大な怪物に変身していました。
数年前の厳寒の冬も乗り越えて、
ますます意気揚々と天に向かって鋭い剣を突き上げています。


a0208116_02094759.jpg





学名: Phormium tenax / Phormium cookianum
英名: New Zealand flax
和名: ニューサイラン





[追記]

英米のフォーラムなどで、ニューサイランのトピックスが取り上げられると、
必ずと言っていいほど、似たような話が出てきます。
どうやら品種を問わず、いずれは縞が消え巨大化することを考慮に入れて
育てた方がよさそうです。




[PR]

by lapisland2 | 2014-02-23 02:16 | Perennial | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19495698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by するめ at 2014-02-23 12:40 x
ええっ~!!!
カーリングも終わり、フィギュアスケートもおわりようやくTVの前から離れられました。久しぶりにブログを拝見すると、なんとニューサイランが・・・昨年の12月にたまに行くお店でかなり年月の経ったニューサイランとシルバーリーフ2種の寄せ植えがとっても気になりました。それで先月どうしてもその色のニューサイランがほしくて雑草が生えた植えっぱなしかな~と思われるポット苗を買って帰りました。札にはフォーミューム アリソンブラックマンと書いてあります。クリーム色と鶯色のストライプで赤の細い線の縁取りです。。暖かくなったら大鉢に寄せ植えにして、玄関辺りに置きたいと考えていました。今のところブッラクマンとは思えない優しい色合いなんですがね~。Lapisさんのものを見て納得しました。地植えにするとそうなるんですね。
植える鉢も決まっているし、しばらくはコンパクトな姿で楽しみたいです。
でもびっくりです。
Commented by wilmslow at 2014-02-23 15:08
こんばんは、lapisさん♪
なんと立派なニューサイラン!
自由を謳歌していますね(笑)。
我が家にもあるニューサイランですが、地植えにしていないのでまだなんとか勢力をおさえています。
でも根がはってきて、ひとまわり大きな鉢に植え替えなければと思っていました(が、そのまんま、汗)。

話はかわりますが、今日、マスターガ―デナ―のクラスでレインガーデンの話を聞いてきたのですが、やはりグラス類だとレインガーデンでも成長しすぎるくらいになるが、それがネィティブプラントのグラスの場合だと、とてつもなく巨大になるという話をしていました。グラス類はすごい。。。
Commented by するめ at 2014-02-24 19:30 x
Lapisさん こんばんは。今日はとっても暖かな一日でした。午後からは庭仕事に精をだしました。
ところでニューサイランに立派な花芽が立ち上がっているのを昨日は気がつきませんでした。かなり怪しい雰囲気の蕾ですね。
どんな花が咲きますか?咲いた時には是非とも写真のUPをお願いいたします。
Commented by lapis at 2014-02-24 21:27 x
するめさん、こんにちは。
オリンピック、終わりましたねぇ。
日英どちらも応援しないといけないので、ハラハラしっぱなしの観戦でしたが、
激痛を紛らわせるのには役立ってくれました。

ニューサイラン、鉢植えのままにしておくほうがいいと思いますよ!
鉢植えでも、長い間には先祖返りしてしまう可能性はあるので、
出たらすぐに根元から切ったほうがいいですよ。
うちのはね、たぶん義母の病気が悪化して、
週に2・3回ケントまで汽車で往復していた頃(片道4時間!)だったので、
気が付かずにいたのだと思います。
私たちの人生には、いろんな時期があって、庭や花にかける時間などない時期も多いですよね。
いつもいつも庭をきれいにしておける人は、他に何もやることのない暇人だけでしょうね。

(続く)
Commented by lapis at 2014-02-24 21:34 x
(続き)
今のところ、私は庭に出て写真を撮っている余裕がないので(前庭に出るにも裏庭に出るにも階段の上り下りをしないといけないので・・・医者に行く以外は1ヶ月近く家から一歩も出ていないんですよ。)、
この写真はたぶん1月のつかの間の晴れ間に取ったのではなかったかしら・・・。

花は、夏ごろに咲きますが、そのまま花茎を残しておいたので写真にあるような感じですが、
3月に相方に切ってもらうつもりでいます。
花はオレンジがかったような目立たない花ですが、蜂がたくさん集ってにぎやかでしたよ。
写真、確かどこかにと思って探してみましたが、見つからないので、次に咲いた時ににでも。
たぶん、日照時間が少なすぎるからではないかと思いますが、
うちの場合は、花は数年に1回しか咲きません。
Commented by lapis at 2014-02-24 21:36 x
wilmslowさん、こんにちは。
お庭が広いから、庭植えにすると見栄えがすると思いますよ♪
ただ、ストライプな園芸種だといずれはうちのようになると思っていたほうがいいかもしれませんね。

マスターガーデナーのコース、多方面のことをカバーしているようですね。
グラス類は、ショーガーデンで見ると素晴らしいですけれど、
実際に自分の庭でとなると難しいものがあります。
それに、殆どのグラス類が日向を好むので、日陰の多いうちの庭では到底無理でした。
今、わずかに残っているグラス類は、日陰でも大丈夫なものだけになっています。
(それがまた、日陰で蔓延るんですけれどね!)
Commented by baku at 2014-02-26 10:56 x
lapisさん
>私たちの人生には、いろんな時期があって、庭や花にかける時間などない時期も多いですよね。

ほんまにねえ〜しみじみ。
おなじく、身なりをかまうことのなかった時期を思い出したりします。
lapisさんがおもいのほか長く外出できないようすが気になっております。気候のせいもあるのでしょうか。
おだいじになさってください、としか言えなくて歯がゆい思いです。
こちらはここ数日ぽかぽか陽気で、なんだか霞んで喉が変なのは、気になるけど、一枚薄着して肩のへんが楽です。春よこい。
Commented by lapisland2 at 2014-02-28 02:38
bakuさん、こんばんは。
女性の人生は、子育てから始まって、先立つ人たちを見送ったり、実にいろんなことがありますよね。

今回は思いもかけないことになってしまって、ちょっと参っています。
人生の3分の2が激痛との闘いでしたので、何とか折り合ってやって来たのですが、
年のせいなのか、今回は精神的に参ってしまって・・・
天候がひどいこともあって、かなり欝気味です。
来週MRIを撮る事になったのですが、その間上を向いて寝ていられるかどうかが気になるところです。

でも、大丈夫ですよ。
いつも何があってもサバイバルしていますから!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード